月よみ

イメージング新月期に魂の器を整える
~宇宙と繋がるHAPPY腸活呼吸~

こんにちは。月よみ×腸活でハッピーマインドを作る腸美活マイスターMariaです。

6月21日夏至に入り、その数時間後に金環日食を伴うかに座0度の新月でした。
新月のパワーが通常以上に高まる金環日食新月いかがお過ごしでしたか?
かに座新月は、これから更に成長していく自分の基盤を整えるタイミングです。
それにはまず魂の器である肉体を浄化し整えることが大切。
腸は肉体の根っこの部分で宇宙の雛形といわれています!!
では今月も新月期に最適な腸活を生活に取り入れ、ハッピーな毎日を過ごしましょう。

さて新月を迎え月相は新月(+)期に入りました。

新月(+)期はイメージングの時期。カラダケアは肺にサポートが入ります。
かに座さんの支配する身体の部位も胸、肺、呼吸が含まれます。
上弦の月を迎えるまでの1週間は呼吸で腸を活性化していきましょう。

ご存知ですか?腸管の働きと自律神経の大切な関係

実は腸の動きのコントロールに深く影響する神経は自律神経です。
腸と自律神経は互いに相関関係にあり、腸内細菌のバランスを整えて腸の働きをよくすると自律神経が整います。
また、自律神経のバランスが整うと腸の働きも良くなります。そして私達の意識下でコントロールできない自律神経を司る交感神経、副交感神経のバランスを安定させるためには、呼吸を整えることがとても効果的なのです。

腹式呼吸は立派な便秘解消テクニック

呼吸が浅いと便秘に傾きやすいことをご存知ですか?
そもそも呼吸が浅いと呼吸に関わる横隔膜があまり動きません。
呼吸の状態と横隔膜、腸の関係をレントゲンでみると、横隔膜の動きが大きいと腸は大きく揺さぶられるのですが、小さいと腸はほとんど動かないことがわかっています。
いかにしっかり深い呼吸できているかは便秘解消のポイントになってきます。では次に具体的に簡単で効果的な呼吸法をご紹介いたします。

誰でも簡単♪ 効果的な腸活呼吸法

1)糸呼吸法
①口をすぼめお腹を凹ませながら、細い糸を口から出すように息を吐き続ける。
②もう吐けないところまで息を吐き切ったら、お腹を膨らませながらゆっくり息を吸う。
お腹に手をあて腹筋を意識してなるべくゆっくり呼吸をするのがポイント。
目指せ呼気30秒で3分~5分間継続が理想。デスクワークの合間がおすすめ。2)4・8腹式呼吸
①お腹に手をあて息を吐く
②4カウントで息を吸いながらお腹を膨らませる
⓷8カウントで息を吐きながらお腹を凹ませる
※上記を1日5回から始め、慣れてきたら10回~20回すると効果的。
朝起きた時、忙しく動いた後、寝る前などがおすすめ。

息を吐き切った時のお腹は当然しぼんでいますが、この時には横隔膜があがっています。
沢山息を吐き切ることが出来ることで更に多く空気を吸い込むことができます。
より多くの容積分の空気を吸い込むことで、横隔膜がよく下がり腹横筋が大腸を刺激して腸の動きが促進されます。
また深呼吸により副交感神経を刺激することになるので、血流改善、リラックス効果が期待できます。
腸管には太い血管が通っているので、血流が豊富になることでより腸管動きやすくなり、リラックス効果で更に自律神経バランスも整うという嬉しい相乗効果が。まず少ない回数からでも是非試してみてくださいね。
続けることでお腹が動きやすくなるだけではなく、ポッコリお腹改善効果にも繋がります。

腸脳相関を強みに!!マインドフルネスとは?

ココロとカラダは繋がっています。特に腸は『ちゃんとしなきゃ』『忙しい』という気持ちが強くなると緊張して血の巡りが悪くなり、便秘、下痢、冷えを招いてしまいます。
また腸脳相関といい、脳が疲れると腸の不調を引き起こし、腸の不調でも頭がすっきりせず、作業効率減退、不安感の増大などを引き起こします。
腸脳相関の観点からおすすめなのがマインドフルネス瞑想です。マインドフルネスとは『今この瞬間に注意を向け気づく事、そしてありのままを受け入れる』ことです。
こちらの瞑想は脳のリラックス効果と共にストレス低減が期待できます。
医療業界では、うつの治療法として認知度の高い瞑想法となっています。

では最後に新月(+)期にピッタリなイメージング瞑想をご紹介します。

【マインドフルネス瞑想】

①仙骨を立て床に正座か座禅を組む姿勢で座ります。
床にはマットかタオルか引く。床に座れない方は仙骨をたて椅子に腰かけでもOk)
②軽く目を閉じ息を吐き切ります
⓷ただ呼吸に集中しながら、鼻からゆっくり吸って鼻からゆっくり息を吐く事を繰り返します。
(鼻呼吸に違和感があれば口から吐いてもOKです)

※最初は雑念が溢れるのが普通です。雑念がやってきても否定せず、「あ~今こんな事を 考えていたな」と受けいれたら手放し、また呼吸に集中してください。

④呼吸に集中することに慣れたら次のステップとして、足先から順番にカラダの緊張を緩めていくイメージングもおすすめです。

最初は①~⓷を3分からはじめ、慣れたら徐々に時間を延ばし④にも挑戦してみましょう。

いかがだったでしょうか?
日常生活に気軽に取り入れやすく効果の高い腸活セルフケアを選んでみました。
呼吸で腸はちゃんと活性化します。
そして呼吸や瞑想でリラックスすることで更に生体バランスが整っていきます。是非セルフケアの参考にしていただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ライタープロフィール

Maria 月よみ師®
看護師、月よみセラピストのMariaです。

私は変化する女性のステージと仕事の両立で、男性性優位な暮らしを続けた代償から過去に体調を崩し辛い体験を経験。
本来女性は五感を使う生き物。
そう実感し、月よみと、24年の看護師経験から、女性が心と身体のバランスをとり自分らしく輝ける生き方の提案を開始しました。

また自宅サロンにてアロマとレイキヒーリングを取り入れた月よみリンパセラピーで癒しを提供中。
将来的には月生活と共に、ホリスティック医療の普及活動をしていくことが夢です。

北海道出身札幌在住。1男1女、柴犬の母。
趣味、好きなもの~月、空、ワイン、身体、スピリチュアル、アーシング。
Return Top