月よみ

あなたの魅力をぐんと引き立てる「月のサイクルに合わせたキレイエクササイズ」

月よみ師 陽菜(ひな)ヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。緊張感を生んだ「おうちですごそう」自粛要請も、ここへ来て、
情報が変わってきました。
地域によっては、学校の再開も始まったとのニュースも飛び込んできています。
まだまだ油断は出来ませんが、下手に怖がりすぎず、
いっそう今出来ることに集中する時なのかもしれません。

このところの天空模様は激動の様相です

次々に天体が逆行を始めました。

逆行とは、地球が軌道を通過する時に、天体を追い越したことにより、
その星が遠ざかるように見える現象です。
占星術では、これが起こる時、見直しややり直し、
振り返りが起こりやすいとされています。

すでに始まっている冥王星に続き、
11日に土星が、13日には金星、明日14日には木星も逆行を開始します。

すごく単純に言うと、冥王星の変容、土星の社会構造、木星の拡大力に対し、
再認識しようか、と言った声が掛かってきます。

「おうちですごそう」期間に変容しようとする社会構造が、
どう定着するのかしないのか、まだ計り知れない部分はありつつ、
やっぱりここで大切になるのが、個人の意識だよ、
そう天空から言われているような気がしてなりません。

月を通して大切にされる個人の意識

12日には、伝達の水星が、知的好奇心の幅が広い、ふたご座へ。
13日には行動力の火星が、次の時代へ向けての広い意識を持とうとする、
うお座へ移動します。
たくさんの情報の中から、何を取捨選択していくかは、
自分の価値観によるでしょう。
その力をつけてね、と星々は繰り返しています。ご自身が何が好きで、何を拠り所とするか、まずは「月」を確認すると良いのです。
月は、わたしたち自身を表す地球の周りを回りながら、
各天体の情報を受け取って、届けてくれています。
月の情報は、各人が持つ「月星座」を通して入ってきやすいです。

ですので、まずは個人の月を大切に扱うことが必要です。


手始めに、夜空に見える月を眺めることからお勧めしているのが、
「月よみ生活」です。

月には、満ち欠けのサイクルがあります。
そのサイクルに合わせてエクササイズを行うと、
体と心を安定させる作用が働きます。

動画はこちら
12星座のセルフケアアドバイス
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/09/25/post-13252/

月から流れるエネルギーに合わせるなら
サイクルと星座を同調させたエクササイズがオススメです。

14日下弦の月からは、みずがめ座のエクササイズ
23日新月からは、ふたご座のエクササイズ
30日上弦の月からは、おとめ座のエクササイズ
6月6日満月からは、いて座のエクササイズ

を参考にしていただくと良いでしょう。

体を動かして、気分をスッキリさせ、より月のパワーを受け取ってくださいね。


月のサイクルを生かした簡単エクササイズを
より具体的にお伝えする「月よみ生活入門講座」を
オンラインで開催いたします。
ご案内はこちら
https://resast.jp/events/434541

「おうちですごそう」の今だからこそ見直したい
ご家族関係とお子さんの才能発掘に特化した
月よみ個人セッションのご案内はこちら
https://ameblo.jp/pilates-h/entry-12593563597.html

ぜひご活用ください。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top