月よみ

6月天空イベントが盛ん。合わせて魂の願いが降りてくる

月よみ師 ひなヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。いつも天空から見守ってくれている月。
満ち欠けがあったり、2、3日で次の星座へ移動するという素早さから、
情報がより細やかということで、月はわたしたちの心の内や、より個人的な性質を表すとされています。

そして、地上に暮らすわたしたちにとって大切なエネルギーである太もまた時を刻み、季節を彩り、作物を育て、わたしたちのボディに多大な影響をもたらしてくれます。
占星術においての太は「目指すところ」「目標」の象徴という側面もあります。

すべてのものは、「陰」と「」の二つに分かれ、それはまた変化するという
中国で始まった考え方、これを陰説と言います。
この考え方によって、月は陰、太、となりますが、これは固定されてはいなくて、陰との大きな揺らぎの中で、入れ替えも起こります。

2020年の大きな揺らぎの中で、陰とのエネルギーが大きく切り替わるのが、この6月です。天空のイベントも盛んです。
わたしたちの魂の成長にも、大きく関わる天空のイベントとは?そしてどう過ごすと良いか、今日はこの2点をお話しします。

2020年後半に向けてキャッチしたいエネルギーとは

6月最も注目イベントとは、ずばり「夏至」
6月21日に当たります。
これは二十四節気の一つです。

まず、太の見かけの軌道である黄道を、春分、夏至、秋分、冬至の四つに分けることができます。
それらの中間点に立春、立夏、立秋、立冬の「四立」を入れると
「八節」になります。
一節の期間は45日。これを15日ずつに3等分したものが「二十四節気」
さらに5日ずつに3等分すると「七十二候」になります。二十四節気の「気」と七十二候の「候」が合わさって「気候」という言葉が生まれたそうです。他に「雑節」といった区分もあります。

これらは農作業に従事することの多かった暮らしで、発展してきました。
四季豊かな風土と、日本人の感性に合わせて工夫されてきた「暦」です。

6月の暦と星のイベントをまとめました。

=========

【6月】
4日 芒種
6日 いて座満月
10日 入梅
13日 うお座下弦の月
18日 水星逆行開始
21日 夏至・太かに座へ・かに座新月・金環日食
23日 海王星逆行開始
25日 金星順行へ
28日 てんびん座上弦の月
30日 夏越の祓え

========

たくさん並びましたが、天空の目立つイベントと言えば
6月21日の夏至になります。

2020年後半の完成のためにやるべきこと


一年で一番昼の時間が長い日。つまり太の力が最大の日です。
これまで春分から、芽を出し、根を下ろし、枝を広げと成長を続けてきた「のエネルギーがマックスとなり、今度は実らせ分かち合う「陰」の方向へと大きく舵を切り替えることになります。この日かに座入りした太と、月が重なる新月でもあります。
しかも新月が起こる場所が、天に通じる道を開くところ。
個人の魂の願いが入ってきやすい状態になるのです。
なんとも興奮します。

仕切り直して、この日のエネルギーから感じることは

もう自分を誤魔化したり、
大切に出来ない生き方とは無縁になっていくようです。
自分だけがよければいい、という世界ではなくなっていきます。
図らずも、自粛期間でそんな感覚を味わっていたのかもしれません。

本当に大切なものは何なのかな、見えてきた
やっぱり助け合いや支え合いが人を強くする、
周りでそういったお声もたくさん上がっていました。
心の底から湧き上がる想い=魂の願いとともに生きるとは、どういうことか。

多様な価値観を尊重し合い、助け合い、補い合いながら自己を存分に表現するできる世界観、そこには結果どこかの誰かに役に立つ循環が回りだす。
これからじっくりと体験していくことになりそうです。

ただ、それには先にやる事がありました。

いろいろある毎日ではあるけれど、それでも頑張ってくれているこのカラダに意識を向け「ありがとう」の一言を伝える。これなのです。

魂の願いを受け取るエクササイズ

今日から予行演習として意識してみましょう。

1日5分、ご自身だけのための時間を取ります。
入浴中や寝る前、目が覚めた時など、5分が無理なら1分でも2分でも構いません。

【背骨呼吸エクササイズ】

楽な体勢を取ります。

呼吸に意識を向けましょう。

背骨ひとつひとつに呼吸を通す気持ちで
ゆっくり行っていきます。

それに慣れたら、心臓に気持ちを集中します。

心臓の中央に向けて「ありがとう」と伝えてください。

わたしがこれをやり始めて、願いが叶いやすくなったかもしれません。
なので、効果は感じています。
いつでもどこでもお気軽にやってみてくださいね。

どうぞ残りの6月も素敵にお過ごしください。

======

星の言葉と心理ワークで輝く人生を導き出す講座を
開催します。ご自身の本当に望んでいること、自分との付き合い方が
わかるかもしれません。
6月21日・26日・27日 Zoom(オンライン)での開催です。
詳しくはこちらをクリックください。
https://resast.jp/events/443947

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top