月よみ

ポッコリお腹のコントロール術
~おとめ座上弦の月パワーでする腸開運~

こんにちわ。月よみ×腸活でハッピーマインドを作る腸美活マイスターMariaです。

昨日おとめ座の位置で上弦の月を迎え、月相は満月(+)期に入りました。
おとめ座の支配する身体の部位は小腸、大腸にあたります。お月さまは5月31日23時38分まで乙女座に滞在しています。

そして満月(+)期は吸収率が高まるので、良いものも悪いものもどんどん身体に吸収されていきます。

この期間はなるべく消化の負担が少ない食べ物、食べ方をセレクトするとよいですね。
では今月も一緒に月よみ腸活について楽しく学んでいきましょう!

腸活は開運へのステップ

突然ですが、腸は宇宙の雛形と言われている身体の器官です。
腸内フローラはリトルコスモス(小宇宙)、腸内細菌は宇宙の全てを記憶していると言われています。
また、風水の5行思想でみると、人体の五行の『土』は腸を表します。土は生命の源です。

腸が整い、滞りがなくなると体調だけではなく運もするすると流れるように整ってきます。
腸脳相関の仕組みから思考もすっきり、ポジティブに・・・。
生命の源が整うことでエネルギーの循環(氣)が効率よく回ります。
氣とは波動・・・。
放った波動に見合ったものが引き寄せられるので運気も巡る!これも引き寄せの法則の一つです。陽を整えるといいことずくめですね!!

上弦の月の開運腸活アクション

①一口目は最低30回の咀嚼をしてから飲み込む。
時間にゆとりがある時はながら食べをせず感謝し食事を楽しみゆっくり食べる。
⇒消化管の負担を減らし消化を促進、痩せホルモンレプチン分泌を促す。②食事中に水分をとりすぎない
⇒消化液が薄まるのを避けることで消化力向上

⓷たんぱく質は大豆や卵など低脂肪の物を選択する
⇒消化液の過度な分泌を減らし消化の負担を減らす

④調理方法は、揚げ物、生食は避け、蒸す、煮るをメインに
⇒消化管の負担を減らす。煮る、蒸すでかさを減らしつつカロリーオフをしながら効率よく栄養を吸

➄食物繊維と発酵食品を一緒にとる
⇒プレバイオティクス、プロバイオティクスで腸内細菌のバランスを整える

➅添加物を避ける
⇒腸は添加物に弱い。腸内細菌のバランスを崩すだけではなく有害物質の蓄積を招く為なるべくいれない。

できれば上弦の月1週間は①、⓷、➅を優先的に。
乙女座の期間(5月31日23時38分まで)は②、③、④をメインに。
➄は腸内フローラを育てる腸活の基本となります。

もちろん通年意識できる方はどんどん腸活生活にとりいれていきましょう。
まずは意識できる自分になることがとても大切なので、できない日があってもご自分に✖をしないで機会をみてとりくんでいってください。

また胃腸の不調が出やすい乙女座の日(5月31日23時38分)にはオレンジ色の服や小物を身に着けるのがおすすめです。オレンジ色は消化や便通をスムーズにする効果が期待できます。

腸活食について簡単にまとめた記事がありますのでご興味のある方はこちらもどうぞ

消化からみるポッコリお腹の原因

では最後に咀嚼を怠った時の身体の変化をお伝えしていきます。
皆さん下がり腸をご存知ですか?
下がり腸とは、腸の位置がおへそより下に垂れM字になっている状態をさします。
全体的に腸が下がっているので、当然下っ腹がポッコリでてしまいます。

これは骨盤底筋や腸腰筋の衰えや便秘自体で腸が重くなることが原因とされています。
とはいっても、日常のちょっとした習慣で下がり腸の引き金となってしまう事があります。

それはずばり早食いです!!

私達の消化管に1日で分泌される消化液の量は、約7~8リットルといわれています。
私達が1日でとる水分の4倍以上になりますので驚きですよね。

ただでさえ消化の為に多量に分泌される消化液ですが、実は食べたものが消化しずらいものだったり、
早食いにより咀嚼を怠ると、それらを溶かす為により多くの消化液を分泌しなければならなくなります。

そうすると消化器の負担は勿論、より消化管の容積が増え更にぽっこりお腹に!!
そして消化液がたっぷりたまった腸は重くなり、当然たれ下がるリスクも高くなります。

下がり腸は腸の蠕動運動が悪くなるだけではなく、腸の後ろにある大きな血管が圧迫され、血流だけではなく代謝も低下させてしまいます。

とにもかくにも早食いは万病のもと!!
忙しい日常の中、いつもゆっくり食事をすることは難しいかもしれません。

月のリズムに合わせ、月に数日だけでもゆっくり食べること、ゆっくり食べた日の体調を体感し、ご自分の
腸のお花畑を耕し慈しみ愛を注ぐ日にしてみてはいかがでしょうか

愛の循環に身体はきっと応えてくれることと思います。
これから巡ってくる薄着の季節に向け腸もボディーラインも整え、ハッピーな日常を送りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。また来月お会いしましょう。

ライタープロフィール

Maria 月よみ師®
看護師、月よみセラピストのMariaです。

私は変化する女性のステージと仕事の両立で、男性性優位な暮らしを続けた代償から過去に体調を崩し辛い体験を経験。
本来女性は五感を使う生き物。
そう実感し、月よみと、24年の看護師経験から、女性が心と身体のバランスをとり自分らしく輝ける生き方の提案を開始しました。

また自宅サロンにてアロマとレイキヒーリングを取り入れた月よみリンパセラピーで癒しを提供中。
将来的には月生活と共に、ホリスティック医療の普及活動をしていくことが夢です。

北海道出身札幌在住。1男1女、柴犬の母。
趣味、好きなもの~月、空、ワイン、身体、スピリチュアル、アーシング。
Return Top