月よみ

月よみまっぷ〜愛知県蒲郡市『月読神社(つきよみじんじゃ)』

運とツキを味方につけて、望む未来を手に入れる
九星氣学鑑定士&月よみ師 大竹由起子です。

せっかくのウキウキした春ですが
新型コロナウィルスの影響で、外出自粛してどんよりと過ごしていませんか?
先月もご紹介しましたが、屋外で、リフレッシュできて、しかも運氣アップも叶ってしまう場所。
神社へのご参拝はいかがですか?

こんなご時世です、近所にある神社(氏神神社といいます)をまずはお参りしてみましょう。
おまいりの際は、その神社におまつりされているご祭神を事前に知っておくと、お願いごとも叶いやすくなります。
その神様によって、御神徳といって得意分野があるのです。
例えば、学問の神様に安産祈願をしても、神様も困ってしまいますよね。
御神徳に合わせたお願いごとをしましょう。

※ご祭神がわからない場合は、神社本庁HPに各都道府県の神社庁のHPがありますので、お問い合わせください。
https://www.jinjahoncho.or.jp/jinjahoncho/jinjacho

氏神神社をおまいりしたら、次は氣になる神社にお出掛けしてみたいですよね。

外出自粛中の今こそ、外出できるようになったら出かける計画を立てるべく
自分のお気に入りの神社(崇敬神社といいます)を見つけて、楽しみに待ちましょう〜!

月よみ師の私が毎回お勧めしているのが
闇に光を届け人々を導き、人の運勢を司りツキを与えてくれる
日本神話における月の神様「月読命」(つきよみのみこと)を御祭神としておまつりしている神社です。

※月読命に関しては前回のレポートを参照してください

今回も、月よみマップには載っていない、私が実際に訪れた「月読命」をおまつりしている神社をご紹介します。

本に載っていた愛知県蒲郡市の『月読神社(つきよみじんじゃ)』

最近、地元にある神社ばかりを探していたので
他の場所にも行ってみようと、以前も記事でお知らせした
河出文庫 『ツクヨミ 秘された神』 戸谷学著
「資料編」として 月讀宮・月讀神社 全一覧85社 が巻末に載っています。

その中で、愛知県蒲郡市にある「月読神社」が
実は自宅から車で1時間もかからないことが判明!
他に行こうと思っていた県内の神社より、断然近い!

ということで、調べた翌日の午後、3時間ほど予定が空いたので、早速ドライブがてら行ってまいりました。

しかもこの日は、翌日に満月を控えていて。
青空にもお月様が顔を出してくれていて、月読様への絶好のおまいり日和。

途中、レジャースポットで有名な「ラグーナ蒲郡」
https://www.lagunatenbosch.co.jp/sp/special/index.html
を通っていくので少し渋滞しましたが、ほぼ予定通りに神社入り口到着。

入り口には四角の石柱に
「村社 月讀神社」という表記の裏に
「村社 月夜見神社」の表記もありました。

神社は階段を上がって上にあるようです。
駐車場が見当たらなかったので、邪魔にならないよう道端に車を停めて、早速階段を上がっていきました。
(後でわかったことですが、上がって境内の隣に公民館があり
そちらの駐車場まで他の道から入っていけたようです)

一段一段、ゆっくりと踏みしめながら登っていくと、立派な鳥居がみえました。


鳥居前で一礼し、左側をくぐって境内に入りました。
入って振り返ると、小高い神社の境内からの眺めは、夕刻が近づきほんのりオレンジに輝いた景色がとても素敵でした。
きっと、一昔前は他に高い建物もなく
海まで見渡せる素晴らしい景色が広がっていたのだろうと想像できました。

神社名 月読神社
鎮座地 蒲郡市平田町西長根49
祭神 月夜見命 姥子命 建速須佐之男命 保食神
由緒 社伝に、明和元年(一七六四)三月の創建という。もと清田字岡前に鎮座のところ洪水で社殿平田町に流れ着いたが、清田に戻られた。明治五年十月、村社に列す。大正二年五月十八日、平田鎮座の姥子神社(現在の社地)に合併合祀し、同年十月七日、姥子神社を月読神社と改称する。同五年十月十八日、指定社となった。同十三年十月、社殿を改修した。
境内社 秋葉神社 祭神:火之迦具土命

天王社 祭神:建速須佐之男命

行者堂 祭神:役行

近くの駅 ◼︎JR東海道本線

三河三谷駅から直線約1.26km

徒歩約30分

車で約6分

Googleマップで確認

愛知県神社庁のサイトは構築途中のようで神社の詳細等が載っていませんので
他のサイトを参照しました。
https://gama57jinja.jimdofree.com/home/%E6%9C%88%E8%AA%AD%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

境内には、子供の遊具や、拝殿の右手隣には公民館が併設されていて、地域密着の明るい雰囲気の神社さんだなーと思いました。

右手に立派な手水舎がありましたが、残念ながら元栓が閉めてあるのか、水がでなかったので
ウエットティッシュで手を拭いて、ミネラルウォーターで口をすすぎました。
(手水舎がない神社さんも沢山ありますので、参拝の際は、お水とウェットテッシュがあると便利です)

そして、拝殿に向かいました。
なかなか立派な拝殿です。
お賽銭を入れて、鈴をガラガラと鳴らして、月夜見命様をお呼びします。
二礼二拍手、住所と名前を(心の中で)告げて、月よみ師として参拝させていただいたことに感謝とともに
「はらへたまへ、まもりたまへ、きよめたまへ、さきはへたまへ」の祝詞をあげ
一礼。
しっかりとおまいりさせていただきました。

拝殿すぐ横にあるヤマモモの木は、蒲郡の名木50選になっています。
お断りして、木に触れさせてもらいました。力強く暖かな氣を感じました。
(せっかく素晴らしい木なのに、看板の割れだけが残念…)
https://www.city.gamagori.lg.jp/site/museum/meiboku-14.html

境内には他にも、摂社が3つと慰霊碑もあり、それぞれに丁寧にお祀りされている様子でした。
もちろん、全てにご挨拶させていただきましたよ。
キチンと整備されていて、とてもいい氣が溢れた暖かな神社でした。

またドライブがてら参拝に来よう!
皆様も、是非訪れてみてください。

参拝のルール『生理中は神社に参拝してもいいの?』

ところで、神社の参拝には基本的なルールがあったりしますが
(手水舎での手の洗い方や、拝殿の二礼二拍手一礼など)
以外に知られていない、というか、私も疑問に思っていたことがありました。

生理中は神社の参拝はしていいのか、控えるべきなのか?

他の方から質問があったので、調べてみました。
地元の神社の祭典の時も、境内には生理中は入ってはいけないのだと聞かされていたので
自分の中では、生理中の血は不浄なもの、穢れと捉えていたところがあります。

神社関連の本や、インターネットで調べてみましたが、やはり色々意見があるようです。

その中でも、こちらのブログの内容がとてもわかりやすかったのと、私の中でも府に落ちましたので参照させていただきます。

『菊水千鳳の不思議体験日記~神仏の声を聴いて、人と神仏との橋渡し役をさせていただいております。視えない世界をご紹介しています。』
https://ameblo.jp/kikusuisenhou/entry-12532256589.html

コチラの記事によると
“基本、全ての神仏は (男神も女神も仏も) 氣になさらないので参拝しても問題はない。
ただし 稀に、御祭神は同じなのに、社寺によって大丈夫だったり、制限されていたりする場合がありますが、その御祭神が、という訳ではなく、社寺個別のものであるということになる。
・祀られている場所で明確な規定があるところへの参拝は、指示に従うようにしてください。
・参拝に参られる方の体調を、どの神々も心配しておられました。

神仏と繋がることができる菊水さんが、直接神様から回答いただいているので間違いないと思います。
さすが神様は、広い心をお持ちで嬉しくなりますね。

そして、こちらのブログでは、古事記や日本書紀では殆ど出番のなかった月読命も、たびたび登場(どころか、大活躍!)していますので、ワクワクしながら一気に過去ログまで読み、菊水さんのファンになってしまいました!

よろしければ皆様も、われらが月読命の活躍の様子を読んでみてくださいね。
https://ameblo.jp/kikusuisenhou/entry-12482150974.html

*************************

今回の「月よみマップ」
愛知県蒲郡市にある『月読神社』と、『生理の時には神社に参拝してもいいの?』ということについて、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

それでも外へ出るのが心配と思われる方は
『Google Map』を活用して、お参りしたい神社を訪れる「バーチャル詣」
気分だけでもお出かけしてリフレッシュしてみましょう!

そして、画面を通してでもいいので
この騒動が終息し、幸せな未来が訪れますように、みんなで祈ってみましょう。

全国にはまだまだ知られていない、月に関りがある神社・スポットが存在します。
次回は、近所で見つけた「月読命」をおまつりしている神社 をレポートしますので、お楽しみに!

*ブログぼちぼちと更新していますので、覗いてくださると嬉しいです♪
運を味方につける!happiad ブログ
https://ameblo.jp/happiad

*おかげさまで一周年を迎えました♪
良きつきを引き寄せるサロン☆ AquaLuna(アクアルーナ)
https://salon-aqualuna.com/

ライタープロフィール

大竹由起子 月よみ師®
静岡県浜松市在住。
身内の相次ぐ死、家業の鉄工場を継いだ夫のサポート、家事、育児、祖母の介護を経験。
不安とストレスでいっぱいな時、九星氣学に出会い、仕事や私生活に活かしていこうと学ぶうち、鑑定士資格取得。
同じように思い悩む方の力に少しでもなれたら、と個人鑑定・イベント出店などの活動開始。
さらにインストラクター資格取得、講師としても活動を広げている。

様々なお悩みをきくうちに、ココロとカラダは繋がっていることを実感、特に女性と月との関係性に注目し、月よみ師資格取得。
今後は、運とツキを味方につけてハッピーライフを送れるよう、さらに多角的なアプローチで、アドバイス活動を行う。
Return Top