月よみ

自分の中の自然を取りもどして、健康で元気になる方法

こんにちは
自然大好き!ナチュラルセラピスト
月よみ師の実花です。

新らたな年が明けました。
皆様はどんなお正月をお過ごしでしたか?

私は初詣のお参りで、早速今年の「高島暦」を購入しまして、
今年はどんな年?とワクワクしながらページをめくっておりますと
な、な、なんと、2020年は、閏年であり、閏月がある年なんですね。

閏年は、太陽暦の今のカレンダーで、4年に1回2月が29日まである年です。
そして、閏月がある年とは、太陰暦(月の暦 旧暦)で、19年に7回の割合で、
1年にひと月「閏月」が組み込まれる年のことです。
今年の閏月は、4月と5月の間に「閏4月」が入ります。
はい、今年は旧暦では、13ヶ月ある年なのでございます。
4月が1ヶ月多い、ということは、今年は、春の終わりが長く夏も長い可能性が大きいですね。

「閏月」って、何ですか?というかたは、
【旧暦】で調べたり、私の投稿のバックナンバーを読んでみてください。
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/08/05/post-12918/

人類が自然から離れていったのは最近のこと

太陰暦(月の暦)から太陽暦(今のカレンダー)に日本が切り替わったのは、明治6年です。
それまでは、月の形・位置で日付を数える生活をしていました。
そして太陽は、1日の時刻を知る目印でした。

それまで、何千年と月を基準に生活をしてきた私たちの生活は、電気やガスが発明され、暦を変えましょうという法律の元、月と一緒の生活は、遠い昔の存在になってしまいました。

太陽と共に起きて、仕事をして、日が沈むと寝る。
そして、月の満ち欠けやそれに伴う、潮の満ち引きを生活に取り入れて、農業や漁業、林業などの生活をしていました。

なんども言います。
月を暦としてから、何千年も月に寄り添い、自然に寄り添って生活していたのです。

それを、文明開化のタイミングで、電気にガスが日本に入ってきて
その上、暦まで変わり、私たちの生活は急速に変わって行きました。
でも、たかだか、150年弱の話なのです。
何万年も自然とともに生きてきた私たちの体は、そんじょそこらで変わるわけではありません。

日常の生活が、自然からどんどんかけ離れて行くことによって、
あれ?あれ?なんだか体調が悪いことが増えたかも?
この150年で、急速にです。

スイッチ一つで、明るくなり、暖かくなり、夜は明るくなりました。
月の灯りが感じられないほど、夜空は明るくなって、人間はどんどん仕事をして、眠ることも忘れて、文明を発達させてきましたが、みんな元気ですかーーー?と問いたくなります。

人間らしくない生活が、体や心の不調を作る

人間らしく…というより、地球上の生物(イキモノ)らしく、と言ったほうがいいでしょうか。
はい、そこのあなた、なんか大きな話になってるぞ…と思っていますね。
でも、ちょっと冷静に考えて見ましょう。

この地球上で、太陽や月を無視して生活しているイキモノは、私たち『人間だけです』
無視してとは、言葉が悪いですね。
関わりを絶って、に言い換えましょう(一緒か…)

人間と生活を共にしている動物(ペットや動物園など)も「現代の人間グループ」に入ります。
また、人工の光や栄養を与えられている、野菜なんかも「現代人間グループ」ですね。
文明が発達した恩恵はいっぱいありますが、自然とかけ離れすぎると自然の生き物である私たちはどうなるでしょう?

そう!ストレスがいっぱいになって、だんだん体のあちらこちらに不調が出てきます。
もともと、寒さや暑さ、人間関係なども、少しのストレスは、かえって、私たちを強くするものなんですが、
自然ではないものにずっと晒されているストレスは、じんわりと私たちを痛めつけて、気づいたら、大きな病気や元に戻れない不調に悩まされることになります。

さあ!!今日から、江戸時代の生活に戻りましょう!と言っても無理な話。
また、大自然の中に引っ越しましょう!というのも極端な話。
だったら、どうすればいいの?何をすればいいの?

自分の自然を取り戻す、具体的な方法

具体的と言っても、生活も環境も人それぞれですし、感じ方もバラバラです。
だから、今の自分が少し自然に近づく具体的なやり方は、自分で目標を立ててみましょう。

例えば、都会に住んでいて、周りに自然があまりない人は、
毎日月を見る
空を見上げ、雲を観察する
1日1回、土や葉っぱや木に触る
朝日を見る(拝む)
自然を感じながら、一駅歩く
外で深呼吸する
オーガニックのものを食べる&飲む
1日1回は自然の音を聞く(耳をすます)
などなど

また、不自然なものを断つ!のもいいかもしれません。
家の中の人工製品(洗剤や化粧品)を自然なものに変えてみる
これは食べ物にも言えることです。
まず、調味料を自然なものに変えるとか、
人工○○料、合成○○料をできるだけ避けてみる

シーツや肌着を天然素材のものに変える
家中の電気を消して、キャンドルタイムを作る

あ!すいません。考えだすと、いっぱい出てきて止まらない(笑)

自然が豊かなところで生活している人も、もっと自分の五感を使う生活をしてみましょう。

例えば、
畑仕事をしている人は、1日10分 土の上に寝転がる
1時間以上自然の中を歩く日を増やす
生活の自然じゃないところを自然にするには?と自然生活をバージョンアップしてください。
ちょうど、1年のスタートの月です。

家族や友人と、自分にはどんなことができるか、アイデアを出して行くのもいいですね。

私から、大まかなキーワードをあげておきます。
・自然に触れる
・自然なものに戻す
・五感を使う
・太陽と月を意識する
・他の生物を見習う(笑)

これらを意識してやっていると、健康にそして、元気になるんですよ!
皆さんも是非自分にあった、具体的な計画を立ててみてください。
3ヶ月で、自分の心や体の変化、感覚の変化に気づくことと思います。

ライタープロフィール

赤居実花 月よみ師®
ナチュラルセラピスト

兵庫県出身
和歌山在住26年

ホメオパシー、ハーブ、フラワーエッセンス、心理カウンセリング、エネルギーワークなど、自然のもので人を健康に導く自然療法家として活動中。
「自然」が大好きで、自然に親しむ野外活動を始めて20年。
森の中で、皆を元気にする森林療法を始めて10年。
ホメオパスになって4年。
動植物などの「自然なもの」を使って、また自然の中で人を元気にします。
「自然に戻れば、身も心も健康になる!健康になると、自分らしく生きられる!」をモットーに活動を展開。
今後は「月の自然」も感じながら、皆が自分らしく生きられるよう、人を体も心も丸ごとコンサルしていきます。
Return Top