月よみ

【月星座別】生まれ持った、その才能の活用法!-おうし座編-

月よみwebにいらしたみなさま、こんにちは。月よみ師の、のりです。
2年前、ひょんなことから引き受けたPTA役員の経験。
そのときに感じた、「一人一人が自分の才能に気づくことで、世界は豊かになていく!」という想いから、月星座に隠れている「その人が生まれもてきた才能」についてお話しています。

月星座を知て、自分の才能に気づこう!

あなたは、自分の才能に気づいていますか?
自分の才能を活かせていると思いますか?

月星座は、生まれてから7歳ごろまでに影響を与え、そのころの意識の発達を色づけます。
物心つく前や幼少時に身に付けた生活習慣、好き嫌いなど基礎的な感情や心の反応パターンを、日常レベルで繰り返しながら無意識下に刷り込んでいきます。

例えば、歯を磨くときの丁寧さ、走る時の身体の動かし方、花や木草を見たときにどんな感情が芽ばえるか…
それらは一人一人違いますが、幼少時にどんなセンサーをよく磨いていたのかを、月星座から知ることができるのですね。

ですから、あなた自身が当たり前に繰り返す日常的な行動が、他の人にとてはなかなかできないことであたり、思いもよらない反応であたりします。
そんな、無自覚ながら人の役に立てること、頑張らなくても発揮できる性質を、私は「才能」と呼んでいます。

「他人との違い=自分自身にしかない才能」は、なかなかご自身だけでは気づきにくいかもしれません。
月星座を知ることでご自身の才能に気づき、日常生活の中に生かしていていただけたら、とてもうれしく思います!

月星座を調べるには、こちらから
→ https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

◆他の星座の才能は?◆
かに座編
→ https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/14/post-13886/
てんびん座編
→ https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/23/post-13675/
いて座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/03/15/post-14587/
やぎ座編
→ https://tsukiyomi-magazine.com/2020/01/23/post-14170/
みずがめ座編
→ https://tsukiyomi-magazine.com/2020/02/22/post-14423/

おうし座~あなたがいるから、世界は万物を知覚する~

今日、月が滞在しているのは、おうし座。
黄道12星座の中で2番目に登場するおうし座は、生まれて間もない赤ちゃんが手足を動かし身体を使て世界を知覚していくように、身体的な感覚や物質的な物事を象徴しています。
身体的、物質的な感覚を特に集中的に磨いてきたおうし座さんは、他のどのサイン(星座)より五感感覚が優れています。

世の中には抽象的な概念が様々にあり、なかなか言葉にすることが難しい場合がありますよね。
でもおうし座さんならそれを感覚で理解し、感覚で表現することができます。
目に見えないモノゴトを、見える形にして示すことができるのは、五感感覚が優れているおうし座さんならでは!

グラフィックデザインや音楽を奏でたり、ハンドメイドやDIY、様々なクリエイティブな活動が得意ではないでしょうか?
誰かの言葉にちょとしたイラストを添えたり、気持ちを音にして伝えたり。
多少時間がかかたとしても、その丁寧な仕事ぶりが周りに安心感を与えます。

PTAの役職で例えるなら、広報担当としてチラシ作りや、庶務担当として各種マニュアルをより分かりやすいものにする、なんてことは、おうし座さんなら朝飯前。
また少し保守的であるけれど、それだけ安全な道を選ぶセンスがあるので、企画チェックを任されたならば、誰もが「これならできる!」と思える企画に仕上げることができるでしょう。

クリエイティブな才能を発揮するために

そんなクリエイティブなおうし座さんが、ときにストレスで心がつぶれそうになてしまたら、マイースに過ごせる場所で過ごしましょう。

・好きな音楽を聴きながら
・気持ちのいい風景を味わい
・おいしいご飯を食べ
・心地よい香りに満たされ
・肌触りのよい服で身を包む

この内のどれかだけでも、できれば複数を組み合わせたら、あなたの五感はさらに満たされセンサーがクリアになり、よりクリエイティブなパワーが発揮されることと思います。

あなたの感性はあなたそのもの。
あなたが生み出す物は、あなた以外の誰にも作りだすことはできないのです。

あなたにしかないその感性と創造力を、大いに使てみてくださいね♡

ライタープロフィール

のりっぺ 月よみ師®
東京都下に生まれ育って約40年。 小学生男児を一人育てるシングルマザー 。
幼少期から占いおまじないが大好きだったけど、なかなかピンとこなくて自分探しばかりの人生。
好きなことや情熱をささげる何かってなんだ?! なんて思いながら事務職続けて十数年。
ふと受けてみた四柱推命鑑定で口から飛び出したのは「私って占い師に向く星は持っていますか?」
やっぱり、見えない世界のことが好きなんだ、と改めて自覚しなおし、たどり着いたのが「月」でした。

月から学んだ「見えている世界」を支える「見えない世界」をご案内しています。
ただの長い糸から形を作り出し、心や身体を温めたり美しく飾る、編み物が趣味♪
Return Top