月よみ

<近い存在だからこそ、うまくいかない。そんな時、月星座で知る親子関係をうまくいかせる方法vol.26>月星座うお座の親×月星座てんびん座の子~月星座いて座の子まで場合

学校へ子供たちがいけなくなってからほぼ1か月。
友達と思うように会えない。外にも遊びに行けない。子供たちのストレスはそろそろMAX。
でも、そんな状態に一番心を痛めているのは、ご両親ですよね。
一番大事な年度替わりの時期。それなのに勉強も、友達関係も、心身の状態も。
全部が上手く行ってなくて、ものすごく心配。そして、子供たち以上に心を痛めているのに、ストレスを思いっきりぶつけてくる子供たちの相手もしなくてはいけない。

優しく受け入れたいのに、親側もストレスでイライラを子供にぶつけちゃって、さらに落ち込む。
そんな繰り返しをしている親御さんたちは、世界中にたくさんいると思います。
私もその一人。
そんなとき、このコラムを読んで、少しでも子供とうまくいくヒントを感じてもらえたら、こんなにうれしいことはありません。
しんどい心が少しでも軽くなりますように。
そして、このつらい社会状況が一日でも早く改善することを心より願います。

それでは、今月の月星座で見る親子関係アドバイスです!

これまでの月ウェブマガジンでは
Vol.1月星座おひつじ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座かに座まで
Vol.2月星座おひつじ座の親×月星座しし座の子~月星座うお座まで
Vol.3月星座おうし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.4月星座おうし座の親×月星座しし座の子~月星座うお座の子まで
Vol.5月星座ふたご座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.6月星座ふたご座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.7月星座かに座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.8月星座かに座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.9月星座しし座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.10月星座しし座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.11月星座おとめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.12月星座おとめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.13月星座てんびん座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.14月星座てんびん座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで
Vol.15月星座さそり座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで
Vol.16月星座さそり座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで

Vol.17月星座いて座の親×月星座おひつじ座の子~月星座とめ座の子まで
Vol.18月星座いて座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで場合
Vol.19月星座やぎ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで場合
Vol.20月星座やぎ座の親×月星座てんびん座の子~月星座うお座の子まで場合
Vol.21月星座みずがめ座の親×月星座おひつじ座の子~月星座おとめ座の子まで場合
Vol.22月星座みずがめ座の親×月星座てんびん座の子~月星座いて座の子まで
Vol.23月星座みずがめ座の親×月星座やぎ座の子~月星座うお座の子まで
Vol.24月星座うお座の親×月星座おひつじ座の子~月星座ふたご座の子まで
Vol.25月星座うお座の親×月星座かに座の子~月星座おとめ座の子まで場合
をご紹介いたしました。

今回は
<Vol.26月星座うお座の親×月星座てんびん座の子~月星座いて座の子まで場合>をお送りいたします。

まずは、ご自分とお子さんの太陽星座、月星座を確認してみましょう。
確認方法はこちらから
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

確認できましたか?

それではまずは、月星座うお座の親の特徴から!

月星座うお座の親の特徴 

*世話好き
*愛情ぶかい・思いやりがある
*おっとりしている。
*他人の意見を受け入れる(振り回されやすい)
*心配性
*子供を丸ごと受け入れることと自由は別。自由は認めたくない
*所有欲が強い

 では今月の月星座が教えてくれる子供も私もご機嫌で過ごす秘訣を!

うお座の親×てんびん座の子

他人を受け入れる、他人に従うことによって、人間関係を良くしようとするうお座の親。会話や社交術によって、周りの関係を調節していこうとするてんびん座の子。
二人とも、人間関係をとても大事にする星座です。
特に、てんびん座の子は人によく見られたいという欲求が強いので、自分を押し殺して、人間関係を良くしようとする傾向があります。

幼稚園や小学校。外では、とてもにこにこしていい子なのに、家ではわがまま。そんな様子が見られたら、よいこでいようとして頑張りすぎているのかもしれません。
うお座の親は12星座一、他人を受け入れるのが上手なので、てんびん座の八つ当たりに近いわがままもゆったりと受け入れていることでしょう。
つらい気持ちを受け入れてもらうことは子供にとって、とても大事なことです。でも、八つ当たりでもなんでもすべてを受け入れることはよいことでしょうか?

うお座の親は大事な子供のことはなんでも受け入れて、八つ当たりですら受け入れて、愛してあげたくてたまりません。
でも、そこはぐっと我慢。つらい気持ちは受け入れるけれど、八つ当たりは受け入れない。
きちっと線引きをしていきましょう。

てんびん座の子はとても賢い子なので、そうやって、人と人の距離の取り方。自分のご機嫌の取り方を学んでいきます。

先ほども述べましたが、てんびん座の子にとって、かっこいいこと。おしゃれであること。スマートであることはとても大事。
そのポイントを踏まえて、褒めてあげたり、やる気が出るような言葉かけをしてあげるととても効果があります。
うお座の親もきれいなものが好きなので、てんびん座の子と一緒に楽しめるものが見つかると世界がより楽しくなります。

うお座の親×さそり座の子

多くの人を受け入れられる、広い心を持つうお座の親。一人の人にのめりこむさそり座の子。
二人とも水の星座なので、人の心に寄り添うのはとても得意。

うお座の親は、大海原をすいすいと泳ぐ魚のように、人間関係でも手を入れるところ、手を抜くところが息をするようにわかります。多くの人が、うお座さんとそばにいると「心がラク」と感じるのはその才能があるからかもしれません。

一方で、さそり座の子はのめりこんでしまうため、どこで人間関係の息継ぎをしていいのか、どうやって人と人の距離を取っていいのかわかりません。お友達同士のトラブルで困ってしまったり、泣いてしまうことも多いでしょう。

そんな時こそ、うお座の親の出番。うお座の親にとっては、何気ない一言だったり、行動だったりすることが、さそり座の子の助けになるのです。うお座の親の元に生まれたさそり座の子はラッキーと言えるでしょう。

さそり座の子が悩んでいるときは、寄り添って、アドバイスを。さそり座の子には「黙っていても私の気持ちがわかってもらえる」「一心同体でいられる」そういったことを実感できる相手が必要なのです。

さそり座の子が「私は十分愛情を与えてもらった」と感じることはなかなかありません。
それほど、たくさんの目に見えない愛情が必要なのです。言葉よりも行動で表す愛情が必要です。

愛情を与えすぎるのはよくないのでは?と心配する必要はありません。どんどん、安心するまで、愛情を与えてください。
ただし、甘やかしと愛情が違うというのはお忘れなく。

うお座の親×いて座の子

ちょっと変わった関係の親子になりそうです。お互い、我慢比べをしているような感じかもしれません。

いて座の子はその自由なアイデアで、人が、いえ、大人が思いつかないような突拍子もないことをします。
そして、うお座の親の信条としては愛する子供のことはすべて受け入れたいというものがあります。

ここが組み合わさるとどうなるかというと…突拍子もないことをし続ける子供とそれを淡々と受け入れる親。そんな組み合わせが出来上がります。何も言わずに、お互いが「いったいどこまでやるのかな?受け入れるのかな?」と様子をうかがっているような…ある種の我慢比べです。

いて座の子が突拍子もないことをすることの理由に、自分のアイデアを自由奔放に試してみたいという気持ちはもちろんあります。ですが、大きなところでは「親はどこまでだったら、受け入れてくれるのか?」と親の度量を試そうという気持ちが強いかもしれません。度量ももちろんですが、愛情を図っているともいえるでしょう。

自由を愛するいて座ですが、「ダメなことはダメ!」としっかり叱ってもらうことも同時に望んでいるのです。
子供と真剣に向き合っていなければ、「必要なところでしっかりと叱る」ということは難しいですからね。
「怒られることに愛情はないけれど、叱られることは愛情がある」ということを、いて座の子はしっかりと肌感覚で分かっています。

叱られて不貞腐れることもあるかもしれませんが、しっかりと愛情をもってしつけることがいて座の子にはとても必要です。愛されているという実感がわくからです。
いて座の子の良さを頭から押さえつけることなく、しっかり手綱を握ってしつけをしてあげてください。

そのほかは、他の星座が親の時よりも、自分らしさを受け入れてもらえるので、いて座の子にとって、うお座の親の元に生まれて、生活することはパラダイスに近いものがあります。
いて座の子の自由な発想や行動を楽しもう!と気持ちを切り替えるとうお座の親も楽しくなってきますよ。

いかがでしたでしょうか?

次回はいよいよこのシリーズも最終回!月星座うお座の親と月星座やぎ座の子~月星座うお座の子まで。親子関係をうまくいかせるコツをご紹介します。

<ツキを読む月よみ師®IKI>
インスタは @iki_munaykiで検索をしてください

ホームページはこちら!
https://www.munay-iki.com/

アメブロもやってます!
https://ameblo.jp/ikis-moon

ライタープロフィール

IKI(いき) 月よみ師®
ムナイ・キ マスター、アースキーパー
竹本宿曜占星術師範
JAA認定アロマコーディネーター
キッチン蒸留ATRホームケアアドバイザー
小学校児童英語講師

女の子2人の母。毎日子育てと仕事に奮闘中。
子育ての試行錯誤の中、月星座に出会う。学ぶうちに、違和感を感じ続けていた両親との関係、更に自身が感じてきた生きづらさにも月星座が関係していた事を知る。
月星座を知ることで、「大事な家族とよりリラックスした関係を築き」、何より自身が月星座を知ることで「しがらみから解放された」事を実感する日々。
現在は、月星座を使ったインナーチャイルドのリリースイメージワーク、親子関係アドバイスなどを行っている。

好きなもの:鳥、満天の星空、神社へ行くこと、ホストファミリーをすること
Return Top