月よみ

2020年の本格的な始まり。天空模様を活かしてあなたも「月」美人に。

月よみ師 ひなヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

2月3日今日は節分ですね。
「節」って言うくらいだから節目です。

何の節目でしょうか。

答えは春への節目。
素敵な春を迎えるための心の準備と参りましょう。

春が立つ

明日は立春。春が立ちます。
旧暦ではこの日を1年の最初の日としていました。
ってことは、今日の節分は大晦日?

立春とは24節気に基づいた呼び方で、季節を表します。
の恵みを受ける大地の暦といってもいいかもしれません。

一方で、星占いでお馴染みの12の星座は、天空で帯状に存在しています。
西洋占星術では、12星座の帯の内側を、主に10個の天体が
順に旅して廻ると考えます。

星座の持つエネルギーはそこに入る天体に注がれ、
地球というわたしたち自身に影響します。

今日3日の月はおうし座にいて、夜の8時半には次のふたご座へ移ります。
はみずがめ座にいます。

月が受け取ったおうし座のエネルギー
が受け取ったみずがめ座のエネルギー

これらが、全て月を通して地球という私たちに届けられてきます。

月はすべての天体エネルギーの通り道。

私たちが「月」を大切にするのは、
自分自身を大切にすることであり、
様々なエネルギーを受け取ることに他なりません。
心と体が一致して、元気を取り戻す事ができるのです。

「月」を大切にするには?

ものすごく簡単に言うと、月を眺めるだけでいいんです。

ふっと空を見上げた時に月があった、なんて体験はありませんか?
そう言う時って、意外と月のエネルギーを欲しているのかもしれません。

新月だ、満月だ、と意識して見るだけで、知らずとエネルギーは注がれます。
まずは、眺める、そんなところから始めて見てください。

星のエネルギーと大地の恵みを取り入れる

わたしがよくお話しする天空模様とは、一般にホロスコープと言われるものです。
ある瞬間の天空の様子を切り取り、図に表したもの。
星からのエネルギーの取り込み方は、先にお話しいたしました。

24節気で言う大地の恵みとは、作物の育ちと収穫を表します。
元々中国から入った考え方を長い歴史の中で、日本独自に発展させてきたもの。
これが転じてわたしたちの大地での体験に関係してくるのです。

言い換えると星のエネルギーは西洋的な感受性であり
大地の恵みをもたらす巡りは、東洋的なものと言えます。

これが融合したものが、わたしが見る天空模様の中に読み取れるのです。
どのように感性を磨き、どのように体験を積んでいくか、
天空模様の中には設計図かのように、書き込まれているのですね。

天空模様図が読めても、そうでなくても「月美人」になる方法はあります。

「月美人」って勝手にわたしが定義したもので、
、月と太星と大地といったものがバランスよく感受できる人のこと。
姿勢や呼吸が整った「姿(すがた)美人」とも言えるでしょう。

の光、
土の手触り、
風の香り、
水のしめやかさに触れる事、

つまりは自然の恵みを実際に体感していく意識が豊かな感性を育みます。
それこそが天空模様に沿った暮らし「月よみ生活」として
根付かせていきたいものなのです。

立春という1年の始まりの時。
今年はぜひ自然のエネルギーを感じる時間を、意識的に持ってくださいね。

の光を感じる
土に触れる
風に吹かれる
水を飲む

「月美人」への第1歩です。

良い春をお迎えください。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top