月よみ

うお座新月を経た上弦の月。
女子力を引き寄せるには3月の月を使うこと!

月よみ師 陽菜(ひな)ヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。3月3日、桃の節句が訪れました。
日に日に和らいで行く風に、春の香りを感じます。
天空模様も、新しい季節の到来に活発な動きを見せています。
今日は、一気に春めいてきた月の動きにあやかった、
キレイ女子へのパワーの受け取り方をお伝えしていきます。

星々の動きは月に響く

3月に入りました。
今月も星の動きが活発です。
浄化作用の強力な、うお座新月(2月24日)を経た月。
次の宇宙元旦(3月20日)の扉を開くべく、さらに整える旅を続行中です。
占星術上で使われる星々は主に10天体です。
地球に近い月、水星、金星、太陽、火星、は個人天体と呼ばれ、
個人の意識に作用します。木星、土星は社会天体、これらよりもさらに外側にあり、軌道も大きく、
より宇宙とのつながりが強くなる天王星、海王星、冥王星。わたしが個人でご提供しているライフビジョンカウンセリングでは
これらの星々と魂のチャートを用いながら、
人生の輝きを引き出していくセッションを行なっています。

その中でも絶対的に抑えておかねばならないのが「月」なのです。
月は、全天体から響くメッセージをキャッチしてわたしたちに届けてくれます。
そして魂のチャートとの接続地点を示唆する重要な役割も担っていることが
明らかになってきました。

なので、これからの時代はますます「個人の月」を大切に扱うことが、
必須と言われるようになるかもしれません。

春の節句に見る女性性

お話を一旦地上に戻しましょう。

買い出し先でも節分が終わるや否や、商品棚は桃の節句仕様に変わりませんか?
我が家は男の子2人なので、あの華やかさが家の中にあることに憧れがありました。
二人とも成人した今では、もう遠い昔の話。

それはともかく、桃の節句とは、のお話から。
元々は中国の風習で、上巳(じょうし)の節句と呼ばれるものでした。
日本に渡ってきた折に、ちょうど桃の季節であったことから、
そうも呼ばれるようになりました。

紙の人形(ひとがた)に災いを移し、身代わりに海や川へと流す行事と、
日本の貴族の女子の人形遊びと混じり合い、
雛人形を飾って子供の成長を祝う行事へと育っていきました。

ちなみに中国では、この節句で桃を食べたり桃のお酒を飲んだりしたそうです。

桃は強い生命力の象徴とされ、香りには厄除の効果があるとされていました。
そういえば、古事記でもイザナギの命が黄泉の国で迫る追手に桃を投げつけて、
難から逃れたのでしたね。

薬膳効果を見てみますと、桃には体を温める作用があり、便秘の解消や整腸作用があります。体を潤し、美肌効果も。キレイ女子にはなんとも嬉しい食材なのでは。
実際に出回る旬は初夏から夏ですが、今から待ち遠しい気持ちがしてきました。

女性と月

こうして女子の成長を祝う行事が未だ受け継がれていることを意識してみると、
女性性の大切さということにも目が向いてきます。女性性とは、受け取り、慈しみ育んでいく力。これはそのまま「月」の意味そのものでもあるのです。女性が空にある「月」を眺め、ホッとし、リラックス出来るというのは、
こんな月との関係性があるからかもしれませんね。その日の月の恩恵は、広く等しく受けることができます。
男性とて同じこと。

今日で言うと月相7の上弦の月です。
その意味は、想いの現実化に向けて、グングンと月が育っていく時。

月が滞在している星座はふたご座です。
想いを達成するためのフィールドを広げようとしています。

ご自身が想いを誰かに伝えたり、助けを求めたりすることも、
月から受けた力をさらに強めます。

2月のうお座新月が今日、ふたご座上弦の月へと成長し、
10日にはおとめ座で満月を迎えます。同じ日に水星が順行へ。
一見逆向きに動いているように見えていた水星が、元の軌道を取り戻し、
10個の天体全てが同じ方向を向いて、いよいよ春分ゲートへと向かうのです。
春分の日、今年は3月20日です(軌道のズレから毎年正確な日にちは変わります)。

春分の日は太陽の通り道のスタート地点。
宇宙元旦とも言われ、地上での体験を表す二十四節気でも、
ご先祖からの援護を魂が受け取れる日と言われ、
パワフルに物事が立ち上がるとされています。

宇宙エネルギーを受け取る月よみ習慣は

なんだか3月が楽しみになってきませんか?
新しく立ち上がってくる大地のエネルギーと天空模様から流れ込む
ピュアな宇宙のエネルギーが溶け合う時です。存分に味わうには、体を整える習慣も大切になってきます。
今日からの上弦期間中に、
食べ方に注目してみてください。
✔︎食べることに気持ちを向ける
✔︎楽しく食べる
✔︎よく噛む
✔︎よく味わう
✔︎食べ始めと終わりを意識する
(いただきます、と、ごちそうさま)この時に食べたい、と想ったものが、今の自分に必要なもの。
ですから、ちゃんと美味しくいただきましょう。
ただし、「食べる」と言うことを意識することが気持ちと体を作ります。これがキレイ女子必須の月よみ生活の食事法です。

ぜひぜひ実践してみてくださいね。

どうぞ今日も素敵な月読み生活をお送りくださいね。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top