月よみ

コロナ疲れになってませんか?情報に振り回されて不安にならない為のセルフケア

おはようございます。

連日コロナの報道が耳から、目から入ってきますね。
私の住む大阪も、緊急事態宣言が出されました。

不要不急の外出は控えるようにとのことで、わりと大きな駅近くに住んでますが、ガランとしています。

近くのお寺も門が閉められていて、毎年、お花見でたくさんの人が訪れますが、今年はおあずけになってしまいました。

むやみに怖がらずに、エチケットを守って、ココロ穏やかに過ごしていきましょう。

さて、今回のコロナを機に、世界が大きく変わろうとしている、と言われたりしています。

コロナウィルスも、土星が水瓶座へ移動したことで、風のエネルギーによって感染が猛威をふるっているとも言われていますね。

そう思うと、惑星や星の動きはとても興味深いですね。

今は少し大変な時期かもしれませんが、これからどんな風に世の中が変わっていくのかを楽しみに、この状況を乗り切っていきましょう!

下弦の月に向けて、手放しの準備を

今日は、月が山羊座へ移動します。

明後日に山羊座下弦の月を迎えるので、今日から手放しの準備をすると良いですよ。

外出を自粛されている今は、自分自身と向き合うチャンス!
考え方によっては、いろんな手放しができそうですね。

・必要以上に不安になること
・ついつい買い溜めしてしまうこと
・無いことに意識が向くこと
・情報を集めすぎてストレスになること
・人(物)に矢印を向けてしまうこと

などなど、今の時期だからこそできる手放しがあります。

私はというと、先日の宇宙元旦前に、これでもか!!と、主に物質的な手放しをしましたが、今回も物質的・精神的どちらもたくさんの手放しがありそうです。

そして忘れてはならないのが、カラダの手放しです!

今の時期は、いつも以上にココロのケアも必要ですが、ココロとカラダは繋がってます。

カラダが疲れていては、ココロも元気になりません!

今日は、今この時期だからこそやっていただきたい足裏セルフケアをご紹介します。

今この時期だからこそやりたい、免疫アップ足裏セルフケア

本日から、月は山羊座に滞在していますが、
太陽は牡羊座に滞在しています。牡牛座のカラダの対応部位は:頭・目
山羊座のカラダの対応部位は:関節・骨・膝・皮膚

コロナウィルスに関して、テレビやネットの情報を見過ぎて、頭や目がお疲れではありませんか?

不要不急の外出を控えるように要請されて、運動不足になっていませんか?

除菌に消毒に、皮膚に負担かけてませんか?

何事もやり過ぎは良くないですね。

そんなお疲れ気味のカラダを癒して、免疫をアップさせる足裏セルフケアは、

①頭・目の反射区をよ〜く揉みほぐす
疲れている方は硬くなっているかもしれません。
柔らかくなるまでほぐしましょう。
②くるぶし横のくぼみ、膝の反射区もよ〜く刺激する
親指側のくぼみは股関節、小指側のくぼみは脇(肩関節)の反射区です。
詰まった感がある場合、溝掃除をするようにグリグリ掘ってみましょう。その後、肩や脚を軽く回したりするのも良いですよ!

たったこれだけ!簡単ですね。

あと、強いて言うなら…

③あなたの足を、ひたすら摩りましょう。
「毎日カラダを支えてくれてありがとうね」

と、感謝の言葉かけてあげましょう。

たとえ数分でも、あなたがあなたのカラダと向き合う時間を作ることは、最高の癒しの時間になります。

頭の反射区を刺激して、あなた自身が冷静な判断ができるように、ご家族や周りの方のために整えておきましょう!

ちなみに、私が今よくやるケアは、足つぼはもちろん、ヘナです。

頭に塗って頭皮を清潔に保つことや、硬くなった頭皮を緩めて目の疲れを和らげたりしています。

また、残ったペーストを足裏に塗ってパックしたり、入浴剤代わりに湯船に入れて全身の皮膚を清めています。

ヘナは自律神経を整えたり、抗菌作用や抗ウィルス作用もあると言われているそうです。

ご参考までに。

では、今日もステキな1日をお過ごしください!

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top