月よみ

豊かな恩恵を素直に活かす。
月よみで大自然のなか育まれる宝物

こんにちは。月よみ師のみほです。
みなさんは、この春をどのように迎えてお過ごしでしょうか。ある意味、非日常の状況になりつつある今。
こんなときだからこそ、意識を向ける先を見直してみることが大事だと感じずにはいられません。
あなたは今、どんなことに意識が向きやすいですか。
そのとき、どんな感情になるでしょうか。

目の前のちょっとした出来事や、揺れ動く自分の感情に意識を向ける。
今までだったら、なんとなく過ぎ去っていたことを、ひとつひとつ丁寧に拾い上げて感じてみる。
そうすると、日常のあたり前の毎日が、本当はとても特別で素晴らしい日々だと思えてきませんか。

今日は、そんな日常のあたり前が「スペシャル」に変わることを後押ししてくれるような、素敵な果樹園のお話です

自然のままに、自然を活かす。そのタイミングは月次第!

その果樹園は、私が住む熊本県の西部にあります。
桃やプラム、かぼす、シークワーサー、レモン、ゴールドキウイ、柚子、太秋柿、イタリアントマト、温州みかんなどなど。
季節ごとに年間30種類ほどにもなるそうです。昨年の秋、ちょうどゴールドキウイの収穫時期に、キウイ狩りで念願の果樹園を訪れることができました。

豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、無農薬・無肥料の農法に加えて、月の満ち欠けを利用した「月よみ自然栽培」をされています。

みなさんも、どこかで聞かれたことがありませんか。
私たち人間だけでなく、月のサイクルによって自然界にもたらされる恩恵のお話を。

園主である西田さんから、月よみ自然栽培の取り組みや想いを聞かせていただきました。
月よみ栽培とは、「草刈り」「剪定」「収穫」のタイミングを月の満ち欠けを利用して行う農法のこと。
用途にあわせて、これらのタイミングを月のサイクルで決めているそうです。

月の満ち欠けによって月の引力と地球の重力が変化するので、それにあわせて木々のなかの養分や水分が上下に移動する。

満月のときは月の引力により、実や枝などの上のほうへ水分や養分が向かいます。

逆に、新月のときは地球の重力により、根元など下のほうへ水分や養分が引き寄せられます。
これにより、新月時には雑草などが成長しにくくなるので、「草刈り」は新月の前が最適。
「剪定」作業も、同じく新月の時期に行うのだそうです。

建築においても木材の伐採は、乾燥している新月に伐採すると聞いたことがあります。

自然豊かな地球に暮らしている私たちは、自然の流れ、自然のサイクルを意識して取り入れることが何より大事だと改めて感じることができました。

季節ごとに鮮やかに色づく果実。いつでも月が教えてくれる

そして、いよいよ「収穫」です。
新月収穫は、先ほどお伝えした新月の引力の影響を受けて、果実のほうは養分や水分は少なくなるため、この時期に収穫すると日持ちするのだそうです。
ジャムや加工食品などに利用されています。一方、果実に養分・水分が集まる満月期が収穫のメインで、とてもフレッシュで糖度が極めて高く、果実によっては香りや風味も強いのだそうです。

野菜の収穫にしても、葉もの野菜は満月に収穫すると美味しくて、根もの野菜は新月に収穫すると美味しいとも聞いたことがあります
ご自分で野菜や花を育てている方がいたら、月の満ち欠け情報は必須ですね。

また、当日は園内を散策しながら、たわわに実ったキウイ狩りを楽しみました。
太陽の陽射しがやさしくて、鳥はさえずり、心地いい空間。

キウイを摘みながら歩いていると、至るところにせっせと働く従業員さんの姿が。
あっ。
この従業員さんとは人間ではなく、クモの巣を張るクモのことですよ。
西田さんいわく、園内のクモさんたちは大事な従業員なんだそうです。

鳥がやってきて、虫が住みついて、花が咲く。
この自然の多様性を大事に受け入れて、存分に活かしておられます。

ちなみに、自分で摘んだゴールドキウイは1週間から10日後位が食べ頃とのことで。
自分で熟成を調整できる「追熟」の方法も教えてもらい、とっても美味なキウイを楽しむことができました。

西田さんの月よみ栽培はロゴマークにも表現されていて、緑色と黄色、赤色の三色が使われています。
これは、「緑~黄~赤と果実の成長に伴って色づく移ろい」と「地球~月~太陽の印象」の2つの意味とのこと。「これらの不変にもたらされる豊かな恩恵を素直に活かす活動を続ける」という、西田さんの想いが込められています。

にしだ果樹園さん
https://www.facebook.com/nishidakajyuen/

季節ごとに、いろんなフルーツ狩りが楽しめますよ。
みなさんが、いつか九州を訪れる機会があったなら。
この果樹園の月よみ果実を思い出してもらえると嬉しいです。

西田さんが育てる果樹園の果物たちのように。
私たちも大自然の営みのなかにいて、たくさんの恵みを受けとることができています。
そして、そこには変わりゆく月がいつも大きくサポートしてくれている、そのことを感じられると思います。

ライタープロフィール

みほ 月よみ師®
健康に暮らすための病気の予防活動に従事したくて、看護師経験の後に町の保健師として18年勤める。
あかちゃんから高齢者の方まで住民さんの健康支援に携わる。

その過程で自身の体調を崩したことから、ココロとカラダのつながりを強く実感。
月と太陽を意識した生活を送るなかで自分らしさや元気を取り戻し、これから私らしく生きていくには?と考えるように。
もっと月のことを知りたくなり、月よみを学ぶ。

「私を知り、私らしく心のままに」
誰もがそんなキモチで日々過ごせることを目標に活動中。

熊本県在住。月星座おとめ座。
人懐こいシーズー、緑豊かな自然、スポーツ観戦(特に野球。地元を愛するタカガール)が好き。
Return Top