月よみ

「それってどうなの?」みずがめ座満月がもたらす美学とは?!

月よみ師 陽菜(ひな)ヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

月は今日、みずがめ座で満月を迎えました。
満月、とても心躍る響きです。
あなたのココロにも、きっと美しい光が届いていることでしょう。

これは年末に起こる「風の時代」への前哨と言えるかもしれません。

と言うのも、しきりに月の声が届くのです。
「それってどうなの?」
この意味をご一緒に紐解いてみましょう。

「個」と「社会性」

月は、自分の心、内面を育むものであり
太陽は、経験のための動力、進む道を照らす光
月と太陽は「個人」を形成する代表選手です。

個に対応するのが、社会性。
これらの象徴が木星と土星になります。
この位置や関係を見ることで、社会の大まかな傾向を掴んでいきます。


木星は12年、土星はほぼ30年と言う周期で、太陽の周りを1周します。
長いスパンがあるので、世の中の流れを読むことが出来るのです。

周期の異なる木星と土星が、グッと近づき、重なるように見える現象があります。
グレートコンシャンクションと呼ばれ、20年に一度起こります。

それがガッツリと今年の年末にやってきます。
20年の節目。しかも2020年を皮切りに、以後250年に渡って「風」の星座で起こることも手伝って「風の時代」がやってくる、と言われているわけです。

2020年12月19日木星と土星が重なって見える現象となる、グレートコンジャンクション 、これがみずがめ座を舞台とします。

今回8月4日の満月がみずがめ座。
社会現象が、みずがめ座的要素を大きく含むようになるなら、
個としても意識する準備をしてもいいんじゃない?と言う月と太陽の配慮が
聞こえてくるようです。

みずがめ座って?


12星座の11番目。
ココロの学びとしては、成熟の場所です。個人の成長をすでに超えて、
集団、グループとしての分かち合いを重要視します。

風の星座というと、ふたご座、てんびん座、そしてみずがめ座。
全般に理性と論理と言った「思考」に重きを置きます。
特にみずがめ座は動きの激しい風の中でも、安定感があります。
自分の頭で考え、肚落ちするまで考える事をやめません。
「なるほど」って、心から言いたい。

人間関係でも自立と対等感のあるお付き合いを好むようになります
物事の仕組みを見出すことに歓びがあるため「差」は違いなだけです。性別や優劣といった分け隔てはなく、公平に物事を見るココロを、とても大切にします。

好むキーワードは「自由」。
集団の中で、いかに「個」を「正しく」結びつけていくのか、
ここに非常に強いこだわりがあります。

前述した安定感とは、安住ではありません。
むしろ同じ場所に止まることは「ムリ」でしょう。
風は揺らめき、運び、運ばれていくもの。

納得感なく、人に合わせることはありません。
潔癖なまでの純粋さを信条とし、それはみずがめ座にとって
絶対的な美学として存在します。

みずがめって水のイメージなのに、風の星座なの?

星座は、火・地・風・水の4つのエネルギーに分類されます。
なんでみずがめ座が風なのか、不思議でした。

みずがめの中にあるのが水。
自ら形作れない水を集め、人々が使えるように、ためておく器です。

水とは
感情、涙、欲望・・・
生命力の源です。
でありながら、うっかりすると、何もかもを呑み込んでしまう
危険性もはらんでいたりします。
豊かな命の資源として形を与え、運べる器。
それがみずがめ座の風のエネルギーとしての役割のようです。

そこから見えてくるのが、理性と論理性に満ちたみずがめ座の中に
隠れているもう一人の自分です。

実は・・・

自由を好みつつも寂しがり屋さん。いろんなものを手に入れたいし、
実は実は、注目して欲しいところもあって、
ちょっぴりワガママ気質も持ち合わせています。

これって、

そう、みずがめ座の真反対に位置する、しし座の気質でもあるのです。
今回、しし座の季節真っ只中での太陽エネルギーを受けての満月ですから
しし座的ワガママさも、クローズアップされるかもしれません。

ここで、美しい月光を眺めて見て欲しいのです。雲の向こうならイメージしてください。

わたしたちは、しし座のエリアで、個の完成から自己表現を起こし、
社会性に交わる行動をし始めます。
みずがめ座は、いったんその前のやぎ座で完成を見た社会構造すらも.
もっとよく機能するために、時代に左右されない美しい普遍性の追求をしていきます。

しし座とみずがめ座は、180度真反対のエリアから、同じテーマに取り組む
宿命を持っているのです。

みずがめ座の美学を追求するエクササイズ

ここでは「ワガママ」さにフォーカスしてみましょう。
ワガママをするのは、実ははばかられることかもしれませんね。

ワガママとは「我が意のまま」と言うことですね。
あなたは「我が意」をしっかり認識されているでしょうか。

自分が何が好きで
何は嫌か

嫌なことは手放しましょう。

そんな風潮もあります。
確かにそれが出来ることが望ましいとは想います。

でもね、

嫌なことでもやらなければならない時ってないですか?

そこに無自覚でいる時、傷つくんだと想うのです。

ねむの木:花言葉は「歓喜」

何が嫌なのか
それでも歓びが見出せないか
はっきりと自覚してみましょう。

「我が意」がそこにあるかが大事です。

みずがめ座には、誠実な優しさ、損得を考えない献身さ
そして、何かに対して「ノー」と言える美学が内包されています。

何に歓びを見出し
何にノーと言うか

「我が意」のままに書き出してみてください。
「我が意」のままに行動してみましょう。

風の時代への前哨戦です。

どうぞ月よみ生活でよき8月をお過ごしくださいね

=====
「月よみ個人セッション」お受けしています。
お誕生日からわかる、あなたの星は、あなたの成分表のようなもの。
どんな要素を持ち、どう自分を形成していきたいのか、分析してみたい方へ

月よみ個人セッションのご案内はこちらです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/thukiyomi831

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top