月よみ

【後編】子どもの不調から、親のココロのメッセージが聴こえてくる

皆さん、こんにちは。
月よみヨッシーです。前回の記事に続き、
今回も、子どもの症状とママの心理について、
お月さまから読み解いていこうと思います。

前回の「父の〇〇と私の喘息」についての記事は、こちらです。

私の子どもは、10代後半まで、おねしょ(夜尿症)が続きました。

私たちは、どこか具合が悪くなった時、
その症状にフォーカスして、心配になりますね。

何とかしようと、その症状ばかりに意識が向くと、
ますます不安がつのりますね。

もちろん、それぞれの症状に応じた必要な治療やケアは必要です。

でも、それらの症状の奥底に潜む心のメッセージと向き合うことが大切だと思うのです。

心と向き合うために、
月よみは、とっても役に立ちます。

子どものおねしょとママの心はつながっている

私は、1年半ほどの間で結婚、出産、離婚を経験しました。
シングルマザーとして生きていくための「安定した仕事」に就きました。

仕事の内容は、好きだったのですが、
ココロのどこかに”犠牲“を感じていたのでしょうね。

「私は、こんなに頑張っているのに…」
「私は、こんなに我慢しているのに…」

こうした心の叫びを聴き逃したり、抑圧する反動で
無邪気に遊ぶ子どもや自分を素直に表現する子どもに対して、
許せなくなったり、厳しくなっていたように思います。

子どもも、成長とともに、私の機嫌や顔色を窺がうことが増えてくると、
ココロやカラダに変調が現れるようになったのです。

子どものおねしょは、保育園時代に改善する兆しはなく、
学童期にひどくなっていきました。

おねしょ解消のために、あれやこれやと試してみるのですが、
一向に改善せず、中学時代も、ほぼ毎晩、続きました。。

何とかして、子どもを変えようと、ギューッと頑張る子育ては、
さらに、不登校という課題を生むことになるのでした。

なぜおねしょなの月よみでスッキリ解決

月よみから、自分と密接に関わる器官や体の部位が分かります。

生まれたの月相(月の形)により、
新月人(+)の月相(0〜6)は、肺
満月人(+)の月相(7〜13)は、肝臓
満月人(-)の月相(14〜20)は、心臓
新月人(-)の月相(21〜27)は、腎臓

それぞれの器官や臓器に月からの影響を受けやすくなります。

ご興味があれば、ご自身や家族の月を調べてみてくださいね。
月とあなたの関係は、こちらから調べられます。
どのパターンになりましたか?


私の子どもは、月相22ですので、新月人(-)になります。
ほら、「腎臓」とつながっているでしょう。

だから、子どもは、おねしょ(夜尿)で、心のサインを出していたのです。
私は、子どもが10代半ば頃、子育てのために勤めていた仕事を手放しました。

月よみに出会い、
自分の生き方、在り方に矢印が向くようになっていきました。

あれほど、毎日「あー、今朝も濡れてる…」と、
子どもの症状ばかりに意識が向いていたのですが、
いつしか気にならなくなっていました。

症状は、相変わらず、続いていたはずなのに…
すぐに大きく見方が変わったわけではありませんが、
月よみで、その子らしさを知ることで、子どもの見方が変わっていきました。

おねしょをしちゃったときも、しなかったときも、
どちらの子どもも受け止められるようになりました。

受け入れることは、難しいので、受け止めることから…
しだいに、感情が大きく揺さぶられることが少なくなりました。

「私は私の生き方があり、子どもは子どもの生き方がある」
それは、見放すとか突き放すということではありません。

見守りながら、手放す。といえばよいでしょうか?

あなたは、あなたのままで生きていけばよい。
今は、心の底から、そう思えることができます。

私の子どもに対する手綱が緩み、手離した時、
子どもの夜尿は、通院することなく完治していました。
不登校という課題も解消していました。

頑張る方向を変えて、自分を生きる。

繰返しになりますが、気になる症状に対しての適切な治療やケアは必要です。
でも、ココロやカラダのの症状に潜む心の声に耳を傾けてみてください。


悩みを解決しようと、頑張れば頑張るほど、苦しくなっていくのかもしれません。
事態を変えようと、もがけばもがくほど、行き詰まりを感じるのかもしれません。
相手を変えようとするから、相手も頑なに変わらないのかもしれません。

表面化している課題や悩みそのものが本質ではないと気づくこと。
自分がそこにどう対応していくのかを変えてみること。
自分の在り方を本氣で考えてみる。
そして、行動してみる。

課題や悩みに対する解釈の変化が訪れてきますよ。

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー

ライタープロフィール

月よみヨッシー(松友喜美) 月よみ師®
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。
多くの人たちに接し、ココロに響く会話術、ストレスフリーの人間関係を体得する。

現在、マザースマイル代表。
塾講師、家庭教師として、毎週100人以上の小中高生の受験指導を行う。

同時に、コーチングの資格を取得し、自らの子育てと教育現場の経験を活かし 悩めるママをサポート。
月よみから子どもの個性・才能を読み解き、月よみ教育コーチとしてママと子どもの笑顔を引き出す。

ゆめのたねラジオ放送局 東日本チャンネル
月よみヨッシーの「月に乗って月を呼ぶ」
毎週土曜日12時30分から放送。
Return Top