月よみ

宇宙元年!下弦の月から炒って炒って新しくなる。

大好きな野草の季節を感じる長野のココロとからだを温める薬草月よみ師のゆかりんです。

今日は二十四節気の「春分」です。

さぁ!新しく始まりますよ。

春分の日は、太陽が真東から出て真西に入り昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。つまり、ゼロの日であり、エネルギーが大きく入れ替わる日です。

占星術の世界では、春分の日が宇宙元年とも呼ばれています。これは星座のスタートである牡羊座が太陽に入るからです。

月は下弦の月(16日)から新月(24日)に向かって丁度真ん中にいます。

月相24日目
新月マイナス(-)期です。
テーマは、「手放し期」「断捨離期」

*月相について
新月(+)期 – 真っ暗な新月から、月が反射して半月(上弦)を迎えるまでの時期。
満月(+)期 – 半月(上弦)から膨らみを増して満月を迎えるまでの時期。
満月(-)期 – 満月から、少しずつ欠けて半月(下弦)を迎えるまでの時期。
新月(-)期 – 半月(下弦)から、徐々に月が欠けてまったく姿を消していく時期。

新月マイナス(-)期は、身体の臓器では、「腎臓」に影響を及ぼします。

以前にも書かせていただきましたが、「腎臓」は、寒さが苦手です。そして、疲れていたり、上手く機能しない時は、不安や恐れが強くなります。

毎日の様にニュースから流れてくるコロナウイルスの事など不安になりやすい情報が多いですよね。

今日は、気持ちもエネルギーも切り替わりの時にエネルギッシュにパワーを与えてくれる食物をご紹介いたします。

誰もが知っている小さな粒の中からのパワーとデトックス

今日、おススメしたいのは、誰もが知っている「玄米」。
日本は、瑞穂の国。日本人の食文化として知らない方はいませんよね。

デトックス効果もある玄米。

ビタミン、ミネラルなどトータル的に栄養バランスも抜群と言われていますが、玄米ご飯となるとよく噛めないから食べにくいとか、上手く炊けないとか実際に摂り入れている方はそう多くはないのかも?しれませんね。

いかがですか?

そんな方でも玄米を摂り入れやすくこれなら出来るかもという方法をお伝えします。
それは、「炒り玄米」です。
そう!今日一番のおススメは、「炒り玄米」です。

炒って炒ってエネルギュになるお米

炒ることで火のエネルギーが入り、身体を温めてくれます。そして、炒ることで玄米の硬い皮を破り、優しく消化しやすい物へと変えてくれます。

では、作り方についてです。

ネットなどで調べると出てくる「炒り玄米」の作り方では、油を使わない方法がほとんどですが、今日、ご紹介する方法では、胡麻油を使います。

*炒り玄米の作り方
材料 玄米(できれば無農薬)  1カップ
胡麻油       大さじ1杯
作り方
①玄米を軽く洗ってしっかり水を切っておく。
②土鍋又はフライパンなどに胡麻油と玄米を入れて、中火から弱火で約10分前後、全体的にプチっと弾けてきたら出来上がりです。

とても簡単!でしょう?

※保存もききますので少しまとめて作ってもいいと思います。(冷凍保存をお勧めします)

※使い方
・出来上がった炒り玄米に一つまみの塩をまぶして食べる。
・サラダなどにふりかけたり、混ぜて食べる。
カップに炒り玄米大さじ1杯と昆布粉小さじ1杯と塩一つまみとお湯を入れて即席炒り玄米スープで食べる。

※特に私がおススメしたいレシピを一つ!

私は、普段は分付き米のご飯を食べることが多いのですが、胃腸が疲れた時やエネルギー補給したい(笑)と思う時は、炒り玄米粥を作って食べます。

胡麻油を使わずそのまま炒っても美味しい炒り玄米はできますが、胡麻油で炒った玄米粥は、それはそれはコクが出てクリーミーで胡麻油の香りも広がり身体が温まり、本当に身体が喜びます。

*炒り玄米粥の作り方
材料 胡麻油で炒った炒り玄米 カップ1杯
水           カップ8杯
塩           小さじ1杯

作り方
①材料を土鍋または、お鍋に入れて沸騰したら吹きこぼれないようにコトコト弱火で40分炊いたら出来上がりです。
お好みでバーミックスなどでポタージュ状にしても良いですよ。

最後に新月マイナス(-)期は、炒り玄米でパワーをつけるだけでなく、整理整頓にもおススメの時です。

エネルギーが入れ替わる宇宙元年の時、新しいものを入れるためには、古いもの、要らなくなったものを整理したり、綺麗にして新しいものが入れるスペースを作りましょう。

「腎臓」に影響を受けやすいの時なので、水回りや家の出入り口である玄関の掃除や靴を揃えるなどをすることで新しいものが入りやすくなります。

まずは、小さなことから、出来ることから取り入れて素敵な時を迎えてください。

ライタープロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。
Return Top