月よみ

「小さくまとまるな!」7月の月からの雄叫び、まだ間に合いますよ!

月よみ師 陽菜(ひな)ヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

6月21日に太陽がかに座入り。その日は夏至であり、かに座新月でもありました。
今日7月10日は、かに座の季節のピークを迎えています。
かに座の主張感がすごいです。

かに座って、月のホームでもあるのです。のびのびとくつろげたり、
実力を発揮しやすかったり、自然に振る舞えるのですね。
月のエネルギーはわたしたちの心に作用してきます。
7月の月がどんな事を言っているのか、追いかけてみると

「小さくまとまるな!」

ん?どういう事?
さっそく物語を開いてみましょう。

「わたし、頑張りますわ」


7月に入ってすぐの月が、こう宣言していました。

何を頑張るのでしょう?

まずは太陽のお話から。
わたしたちは太陽の1年の動きを通して、様々な体験をします。
経験が血肉となって、現実世界の体と心の器を、何度も何度も作り
成長させていきます。ここに魂の願いが入り込んで、地上の器と天の魂が一体化します。こうして「現実」として顕現化され、経験となっていきます。
これが、天空での季節の巡りの意図です。

おひつじ座・春分から始まる太陽の旅は、一つの星座に約1ヶ月滞在し、次の場所へと移っていきます。今いるのは、4番目の体験場所である、かに座。
ここは、器の大きさが決定される場所。器とは、活躍するフィールドや、魂の願いを受け取る入れ物として、心や体の安定した状態のことを指します。

心の安定を示す天体といえば「月」になります。
2020年前半は、想いもよらぬ「ステイホーム」によって、
多くの方々が、本来するべき体験の方向転換を余儀なくされてきました。

「風の時代」がやってきた、そうお聞きになった事はあるでしょうか。
まさにこのステイホームの時期は、風の時代の走りと言ったようにも受け取れます。

風の象徴するものは、軽やかな流れ。現実的な物質よりも、革新的な技術の進歩によってスピーディな情報交換がなされ、何かに固着することはよしとされない風潮が現れ始めています。
良いか否か、好きか否か。
それを明確にしながら、器を拡げていくのが、新時代のやり方になっていくでしょう。
そんなはっきりしたジャッジを批判するものではありません。

それでも忘れちゃいけないものがある。

時代は新しくなる。世の中のルール、正義感が今変わろうとしている。
いや、本当に外での物理的な人との距離とか、接し方の正解ってどこにあるのか、模索中ですよね。

そんな中、自分の大切なものを大切にするという「信念」は
忘れちゃいけない、そういう月の主張が、7月1日の天空模様に
現れていたのです。
「風」が多過ぎると、瑞々しい「情」の部分がカラカラに乾いてしまいます。
「月」のホームかに座は、水の星座。程よくバランスを取るべく、
「わたし、頑張りますわ」そう月からの声が聞こえた気がして、
感動してしまいました。

7月今後の月の動きを追ってみます。

☆10日の月は「癒し」のポジションにいます。
ご自身のホッとする事、安らぐ事などを何か取り入れてみてください。
ちなみにわたしの今日の「癒し」はお風呂でゆったり瞑想する事かな。ちょっと楽しみになってきました。
お買い物とかお食事などで安らぐなら、近々、それもぜひ実行してみてくださいね。

☆13日おひつじ座で下弦の月
そろそろ、次なるしし座の季節に向かって、他の天体たちも準備を始め流頃です。太陽のお使いでもある、水星が本来の動きを取り戻しました。
太陽の意思力を伝達する、表現力の発揮です。これが太陽には心強いのです。
その水星と月がメッセージを送り合っています。

「自分の大切な想いに純粋であれ」と。
下弦期に入るこの頃から、ご自身にとって不要なものの削ぎ落としが強まります。
遠慮なく身軽になりましょう。
でもこれがなかったら、後悔しそうだからと躊躇しちゃう気持ちも、
よくよくわかります。必要ならまた出逢える、そう信じてください。
月の応援は、本当に必要なものだけに注がれます。

☆21日かに座新月
この配置がまた、イキなのですよ。6月に始まったかに座の季節を、最後の最後にまたホームに戻って、太陽と重なるのです。
心と体を一致させ、次のしし座へ太陽を送り出すべく、自ら歩み寄って行く姿が、何とも心憎いばかりです。
その後、一足先にしし座へと移り、翌日22日太陽をしし座へ迎えます。

しし座は太陽のホームです。
そこで自尊心を育みます。これこそが自分であるというプライドや、
光を与えるのは、自らの輝きであるという使命感が目覚める事もあるでしょう。

かに座の季節に十分に拡がった器の上に宿る心です。

どうやって器を拡げるのか

器を拡げると言っても、そんな簡単に出来るのですか?
具体的にどうしたら良いのですか?

そんなお声もごもっともです。

ここで月の声を聞いてみます。

「それでも忘れちゃいけないものがある」
そう前述しました。
そこには、その価値観は、本当にあなたのものなのですか?
という問いかけがあります。

器の大きさは、自分の居心地の良さで決まります。
成長途中の子どもに、大きすぎる靴は危険でしょう。
かと言って、ぴったりすぎても、すぐに履けなくなるかもしれません。

自分にとっての最適なもの、本当に大切にしたいもの
これらを見直してみるきっかけの季節が今なのです。

なので、実際に器替えが起こる実感があるのは、もっと先かもしれません。
それでも、そういう季節かと知って取り入れてみると、意識は反応します。
望む人生を手に入れる王道かな、と感じます。

オススメエクササイズ

7月中にオススメなのは、書き出しエクササイズです。
お好みの紙に、自分の大切と題して、書き出してみてください。
ポイントは「骨盤を立てる」ことのみ。
良い姿勢で臨んでみてください。美しい姿勢は、円滑な思考を産んでくれます。

このエクササイズはいつでも、何度でもトライできます。
書き出すだけですから。

ここで、

わたしなんて、やっぱり無理
自信なんか、ちっとも湧いてこない

もしそんな言葉が浮かんでも
それも否定せず、書き留めてください。

それが浮かぶのが、今の正直なあなたの姿です。

月はこれを悪いだなんて感じません。
そんな感情から目を背けず、そこからどうなっていきたいか、
ここに想いを馳せて欲しい、応援はここにあります。

書いて書いて書き出して
どんな自分を見るのか、味わう。
これをやり切った先には、ご自身が心地よいと感じる器が
用意されていることでしょう。

「小さくまとまるな!」
7月の月の言葉を噛みしめたいと想います。

=====

「月よみ個人セッション」お受けしています。
お誕生日からわかる、月や太陽を始めとする
あなたの星は、あなたの成分表のようなもの。
どんな要素を持ち、どんな風に導かれるのか、分析してみたい方へ

月よみ個人セッションのご案内はこちらです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/thukiyomi831

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top