月よみ

宙(そら)模様お伝えします。<月は水瓶座を運行中>

皆さま、こんにちは~!
月よみ師®で“実践ホロスコーパー”の笠原祥子です。

本日は七夕ではありませんか♡

なんともロマンティックな日にwebマガジンを担当できて光栄です♡

さて。
わたくしは普段、「ホロスコープと対話をし、原理原則に基づく実用的な方法・アドバイスをお伝えすることで、
皆様の現実を変えるお手伝いがしたい」
そんな想いで日々活動しております。

詳しくは、↓ブログ↓をご覧ください♪
https://ameblo.jp/ha-alashow

月よみwebでも引き続き、星よみ(占星術)の視点を踏まえた“月よみ”をお伝えして、皆さまの今をより美しく彩るお手伝いをしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ホロスコーパーショーコの水瓶座解説。

現在(7月7日)、月は「水瓶座」を運行中です。

占星術では、それぞれの星座には守護星(ルーラー)と呼ばれる「お守りのような惑星」が割り当てられていて、
水瓶座の守護星は「天王星」です。

ただ、天王星が発見された1781年以前、水瓶座の支配星は「土星」でした。
今でも「水瓶座の支配星は土星である」と考える占星術家の方もいらっしゃいます。

ここで「土星」を引き合いに出した理由は、この後で書きますね♡

水瓶座は“自由、個性、革新の星”である天王星を支配星に持ち、既存のルール、枠組み、支配関係に「隷属」しない星座です。

「ほんまなん?」「誰が言うたん?」

コレが水瓶座の世界です。

「たとえ運命が決められたものだとしても、そこに縛られず、運命に抗ってでも生きたいように生きる」
そんな強い想いが、水瓶座の象徴なのかもしれません。

それから、水瓶座は“嗅覚”に秀でています。
「何かにおう。」という敏感さ、空気が読める・場を読む才がある。

「感覚に優れる」という点では、牡牛座とも少し似ています。

ただ、「わたしの心地よさやこだわり」な牡牛座の感覚に対して、水瓶座の感覚は「第三者的」です。

そう。「当事者ではない」のです。
一歩引いて、ちょっと遠くから見ている感じ。
水瓶座がしばしば「クールだ」と言われる理由が何となく分かります。

ただ、第三者だから「ほんまなん?」の視点が持てる。
一歩引いて見るから「YES or NO」じゃなく「第三の案」が見つかる。

これこそが、水瓶座の真骨頂ではないか、と感じるのです。

土星と天王星と山羊座と水瓶座と。

二日前の7月5日は山羊座で満月でした。

満月のホロスコープは、「目の前に起こる現実、身近なリアル」と「まだ見ぬ未来、未知なる世界」との拮抗を感じる天体配置です。

「第3ハウス」という知性や情報、コミュニケーションがテーマの場所には、月を始め4つの惑星があり、月以外の星は「逆行中」。

※逆行とは、地球から見た時に、惑星が逆向きに運行しているように見える現象のこと。

加えて、水星も逆行中なので、

「今目の前のこと、過去のことばかり考えてしまう」
「思考がクリアじゃない」
「動きがなくて、停滞しているように感じる」
「同じことをグルグル考えてしまう」

ここ数週間、こんな感覚の方が多いかもしれません。

ただ、満月図では「天王星」がピリリと効いていて、
「おーい!こっちに確かに明るい未来があるぞ~!」
ってことを伝えてくれています。

今年3月、土星が水瓶座に移ってからこれまでの約3ヶ月間で、社会は激変しました。
今までの普通、当たり前、常識が通用しなくなりました。
「元には戻れない」感も諸所に漂います。

ただ、ネガだけではなく、ポジな「戻れない感」も確かにある。

今までなら我慢できていたことに対して、「それ、必要?」を考えられるようになりました。
「~べき」「~なければならない」と思ってやっていたことに、「無理です♪」「できません♡」を伝えられるようになりました。

山羊座は強い“責任感”を持つサインです。

その責任は「想い」なのか?それとも「重い」なのか?

もしも、重荷を責任だと思い込んでいるならば、その荷をほどき、要らないものを捨てましょう。


年末から始まる「風の時代」は、「水瓶座の時代」と言っても間違いではありません。
来る未来に備え、できるだけ身軽になっておいてくださいね。

月は天王星と葛藤の配置で、火星と金星はランデヴー♡。

満月を越えて、月は土星と重なりながら進み、ちょうど本日(7/7)は、天王星と「葛藤の配置」を描きます。

先ほど、水瓶座は「場の空気を読める」と書きましたが、ここ数日は、それができにくくなります。
つまり、「空気が読めない(KYは死語ですか!?)」人になりがちですので、少し意識されてください。

それから、一年に一度の逢瀬の日を象徴するかのごとく、金星(女性性)と火星(男性性)が良好な位置関係にあります♡

金星⇔火星の組み合わせは、すぐに「恋愛」を連想しがちだけど、それだけじゃありません。
ぜひとも前向きに活用したいので、いくつかアドバイスを書きます。

・クリエイティブな趣味、活動をする
→何かを作るだけじゃなく、芸術やアートを鑑賞するなどもOK
・話題のレストランやカフェに行く
→スパイスを使った料理や流行りのスイーツのお店が◎
・近所をウォーキング、ランニングする
・オンラインフェスに参加する!
→本当は生でコンサートやライブに行けるとベストだけど

これらは7/20頃まで有効です。
ピンとくるものがあれば、ぜひ気軽に取り入れてみてくださいね。

ということで!
皆さま素敵な七夕をお過ごしください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。深謝。

ライタープロフィール

笠原祥子 月よみ師®
楽しく星をよみ、おいしくビールを飲む人。笠原祥子です。
36歳、シングルマザー。
生まれは岡山、現在は千葉に住んでいます。

2018年3月。
「西洋占星術」との出逢いをきっかけに、人生ジェットコースター。

“魂の青写真”と呼ばれるホロスコープが教えてくれる世界は、底なしに奥深くてお
もしろくて。

「星よみを通じて、わたしの今を輝かせたい!」そう強く感じるようになり、13年半
の会社員生活を2019年10月で卒業。

現在は、“好きなことを生業にする”という新たな人生の目標に向けて、勉強と発信の日々です。

ホロスコープは自分を信頼し、自分の価値を知ることのできる最適ツール!
まさに“宇宙からのギフト”です!

ホロスコープからのメッセージを読み解く楽しさを、一緒に体感しませんか?
Return Top