月よみ

【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法~うお座編~

こんにちは。月よみ師®️インナーチャイルドセラピストのです。

月星座別のインナーチャイルドの癒し方を発信しています。

前記事
やぎ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/28/post-13747/

おとめ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/19/post-13899/

てんびん座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/01/17/post-14126/

さそり座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/03/13/post-14546/

今回はそのシリーズの5回目になります。

月星座は幼少期の無邪気な自分自身を表します。
おとなになっても無邪気なままの自分がずっと心の奥にいるのです
これこそがインナーチャイルド(内なる子ども)です。

月星座を知ることは自分自身を知ること。
自分のインナーチャイルド、子ども心、駄々っ子な自分を理解し癒すことが、心を癒すことにも繋がります。

ご自分の月星座は、生まれた時の月の位置から調べることができます。
自分の月星座を調べる→https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/.

今日の月は?


今現在、空の月はうお座にあります。

うお座は、無償の愛と浄化の星座です。

うお座の月は過去の出来事や傷付いた心、自分の中の弱い部分に光を当てます。

弱いものや繊細なものほど美しく輝くこの期間。
優しい空気に包まれて、普段のストレスから少し解放される人も多いかもしれません。

今回は、そんな幻想的な月の元に生まれた月星座うお座のインナーチャイルドに触れていきます。

月星座うお座とインナーチャイルド


月星座うお座はとても繊細で感受性豊かな星座です。
機敏な魚のような心と、全てを飲み込む海のような心の持ち主です。

心の動きにとても敏感で、頭で考えるよりも心で感じるタイプ。
自分より弱いものを守りたいという強い思いを持っています。

また共感力が優れているため相手の微妙な心の変化にもすぐに気が付きます。
インスピレーションにも長けていて、目に見えないものにとても敏感で第六感的な不思議な力を持っていることも。

人を愛し、地球を愛し、世界を愛している。
そんな月星座うお座だからこそ、悲しいこと、辛いことにも人一倍敏感。

それは自分自身に起きたことだけでなく、周囲で起きたこと、例えばニュースで悲しい出来事を見た時でも、自分のことのようにインナーチャイルドは傷付いてしまうからです

月星座を抱き締める

うお座は12星座で一番繊細で壮大な感情を持っている星座です。
子どもの頃から愛情に敏感で命を尊く思う気持ちが強かったのではないでしょうか。

『心』に赴きを置いているので過去の悲しい出来事、涙を流したような出来事を大人になっても忘れずにいる人も多いです。

しかし、月星座うお座の人はその悲しみや寂しさ、心の痛みを浄化させる強い力も秘めています。
感情に流され辛くなってしまった時、インナーチャイルドが深く傷付いた時は、そんなうお座の浄化のエネルギーを高めることをお勧めします。
浄化のエネルギーを高めるための行動をいくつか挙げていきますので、参考にしてみてください。

・感動する映画を見て、とにかく涙を流す
・水族館へ行く
・マイナスイオンをたくさん浴びる
・お風呂や温泉に入ってのんびり過ごす
・癒しの音楽を聴く
・お酒を呑む(ほどほどに)

いかがでしょうか。

すぐに出来ること、やってみたいと感じるものから試してみてください。

余裕があれば、そっと自分の中のうお座の心を大切に大切に抱きしめるようなイメージをしてみてください。
きっとインナーチャイルドの傷が癒されていきます。

そして高まった浄化のエネルギーによって、周囲の空気も浄化され、優しさで溢れた空間を作っていくことでしょう。


自分の心を抱きしめることが難しい方、インナーチャイルドをしっかり癒したい方はオンラインでの個人セッションをおすすめします。
詳しくはこちら
https://ameblo.jp/primavera1826/entry-12589997307.html

お気軽にお問合せください。

お読みいただきありがとうございます。
今後も引き続き月星座別のインナーチャイルドの特徴と癒し方をお伝えしていきます。

ライタープロフィール

有花 月よみ師®
1985年11月26日生まれ。栃木県足利市出身。
歯科衛生士として5年働いた後、出産を機に専業主婦へ。
長女の食べ物アレルギーが発覚。そこから食に関心を持ち、自然育児サークルに参加。
その後、新たに自然育児サークルを立ち上げ運営に携わる。

出産後、歯科衛生士として復帰。市の乳幼児検診で1才から3才までの公衆衛生に携わる。
自分の子育ての経験とたくさんの親子との関わりの中、子育てが少しでも楽になる方法を模索している時に占星術に出会い、月星座が子育てに役立つと確信し月よみを学ぶ。
現在は、群馬県館林市で子育て占星術のセッションやワークショップを随時開催。
今後は月よみ師としてさらに子育て占星術を広めたい。
Return Top