月よみ

ダイエットの味方に月やせフードを活用しよう! 満月(+)&満月期(実践レポート)

月を見て思いを馳せながら過ごしている何気ない日常に、月の満ち欠けの意識だけでなく、食生活にも月のエネルギーを取り入れてみませんか?

こんにちは。月よみ師のりえです。
月やせフードについて執筆しています。

月やせフードとは?
月相によって身体に良い食べ物があります。
それをその日に食べると必要な栄養を取り入れやすくなり、体を整えることができます。

月相とは?
https://tsukiyomi-magazine.com/2017/09/15/post-2198/

本日、上弦を迎え、少しずつ満月に向かっていきます。月相は7です。
上弦から満月に向かっていく満月(+)期は肝臓に月のエネルギーが入ります。

出会いや引き寄せを効果的にするために、ゆったりとした気持ちで食事を楽しみませんか?

痩せようと思っても、早食い、大食い、一気食いをしてしまうと、残念ながら体重が減りません。
さらに、満ちていく月は身体が色々な物を吸収して蓄えようとします。同じように食べたとしても、普段より太りやすくなります。

せっかくなので、普段食べている時よりも、よく噛みながら食事をしましょう。

そして、月やせフードを活用することで、食卓も彩り豊かになり、身体にとって必要な栄養を補給し、身体を守ってくれます。
さらにダイエットに繋がれば嬉しいですよね?

月相7(上弦)の月やせフードについて

今回の月やせフードは食物繊維が豊富です。

食物繊維が多いので、食べすぎを防ぎ、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が整うとお肌も綺麗になります。

そして、月やせフードは、その月相の日に食べるのが一番ベストですが、こだわりすぎる必要はありません。
それよりも、ダイエットに成功した姿をイメージながら、楽しんで食べてくださいね。

月相7 きくらげ・・・キノコの一種。低カロリー。ビタミンDが含まれているので、骨や歯を強くしてくれるので、骨粗しょう症予防にも効果的。食物繊維も多い。クセがないので色々な料理に使える。

今回は月相7の食べ物について書きましたが、その他の月相については記事の最後にある過去記事をご覧ください。

月やせフード実践継続中

私が月やせフードを取り入れ始めたのは2月の上弦の月からで、現在まで続けています。

私自身、最初に月やせフードを取り入れるまでは「ちょっと面倒かな?」と思っていましたが、やり始めたら意外と簡単ですんなり取り入れることができました。

取り入れ方は5つの手順です。

本日の月相を調べる。・・・月齢とは違いますので注意が必要です。
月痩せフードを見る。・・・前回の記事を参考に。今、食べるべき食材がわかります。
食材を手に入れる。
食材を調理する。
食材を食べる。

今回は上弦(月相7)~満月前日(月相13)まで、満月(+)期の7日間のレポートです。

今回も1.3kg減りました。体調が良く、運動をしたわけではありません。
結果的に、月やせフードを取り入れながら普段通りに食べました。

実際、2月からスタートしていましたが、何か月も上弦~満月前日までは本当に何を食べてもあまり体重が減りませんでした。

下弦になると痩せるのに、上弦は痩せにくいのを身をもって体験しました。

さらに、月やせフードの中で食べたくても食べられない月相10の月やせフードの牡蠣。
貝類のアレルギーがあり、本当に少しずつ、体調を見ながら、食べられるようになりました。
まだ、怖くて牡蠣以外の、他の貝類(アサリ、シジミ等)は食べていませんが、月やせフードのおかげだと思います。

実践レポートを書くにあたり、運動と食事を一緒にすると今まで以上に体重は減ると思います。
運動によって痩せたのか、月やせフードで痩せたのかが分かるように、今は食事だけにしています。

バランスよく、美味しく食べ、体重が減るので地道に続けることで効果は出ると思いました。

※私個人の体験に基づく内容なので、結果についてはそれぞれだと思います。

月やせフードを継続して4か月、久しぶりに10年以上前の体重に戻りました。
毎日続けることで、身体が痩せやすい身体に変化しているのだと思います。

今回で、実践レポートが終わるので、月やせフードを取り入れながら、運動を再スタートさせたいと思います。
食べながら、痩せるを目指して、月やせフードで身体に必要な栄養をプラスしてみてくださいね。

ありがとうございました。

ライタープロフィール

りえ 月よみ師®
鹿児島県在住 。両親と3人暮らし+猫1匹。管理栄養士。

病院で医療スタッフとして働いていたが、地域の方々の病気予防に携わりたいと思い転職。現在は地方公務員の管理栄養士として、地域住民の方を対象に、健康になるための生活改善アドバイスをしている。変わりゆく時代と食の変化について考える中で、月が体に及ぼす影響を知りたいと思い、学び始める。

私たちの体は食べたものでできていいます。食べることを意識し、太陽や大地、月などの自然の恵みを受けて育った野菜・果物などに感謝することが、健康になるための第一歩です。月よみを通して、健康になりたい人のお手伝いができればと思っています。

月星座水瓶座。旅行、ショッピング、菅田将暉が好き。
Return Top