月よみ

臓器時刻で肝臓ケア

最近よく耳にするようになったオンライン飲み会、帰る時間を気にすることがないので、ついつい飲み過ぎてしまい、二日酔いが続いてしまう。そして、なんか調子悪い・・・

あなたの肝臓、大丈夫ですか?

こんにちは月よみ師 エンドウ ミオコです。

2020年8月1日は 満月(+)期:半月(上弦)から満月を迎えるまでの時期は 肝臓を整える周期です。

「臓器時刻」という言葉は聞いたことはありますか?
実は臓器は2時間ごと順番に、それぞれ活発に働く時間帯があります。
順番は肺から始まり最後が肝臓です。

肝臓ケアの2つの重要なポイント

一つ目は、肝臓時刻:夜中の1時から3時
二つ目は、睡眠

以下、自然治癒力学校理事長:おのころ心平氏のブログから一部をシェアします。

肝臓が蘇生するのは、
1時~3時、寝ている間。
この時間が、
肝臓が肝実質を増やすのに
もっとも重要なのです。

1時~3時、
せっかく肝臓の蘇生力のあがる
この時間に起きていると、
肝臓を疲れさせ、
ホルモンの分解が
十分できなくなって、
ほんとうは分解されるべき
ホルモンがカラダを循環し続け、
起こさなくてもいい作用を
起こしてしまうのです。

この時間は、
本当に寝てあげて下さい。

昔と違って、
肝臓を取り巻く環境は
大きく変わりました。

人工的で、
分解が難解な食品が増え、
夜も煌々と明かりが灯っています。

肝臓にとっては、
かなり忙しい状況になっています。

心を亡くすと書いて「忙しい」。

イライラしたり、怒りっぽい時は
しっかり睡眠をとるように心がけましょう。

感情からのサイン

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ自覚症状が表れにくい臓器です。
肝臓と怒りの感情の繋がりは良く聞きますが
感情は、からだからのサインでもあります。

なんか、ムカつく!!とか、腹が立つ!!という怒りっぽい感情に気付いたら、怒ってもいい。けれど、外に当たるのを一旦やめて、あれ?もしかして肝臓が弱っているのかな?肝臓が疲れているのかな?と、自分の身体と対話して、お風呂に入って身体を温めて、ゆっくり休んでたっぷり睡眠をとりましょう。

身体を温める。ゆっくり眠る
これが肝臓の疲れを回復させる重要なポイントです。
更に、夜中の1:00~3:00を含めた睡眠時間と、時々お酒の休肝日を作ってあげると沈黙の臓器と言われる肝臓もきっと喜んでくれると思いますよ。
(沈黙の臓器の言葉のニュアンスがちょっと違うかも^^ )

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ライタープロフィール

エンドウ ミオコ 月よみ師®
JAA認定加盟校「あろまライフ幸華」主宰

家事、育児、仕事と何かと忙しい日々。
やっと子供の手が離れたと思いきや、更年期障害、そして介護。いろんな面で忙しい。
そんな40代50代は、人生の折り返し地点です。
元気な自分に戻って、もうひと頑張りしたい。

そんなあなたを、アロマと月のパワーで応援しています。

ずっと頑張り続けた人生に少し休憩を挟む事も大切です。
まずは、アロマを使って自分のケア。
その自分のケアが技術になり、人に伝えられるようになる。
そして人に教えられる楽しみが増える。
そんな女性の「これからの人生」をサポートしていきます。
Return Top