月よみ

ストレスも不安も、これ以上ないくらい吐きだして、空っぽになる!

こんにちは。月よみリフレクソロジストの丸 サチコです。

5月も末ですね。ステイホームも2か月め。
お住まいの地域によっては、解除されてる所もおありでしょうが
以前、緊張感の漂う生活だと思われます。

皆さん、心と身体の平穏は保たれておりますか?

コロナ以前の生活には、もう戻れない
コロナと共存していく、新しい世界に慣れていく

ステイホーム月間で、ご自分の内面と向き合う時間は
嫌でもたくさんとれました。
これからどうしよう・・
前の生活が懐かしい・・
色んな思いがふとした時によぎるのではないでしょうか?
どこに意識の標準を合わせていいか、戸惑うこともあるかと思います。

そこで今回は「全部吐き出して、空っぽになろう」がテーマでお送りします!

呼吸をあなどるなかれ。

今日は新月から4日経った月相4の日。
呼吸とコミュニケーションに影響がある日です。

よく「深呼吸してください」と言われますよね。
ヨガでもセラピーを受けても言われます。
私もこちらで書きますし、リフレクソロジー後にもお話します。

はて、深呼吸。
どれくらい本気でやってますか?

吸って~ 吐いて~

これが逆なのはご存じの方も多いと思います。

吐いて~ 吐いて~ まだ吐いて~

です。お腹がぺったんこになるまで、苦しくなるまで吐くのです。
吐く息にやりどころのない「不安、不満、我慢、怒り、心配、悩み・・」
みんな乗っけて、もう出てこない、ってところまで吐くのです。


今日の15:33には月は獅子座へ移動します。
こんなイメージで吐き出すのもいいですね!

もう出てこない、のところまで行った時には相当、下腹部に力が入っていると思います。
この時、あなたの持っている生命力に力がこもります。
全て吐き切れば、勝手に空気が入ってきます。
あなたの生命力に「空」=「宇宙」の「気」=「エネルギー」が送りこまれます。

あなたの中に色んな感情や思いが詰め込まれたままだと
それが邪魔して「空気」が深く入っていかないのです。

今は、息を吐くことも吸うことも「感染危険」とセットになってます。
しかし。私達はこれからの世界でも生きていくのです。

まず一度、自分の頭の中や心の中を空っぽにするところから始めましょう!

吐き切る!を助ける、手のひらのポイント

そうは言っても、息が吐きづらいわ。
胸や背中が固くなってて息するのつらいわ。
という方もいらっしゃると思います。

そこで、リフレクソロジーの手のひらの反射区ポイントお知らせします。

こちらの赤い丸は「太陽神経叢」という神経の束のポイントです。
指を手首側に曲げた時にできる横皺の真ん中、一番くぼんでいるところです。
こちらが固くなっていると緊張状態が長いと言うことです。
まず利き手ではない方の手から行います。
右利きの人は左手から。
左手のポイントを右手親指で押します。
押し込むくらい、ぐーっといって構いません。
この時、手はなるべく下げてください。
へそより下がいいですね。
肩に力がはいらないように。

押し込みながら、口から息を吐く、吐く、吐いて、吐き切る。
まだ吐けますよ。もう一押し吐いて!
行き場のない感情も全部、吐き出して!
何を思ってもいいんですよ!
もう苦しい!ってところで・・・ふわーっと力を抜いてください。

自然と空気が入るに任せてください。
鼻から吸ったほうが繊細に感じると思います。

口から吐き出し、鼻から静かに取り入れる。

左手行ったら、右手でもどうぞ。
やり切ったら、スッキリとした爽快感があるかと思います。

次の世界へ向けて、いらないもの吐き出して必要なものを取り入れる呼吸。
是非、リフレポイントとともにお試しくださいね。

ではまた来月、ここでお目にかかりましょう!

最後になりましたが
コロナ被害へ遭われた方へ心よりお見舞いもうしあげます。

◎月よみzoomオンラインセッション行ってます。
ご興味のある方はHPをご覧ください。
http://www.tukiyomi-refle.com/

ライタープロフィール

丸サチコ 月よみ師®
東京生まれの東京育ち。夫、大学生の娘、中学生の息子、26歳の黒猫と暮らしています。

第一子を出産後、自然療法に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得後、インストラクターとして勤務。メンタルケアスペシャリスト、霊気マスター、などの資格も取得、都内でサロンを経営。

第2子妊娠した時に一度仕事から離れ、息子を自宅で出産。その後介護福祉士として介護の仕事に従事するも、50才を過ぎ今後の自分の生き方を考え、セラピストの道に戻ることを決意。

現在は月よみ師としての学びとこれまでの経験を生かして、

役割で生きる女性たちが「個としての輝きを取り戻すこと」をテーマに活動中です。
Return Top