月よみ

てのひらにある月 合掌と深呼吸~乱れた心を一つに

生きてるだけでまるもうけ
明石家さんまさんの座右の銘が頭をよぎる今日この頃。
皆さん、ご無事ですか?月よみ師®リフレクソロジストの サチコです。

今日はこれとこれをやろう
計画的に過ごそう
と思って一日スタートさせますが
やろうと思ってることは全然終わらず、一日あっという間に過ぎていきます。

私、何やってるんでしょうね~?
もはや子供たちと朝昼晩食事して、話して、ちょっと勉強なんかして、終わりなんですよ。

生きてるだけでまるもうけ ってことで。
今回は気楽に読んでいただけるようにしたいと思います。

無限の宇宙があなたの手の中に!

いつも足裏の反射区をお伝えしていますが、今日はてのひらのお話です。
ハンドリフレクソロジーでもありますが、少し手相的な要素を取り入れるとさらにおもしろい様子が観えてきます。てのひらにはそれぞれ「丘」というのがありまして
月丘、太陽丘、火星丘、水星丘、木星丘……
宇宙の星々の名前がついているのです。

素敵ですよね。

手相では
それぞれの丘にどれだけエネルギーを貯蔵しているか
健全に機能しているか
などを丘のふくらみ、色や様子から観ていきます。

これはリフレクソロジーでも同じ。
各反射区のふくらみ、弾力、色、触感を感じていきます。

今日はご自分のてのひらにある「月丘」を眺めてみましょう。


丘を見るときは、てのひらを上にして水平に目の高さまで上げてみるとふくらみがよくわかります。
左右差があるかもしれません。色も違うかもしれません。
違いを観察してみてください。

月丘は「イメージ力。無意識の領域。人気。他からの引き立て」
という意味があるそうです。

今は新月(+)期でイメージ力が高まる時期ですから、ぴったりですね。

利き手ではないほうの手。
こちらの手から宇宙、世界からの情報を受け取っていると言われています。
そしてその情報を受け取って、利き手から世界に表現発信していくとされています。

どうですか?
左右の違い、ありますか?

私は右利きなのですが、左手の月丘が赤みがあり、ふくらんでいます。
それに対して右手の月丘は左手に比べるとふくらみが足らず、色もそこまで赤みはありません。

つまり、
宇宙からの情報はたくさん受け取ってイメージ力も貯蔵されているのに、現実にはまだあまり表現されていなくて、インプットアウトプットの流れが滞っている、ということがわかります。

現実化されていないアイデアがたくさんストックされているってことです。

本当にそんな感じです。
アイデアはあるのに、行動に移せる状態じゃない……
だから今進んでいない自分に焦ったりするのかな。

こんな感じで、自分の焦りの原因をすでにこの手が知っていたりするんです。

今の状態がよく表れているのがてのひら。
自分の身体はとても素直に、細部にわたって表現してくれていますね。

 流して、拍手で、合掌してみる

さてさて、この月丘。

リフレクソロジーの反射区でいうと「大腸」にあたるところです。
流れの滞りを解消するのに、いい部位ですね。

難しいことはしなくて大丈夫。

月丘の部分を押したり、さすったり、気持ちいいなと思える刺激を与える。
拍手をパン! パン! と大きな音をだしてする。
静かに合掌。
ゆっくり深呼吸。
合掌した手を上にあげて伸びをするのもいいですよ。


合掌って心が落ち着きますよね。
左右を合わせる、乱れていた心を集めて一つにする様子。

できることだけでも、是非やってみてくださいね。

皆さん、これからも長く続くであろう自粛生活ですが、どうぞ安全第一で、心穏やかに。

また来月ここでお会いしましょう。

ライタープロフィール

丸サチコ 月よみ師®
東京生まれの東京育ち。夫、大学生の娘、中学生の息子、26歳の黒猫と暮らしています。

第一子を出産後、自然療法に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得後、インストラクターとして勤務。メンタルケアスペシャリスト、霊気マスター、などの資格も取得、都内でサロンを経営。

第2子妊娠した時に一度仕事から離れ、息子を自宅で出産。その後介護福祉士として介護の仕事に従事するも、50才を過ぎ今後の自分の生き方を考え、セラピストの道に戻ることを決意。

現在は月よみ師としての学びとこれまでの経験を生かして、

役割で生きる女性たちが「個としての輝きを取り戻すこと」をテーマに活動中です。
Return Top