月よみ

月と共に豊かなLifestyleを
~魚座新月の過ごし方~

今夜、日にちが変わった約30分後に魚座新月を迎えます。それから月は刻々と満ち行き、乙女座座満月を迎えます。
魚座新月で、喜びとともに自由な世界を描きながら生きる勇気をもち、乙女座満月には実りを受け取りつつ、感謝と共に新たな歩みをつむぎだす・・・そんな日が待っています。
愛と癒しを自分自身に与え、丁寧に生きていく・・、月と共にますますあなたの想う未来を創造する日々、はじめませんか。

毎月のシリーズでお届けする新月の過ごし方。
本日は新月と魚座を感じるひととき・・どうぞゆるりと感じていただけたら幸いです♡

新月とはどんな日なのでしょう?

月は地球に一番近い天体。ほぼ一カ月の間に新月から満月へと満ち行き、満月から新月へと欠け行くことを繰り返しながら、様々なエネルギーを私たちに届けてくれています。
自ら光を放ってはいませんが、太陽の光をその表面に反射しながら・・・私たちに感受性を豊かに過ごすこと、感謝して受け取ること、そしてそれぞれに必要なことをつたえてくれているのです。

新月とは、地球から見て月と太陽が重なる時。
姿こそは見えませんが、月は潜在意識を、太陽は顕在意識を表しています。 その潜在意識と顕在意識が重なる新月は、あなたの想いと意識がかさなり・・あなた自身を感じることができる、特別な時間なのです。

新月にはお願い事を書くと良いとか、アファメーションをすると良い、と聞いたことがあるかもしれませんね。 それは、月と太陽のパワーが重なり、あなたの本当の想いが溢れて意図することで、あなたの望む人生へとつながっていくからではないでしょうか。
(月のチカラを借りてココロから溢れたことを、太陽で意図して行動するイメージ)

そして、月の満ち欠けから読み解いていくと・・新月はその字の通り、新たな月の始まりの日でもあります。
はるか遠い昔。古代の人々は、月と太陽をまさに肌で感じ、そして心でも感じて過ごしていました。
この現代は夜でも便利な明るさが溢れ、月の光を感じにくいともいえますが、自然のリズムに合わせた新月という1日は、歩みだすあなたへ。月が勇気と励ましと・・そして力強い後押しを届けてくれる。そんなエネルギーに溢れているのです。

本日の空では、新月の向こうに魚座が重なり、新月と魚座の両方のエネルギーが地球に降り注ぐ日。次の項では、魚座のエネルギーについてご紹介していきますね。

私の月星座は魚座じゃないわ! と思わずに。 新月の力を借りてあなたの中に眠る魚座を呼び覚ますことで、まだ見ぬあなたの光が輝いていきますよ。

月星座を調べたい方はこちら
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

魚座を感じて・・・

純粋で、すべてを生み出し・・すべてを受け止めるような・・・広く深い愛情にあふれている魚座。その魚座の心の中は、この世にあるものを内包するような強さと、だからこその脆さというものが同時に存在する世界なのではないでしょうか。
どこからか漂う柔らかな雰囲気と、ピュアなエネルギーを纏う魚座とともにすごしていると、世俗的な目の前のことにとらわれずに、もっと広く大きな世界を感じられるような気がしてなりません。

それは・・・この地球のすべてのものには、相反する極みがあり、大きな流れのうえに成り立っていて、形作られた目に見える世界でつくられているのではないのだと・・そんなことを生まれながらに感じているからなのだと、そんな風に想うのです。

魚座にとって、人と自分、世界と自分、何かと自分というものは離して捉えることは容易ではなく、それを周りの人は、順応性や柔軟性に長けているように感じるのかもしれません。ただ、そんなときに・・魚座のひとは、それが自分にとって心から心地よいことだからとか、同じ感覚を持っているからとか、そういう受け入れやすいことだけでなく、逆にとてもとても傷ついてしまいそうなことだったりしても、するりと受け入れてしまうということがあるのです。

そうなると、魚座にとってはそれが今の世界となり、目の前におきていること自体を見つめて感じて、その流れに抗うことに全力を尽くしたりすることよりも、受け入れて尽くして、それでもなおも繋がりを感じるその世界での愛を表現しようと・・していくのかもしれません。 そして、その中での自分自身の存在を見出そうと、そんな風に生きていくことをひたむきに続けていくというようなことがおきるのです。

ただ、そんなときには・・どうぞ思い出してほしいのです。 あなたの、すべてを潤していくような大きな愛は、本来同情するためにあるものでも、何かを増長させたりすることのためにあるのではなく、これからの可能性を開き、愛あるもの生み出していくような、ある意味とても神聖なもの。

他者を愛することとは、自分自身を愛すること同じであって、一方的に尽くしたり与えたりすることではないということ。 そんなことに気がついて、あなたの持つ感性と感受性を明け渡すことなく、表現していけたなら・・あなたの光はますます溢れていくでしょう。


この地球に生を授かったということは、目の前の現実というものを無視して生きていくことはできません。ただ、そのとらえ方は人それぞれ。誰かにとっての現実を見て生きるということと、魚座の人にとっての現実を感じて生きることとは、同じではないでしょう。
だからこそ、この現実世界に・・目の前に起きていることをあなたがどんな風に感じて、そこから何を生み出していくのか・・・海から生まれ出た生命のように、湧き出るようなインスピレーションを信頼していってほしいのです。

なぜだかわからないけれどもでてきてしまう、とらえようのない不安や悲観は、もしかしたらあなたのイマジネーションが創り上げた世界かもしれません。

すべてを否定するということではなく、いつでもこれまでの自分を脱ぎ捨てて、新しい自分へと身をゆだねることができるのだと気がついたなら、こんなにも豊かで生き生きとした日々を、あなたの世界で自由に表現しながら生きていくことができるのだと・・・・魚座は教えてくれています。

魚座のキーワードは <I believe>

魚座は、ロマンチストといわれることがあります。 それはイマジネーション豊かで、誰かにとっては想像もつかないような世界を感じ、寄り添い、包み込むように愛することを求めるからかもしれません。

おとぎ話の人魚姫は広く知られていますが、自分の育った世界や身を犠牲にしてまでも王子と共にいることを選び、犠牲になるお話。それが、魚座の人だということではありませんが、その魚座の見て感じる世界が・・・それがただ、周りからは甘美な思いに浸っているように見えたとしても、魚座の中では自分の望む世界を、心から信じていて、

そして、それはただの恋と愛とかそういうことではなくて、もっと大きなものの一部として存在しているのです。


だからこそ、物事の良い面、悪い面というように隔てるのではなく、すべてを包括するように馴染み、愛そうとするのではないでしょうか。

時に、翻弄され、感情が揺さぶられても、その信じる力は覆されることがなく、その混沌としたカオスのような状態をも受け止められるのでしょう。それほどに、魚座の愛と、信じることと、自分の存在は、その対象となるものと共にあり、宇宙と共にあるのです。

ただそれは、俗に言う優しさとか思いやりとかとは似て非なるもの。もちろん、優しさは十分すぎるほどにあるのですが、魚座自身の心や信じる心が、今まではどこかにあったとしてもそれがずっと続くとは限りません。
魚座は、12星座最後の星であり、おひつじ座というスタートの直前の星であるということは、終わりがあるゆえに始まりがあるということを、根底からわかっている星でもあります。

私の居場所はこの世界ではないと、そう心に深く感じたなら、魚座は驚くほどにその身は翻り、新たな世界へと踏み出していくような・・・そんな風に根底から自分自身を大切にして、信じて行動するというチカラをもっているのです。

生きていく上で、誰かに理解され支えられるということは必要なことです。
それが大切なことであるとわかった上で、誰かに染まり生きていくのか、あなた自身のクリエイティブな世界で自由に変化しながら生きていくのか、それを選ぶ勇気を持ち未来へとつなぐとき、あなたの魅力はますます輝いていくでしょう。

そんなエネルギー溢れる魚座を感じる時間、ゆるりと楽しんでみませんか。

魚座新月の豊かさを余すことなく受け取るために・・・

貴方の心や溢れる想いに素直になること・・・それが月との時間を深めていきます。

もちろん、月と星のエネルギーは誰にでも届いているものですが、
その日の月の形(今回は新月)やその向こうにある星(今回は魚座です・・)へと心を寄せることで、より豊かに溢れるエネルギーを感じることができるのです。

そうはいっても慣れないうちは、感じるってどんな風に?どうやったらいいの?と思いますよね。

本日は、魚座新月のお勧めの過ごし方をいくつかご紹介します。

もちろん全部していただいても大丈夫ですが・・・魚座の月はあなたの感じる世界がポイント。あなたが創造して生きていきたい世界をヒントとして選んでみてくださいね。

そしてね、今日すぐできなくても心配しないでくださいね。次の満月までの2週間は魚座のエネルギーに心寄せた日々を過ごすことで、より魚座の月の豊かさを受け取ることができますよ。

<魚座の衣を纏う>
*動きのある服装やアクセサリーを取り入れる
繊細な美しさや、かわいさを意識してみて。
*ブルーを意識して。
青緑や水色をどこかに取り入れてみて
苦手な人はアクセサリーや小物をチェック!
*ローズウッドやフランキンセンスを含む香りを纏う

<食べることで月を感じる>
*口にするお水を選ぶ。心地よくのめるなら、いつもより多めに飲む。
*シーフードを食べたり、海辺での食事を楽しむ。
*プルプルゼリーや、にこごり、ゼリーよせテリーヌなど
水分が多く、さらりとつるりと食べられるもの。
*お出汁をきちんととったお味噌汁などもお勧めです。
*ハーブなら、潤いを与えるローズやレモンバームをブレンドして。
(ハーブティが苦手なら、お紅茶や日本茶に少し加えたりお料理にプラスして!)
*お酒をたしなむのはお勧めですが、飲みすぎには注意してくださいね。

<住まいへも月を導いて・・・>
*おうちでどこか一つ整えるなら・・・トイレ
トイレはこまめに綺麗にしている場所でもあると思うのですが、
香りをプラスしたり、お花を飾ったり。
いつもはしていない壁なども綺麗にしてあげてくださいね。
*おうちの中や、トイレにパルマローザやフランキンセンスのアロマを炊くのもお勧めです。

<月と共に美しく・・・>
*足裏から足首にかけてを優しくケア。 運動不足の方は、ゆっくりと足首を回してあげて。
過去の捻挫などで、足首に不調があるなら、どこか信頼できる場所に相談してみてくださいね。
*アロマバスにゆったり浸かる時間やフットバスもお勧めです。

*音楽やアートに触れる時間も、
あなたの心と身体を美しくしてくれますよ
*温泉にでかけ、癒しと潤いの旅もいいですね

<日々心を寄せて・・・>
*生活にも、心にも、身体にも潤いを。
(ここでも、アートや音楽に触れることはお勧め)
水辺や、噴水のある公園などの散策にでかけてみては。
*祈りというものに心を寄せてすごす。
自分のため、誰かのため、何かのために・・祈りの時間を。
*誰かの生き方ではなく
あなたの描く世界の中で自由に生きる
白黒はっきりさせることではなく、あいまいでも今は言葉ではうまく表現できなくても
あなたの想いを書き留めていくのもいいですね。

さぁ、貴方のココロをときめかせたのはどんなことでしたか?
あなたをますます豊かさに導く、あなただけの魚座新月の時間、どうぞ楽しんでお過ごしくださいね♡

愛を込めて tomoko

ライタープロフィール

tomoko 月よみ師®
京都生まれ。3児の母。
神戸、横浜、シンガポールをへて山梨在住。”Moon Rhythm License/Mother”*習得。*

セルフケア、セラピストマインド等を学び、海外で多くの輝く女性と出会う中で、役割やステージ、場所にとらわれることなく、自分
らしいバランスを大切にした生き方を模索。

宇宙と心と身体の繋がりを実感し、
月のリズムを感じ、自分を感じて、「毎日のLifestyleをデザインする」をコンセプトに、プロジェクト“Moon jewel design”をスタート。
自分らしい人生を模索する女性のサポートに尽力。

のんびり時間や美味しいものが大好きで、私、夫、家族♡どの時間も大切にするlifestyleを満喫中。
Return Top