月よみ

“ポジティブな連動”にツキあり!
乙女座の月にツキを呼び込むラッキーアクション。

皆さま、こんにちは~!
月よみ師®で「宙(そら)のmessenger」改め
「実践ホロスコーパー」笠原祥子です。いきなり私事で恐縮ですが、
わたくしは普段から、

「生きた占星術をお伝えしたい」

「ホロスコープと対話をし、原理原則に基づいて、より実用的な方法・アドバイスをお伝えして、皆様の現実を変えるお手伝いがしたい」

そんな想いで日々活動しております。

【詳しくは、↓ブログ↓をご覧ください♪】
https://ameblo.jp/ha-alashow

一方で、この自分の想いと、
「宙のmessenger」という壮大なコピーとのギャップ感が否めない……

コレってつまり、
「パッケージを開けたら、中身が思っていたのと違う……」
この状態になっているではないか!

ということにようやく気が付きまして(気が付いてよかった♡)
今後は、自分が最も大切にしていることを前面に押し出して活動していきたいと思います。

月よみwebでも引き続き、占星術(星よみ)の視点を踏まえた“ツキを呼び込む方法”をお伝えして、皆さまの今を、より美しく彩るお手伝いをしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

カサハラショーコ的、乙女座解説。

現在(4月5日)、月は乙女座を運行中です。

乙女座と聞くと、可憐さや純白さをイメージしがちですが、わたしは両性具有的なイメージを抱いています。

それは、乙女座が“水星を守護星に持つ星座”だから。


「守護星=その星座にとっての“お守り”のような惑星」とイメージしてみてください。

「水星」は知性とコミュニケーションを司る惑星で、水星を守護星に持つ星座は乙女座、それから双子座です。

双子座の知性は、「読む・書く・話す」の基礎知識。
乙女座の知性は、分析・比較検討・整理整頓。

双子座は“風の星座”で、思考を巡らせストーリーを展開する世界。
乙女座は“地の星座”で、物質・リアリティ重視の世界。

同じ「水星の知の世界」でも、方向性や視点が異なっているんですね。

また、乙女座は12星座の中で唯一“マイナスにすることが可能”な星座です。
つまりは、「ムダを省くことができる」のが乙女座の特長。

そこで、ひとつご提案です。

◆ヘアカットに行く!(伸ばし放題の方は特に)
◆アクセサリーの整理整頓(使わないものは思い切って処分)
◆クレイパックをする、クレイを溶いたお風呂に浸かる

こういったことは月が乙女座を運行中のタイミング(今日、明日)に実践すると、効果が分かりやすく出ますし、長続きします。

ピン!ときた方はぜひお試しください。

“ポジティブな連動”の恩恵に預かりましょう♪

昨日(4月4日)、
愛と美を司り、女性性の象徴である「金星」が、双子座に移りました。

この金星、なんと約4ヶ月もの間、
「双子座」に滞在するんです!

通常は約1ヶ月で星座を移っていくので、この長期滞在は非常に珍しいことであり、メッセージ性の強い動きだとわたしは捉えています。

先ほども申し上げた通り、「双子座」と「乙女座」は、“水星を守護星に持つ”という共通点があります。

つまり、
金星が双子座に対してキラキラと輝く愛を注いでいる時、双子座のお守りである水星がイキイキする。

水星がイキイキするということは、水星をお守りとする乙女座も活気づく。

その結果、現在、乙女座を運行中の月にもイキイキとしたエネルギーが転写されるのです。

すごい循環です。
しかも、前向きな循環なら大歓迎ですよね。

わたしが考えるホロスコープの面白み・深みの一つは、こうした一見別々に思える事象も、実は連動していて、そこに気が付いて意識を向けることで、可能性が一気に広がるということ。

できることや、その手法が一気に幅広になるんですよね。

ということで!
このポジティブな恩恵に絶賛預かる具体的な方法を、今回は“大盛り無料サービス”的にご紹介するので、ぜひチェックしてください。

 

今から4ヶ月間有効。月星座別!金星効果を取り込む方法。

最後に、4月4日~8月8日まで有効!金星効果を取り込むアクションを「月星座別」に書きますので、ピンときた方はぜひ実践してみてください。

※月星座が分からない方は、↓こちら↓で調べてください。
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

<牡羊座>
◆興味がある・好きなジャンルの雑誌や本を読む
◆ショッピングモールや商店街を歩く

<牡牛座>
◆美味しいケーキ、ちょっと高めのランチなど食のプチ贅沢
◆100%現金会計から卒業する(キャッシュレスにチャレンジ)

<双子座>
◆マニキュアを塗る、ネイルサロンに行く
◆ヘアスタイルやヘアカラー、メイクを一新する

<蟹座>
◆パジャマや寝具を新調する
◆美術館やアート展などに出かける

<獅子座>
◆プラネタリウムに行く
◆惑星モチーフのリングを着ける

<乙女座>
◆老舗ブランドのアイテムを買う、使う
◆市区役所に行く、公共の手続きをする

<天秤座>
◆海外旅行に行く、国内でも異国情緒の漂う土地を旅行する
◆ヒップアップのエクササイズやストレッチをする

<蠍座>
◆自分好みの赤ワインを探す、飲む
◆お墓参りに行く(ご先祖様でも、尊敬する偉人でもOK)

<射手座>
◆カイロプラクティックを受ける
◆家に花を飾る

<山羊座>
◆健康診断、人間ドックを受ける
◆腸内環境を整える食べ物を摂る

<水瓶座>
◆映画館や劇場、遊園地などレジャー施設に行く
◆子供や甥っ子、姪っ子、孫など子どもたちと関わる

<魚座>
◆カーテンやラグ、照明などインテリアを新調する
◆実家に帰る、地元で過ごす

どれか一つでもOKですし、
自分の月星座以外のアドバイスでもOK!

直感で「ピン♪」ときたことを実践すれば、必ず現実が変わりますよ。

ということで!
今回は、乙女座の守護星「水星」に関連した内容でお届けしました。

最後までお読みくださりありがとうございます。
深謝。

ライタープロフィール

笠原祥子 月よみ師®
楽しく星をよみ、おいしくビールを飲む人。笠原祥子です。
36歳、シングルマザー。
生まれは岡山、現在は千葉に住んでいます。

2018年3月。
「西洋占星術」との出逢いをきっかけに、人生ジェットコースター。

“魂の青写真”と呼ばれるホロスコープが教えてくれる世界は、底なしに奥深くてお
もしろくて。

「星よみを通じて、わたしの今を輝かせたい!」そう強く感じるようになり、13年半
の会社員生活を2019年10月で卒業。

現在は、“好きなことを生業にする”という新たな人生の目標に向けて、勉強と発信の日々です。

ホロスコープは自分を信頼し、自分の価値を知ることのできる最適ツール!
まさに“宇宙からのギフト”です!

ホロスコープからのメッセージを読み解く楽しさを、一緒に体感しませんか?
Return Top