月よみ

新生活に向けて次の新月までにしたいことと、それを助けるバッチフラワーレメディは?

3月も残り少なくなり、いよいよ4月も目の前です。

新しいスタートの4月。
あなたももしかすると、ご自身が、またはご家族が、新しい生活を始めるという人の一人かもしれませんね。

そのためには、これからの1週間を上手に使うことがおすすめです。

今日は、その期間の過ごし方と、それを助けるバッチフラワーレメディを、月よみ師®でバッチフラワーレメディのティーチャーでもあるやまさき郁代がお伝えいたします。

新月までは新生活に向けて片づけを

月は昨日16日の18時34分に下弦を迎えました。
満月から次の新月へと向かう間のちょうど半分。
次の新月である24日まで、月は欠けつづけていきます。

月が欠けていく時は、
「必要がなくなったものを手放していく」
ことがスムーズにはかどるタイミング。

そう、今から24日までは、4月から始まる新生活に向け、今までの自分を整理していくのにまさにうってつけの1週間なのです。

つまりは、
「新しい生活が気持ちよく迎えられるように、整理整頓や掃除をしましょう」
ということ。

どうしても閉塞感が漂ってしまう今年の春ですが、家にいる時間が長くなっていることを利用して、ぜひ、今までの自分の生活空間を見直してみましょう。

片づけがはかどらないあなたのためのバッチフラワーレメディ

そうは言ってもやる気が出ない。
そんなこともあります。
そういった方にはバッチフラワーレメディのホーンビームがおすすめ。
腰が重くてなかなか上がらなかった状態から、目の前のことに取り組む意欲を取り戻すことを手助けしてくれます。
ちょっと手を付けられればこちらのもの。
きれいになっていく気持ちよさに、勢いがついてくるでしょう。

もしかすると、思い出の品を処分することが難しく、はかどらない方もいるかもしれません。
もちろん思い出は大切にしたいものですが、スペースにも限りがありますものね。
そんな方におすすめなのは、ハニーサックル。
思い出は大切にしつつも、それに縛られすぎることなく、上手に処理していくことを助けてくれます。

片付けても片付けても、なんだかすっきりしない。
そんな風に思ってしまう場合のあなたは、ちょっと完璧を求めすぎているのかもしれません。
その気持ちはとても尊敬すべきものなのですが、ご自身が疲れてしまうようなら、少し肩の力を抜いて、ロックウォーターをとるといいでしょう。
完璧主義から抜け出し、ほどよく手を抜きながら、楽しんで片付けをすることを助けてくれるでしょう。

家の中だけでも軽やかに、リラックスムードを

私事になりますが、我が家もこの春、3人の家族が新しいスタートを迎えます。
ですが、どうにも世間は明るい春のムードとは言い難い重たい空気ですね。

この雰囲気のまま新しい生活も始まってしまうのかもしれません。
それも致し方ないことです。

そうであれば、せめて、家の中だけでもすっきりと気分が軽くなれるように
リラックスして寛げるように。

私も、この1週間をしっかり活用して、4月のスタートに備えていきたいと思っています。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、「サロン月の花香(はなか)」を主催。
アロマセラピー、バッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、公認ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドン、千葉、と、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期を迎えた息子たちと残り少なくなってしまった子育ての日々を楽しむ。

好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。

転居を機に始めたガーデニングはまだまだ初心者。猫の額ほどの庭をイングリッシュガーデンにすることを夢みている。

ブログ:千葉・船橋 バッチフラワーレメディ、英国式アロマセラピー&月よみで女性の幸せをつくる サロン月の花香(はなか)
Return Top