月よみ

変化の波に飲み込まれない!・・月光浴で静かな自分を取り戻す

こんにちは。月よみリフレクソロジストの丸サチコです。
6月に入り、宣言解除され徐々に日常を取り戻しつつありますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
やはり、以前の生活には戻れないんだなぁと改めて実感することも多いと思います。

私は、と言いますと・・
5月6月と自分の中で大激変、地殻変動くらいの変革が起こっていて
毎日、内面的激流に揉まれまくってます。
(表面普通ににこやかに生活してますが!)

これ、私だけじゃないんだと思うんです。
思い当たる方も多いのではないか?ということで今回はこの事について
書いていこうと思います。

私は何のために生きている?

コロナ禍において、様々な変化を皆さん感じたと思うのですが
それは経済、生活、教育、医療、だけに留まらず
個人個人の根源的な部分にも気づきを促されたのではないでしょうか?

私は何のために生きているのか?
私はこの世界で何をしようとしているのか?

普段ごまかしながら、見ないようにしながら
目の前の楽しみでお茶を濁しながら
「今日も楽しかった~」と眠りにつく日々だったのに。

この状況から見ないようにしていた部分にスポットが当たり
ああ、どうしよう、見ちゃった、気づいちゃった・・
という方。たくさんいらっしゃったのではないかと思います。

そう。私もです。
今までも「これが自分のやりたい事」と思いながら
動いてきましたし、たくさんの学びと出会いがあり、満足している・・
いや、満足しなきゃいけないんだ、と思っていたのです。
これに気づいてしまったんですね。

違うだろ?
おまえ違うよな?

自分の底の方からの声を聴いてしまったんです。
お~怖っ!

そこからは地殻変動により、足元もおぼつかなくなり、混乱したり、迷ったり。
今まであった足元(信念と思っていたもの)の上に色々積み重ねようと思っていたのに・・
その足元が変動しているのですから、混乱するのは当たり前ですよね。

それでも変わらない、静かな私

ゴゴゴゴ・・と地面が動きだし、濁流が押し寄せ、
今まで「自分」と思ってたものが流されていく
どうしよう・・怖い・・
必死に今までの自分にしがみつき、安心しようとするけど
もはや、今までの自分に「安心」がなくなっている。
どうなるんだろう?どこへ行くんだろう?

こんな心を日々抱え、ザワザワ、グラグラ、
やっとこさ1日が終わり、ベランダに出て空を見上げます。

そこには大きな月。雲の合間からの月明り。

うう~  泣きたくなってきます。
月を見ながら、静かにザワザワもグラグラも見つめます。

これでいい。

そう思えてきました。

太陽の光を反射して輝く月。
月光浴の良さは大きな磁場で余計なものが洗い流されていくのと同時に
見ている人の心も反射して、癒された状態で返してくれているように感じます。

月相がいくつ、今は何をした方がいい
そんな情報も月と連携して動ける大事なメッセージ。
でも。たまには、ただ、シンプルに、月光浴。
ただ、月の光を浴びる。
頭を空っぽにして。月光浴。

私は、これでいい。
怖くても、不安でも、新しい世界に!
変わるんじゃない。
より、自分の根本に戻っていく途中なんだ。

そんな事が自然と浮かんできました。

激動の変化の時を迎えてるみなさん。
月の反射による癒し効果を使って
変化の波を乗り越えていきませんか?

今は新月から徐々に月が増えて行っている時期です。
日々形を変えていく月の光をただ、浴びる。感じる。
この時間が自分を静かに取り戻していく時間になります。
どうぞ今日から月光浴。お試しください。

今回のリフレクソロジーポイント
「頭と首のポイント」

親指腹の真ん中が脳(赤・)付け根と内側側面(青線)が首です。指側面はこするように刺激するといいですよ。
詰まり過ぎた頭の中を開放するのに良いポイントです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また来月お目にかかりましょう!

ライタープロフィール

丸サチコ 月よみ師®
東京生まれの東京育ち。夫、大学生の娘、中学生の息子、26歳の黒猫と暮らしています。

第一子を出産後、自然療法に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得後、インストラクターとして勤務。メンタルケアスペシャリスト、霊気マスター、などの資格も取得、都内でサロンを経営。

第2子妊娠した時に一度仕事から離れ、息子を自宅で出産。その後介護福祉士として介護の仕事に従事するも、50才を過ぎ今後の自分の生き方を考え、セラピストの道に戻ることを決意。

現在は月よみ師としての学びとこれまでの経験を生かして、

役割で生きる女性たちが「個としての輝きを取り戻すこと」をテーマに活動中です。
Return Top