月よみ

【月星座別】生まれ持った、その才能の活用法!-おとめ座編-

月よみwebにいらしたみなさま、こんにちは。月よみ師の、のりです。
2年前、ひょんなことから引き受けたPTA役員の経験。
そのときに感じた、「一人一人が自分の才能に気づくことで、世界は豊かになていく!」という想いから、月星座に隠れている「その人が生まれもてきた才能」についてお話しています。

あなたの才能を教えてくれるのは、あなたが生まれた日のお月さま

あなたが生まれた日、空には月が輝いていました。
太陽と同時に昇てきて、目には見えない日もあるけれど、必ず空に月はいました。

あなたが生まれた日、お月さまは空のどこにいたでしょうか?
空に見える沢山の星々の中、太陽の通り道にある星座を目当てに、昔の人々は占星術を編み出しました。
宇宙のエネルギーが、どの方向から、どんな状態で地球に降り注ぐのか?長年研究し、編纂されてきました。

その中でも月は、地球から一番近く、私たちにとてもとても身近な星。
占星術でも、日常的に無意識に繰り返す行動や、日々移ろう心もようを反映しています。
あなたの無意識なしぐさ、子どものころから当たり前に繰り返し、身に馴染ませた事柄を表します。

あなたが生まれたその日、月があなたに手渡したエネルギーは、月の向こう側にある星座のエネルギー。
その性質を知ると、例えば他の人は意識的に身に付けなければならなかたことだけど、あなたは子どものころから当たり前にやていた、そんな才能が見えてきます。

今日の月は、おとめ座の光を受けて、地球へとエネルギーを送ています。
そんなおとめ座のエネルギーを受け取て生まれてきたあなたに、その才能はどんなものなのか、どうしたらもと活かすことができるのか、お話を綴ていきましょう。

おとめ座~あなたがいるから、世界はスムーズに回りだす~

おとめ座の性質。
まずは、他の人では見逃してしまいそうな細やかなコトにも気づく几帳面さ
そして堅実性が高いので、夢想の世界に逃げてしまうのではなく、現実的な対応を得意としています。
目の前で様々に起こる出来事に、あなたはそつなく対処します。

また、12星座の中でも唯一「減らす」ということができます。
日々営まれる日常生活には、知らず知らず雑多な物事がいつの間にやら積み上がてしまいますが、早いうちにそれに気づくことができるのはおとめ座さんならでは。
そして、気づいたらすぐに「これは要らない」と対応できるのが素晴らしいところ!

そんなおとめ座さんの才能が発揮されるのは、PTAで例えるなら庶務さん。
マニュアルには載り切らない細やかな心づかいで、意識されないくらいスムーズな活動をサポートします。
整理整頓も得意だから、「こんなにスッキリと片付いていてステキ!」と言われることも多いのではないでしょうか?
多くの人が共同で使う場所、家のリビングや職場の備品庫も、おとめ座さんの手にかかればどこに何があるのか明確なスースに変身するでしょう。

おとめ座さんは、少し理想主義的なところがありますが、だからこそ他の人には見られない着眼点で改善の余地を見出します
物事の問題点を見つけることが、とてもとても上手なのです。
しかも、「ここを直せばこんなに良くなる!」とハッキリ言葉で示すことができます。
どれだけ理想論を述べられても、結果を想像できなければ、人はなかなか動きだせないもの。
それを言葉にして伝えられるおとめ座さんは、物事が進んでいくうえで、いなくてはならない存在なのです。

おとめ座さんの才能は、残念ながら周りに気づかれにくいかもしれません。
ひょとしたらあなた自身にも、気づきにくいかも?
それくらい、ナチュラルにサポート役をこなしていて、かゆいとこに手が届く環境を作りだしているからです。

ですが、あなたがいないと回らないのです。
あなたがいないと、雑多な物事にまみれて動けなくなてしまうのです。
そんな状態になたとき、人々はあなたの才能に気づきます。

いえ、本当はそうなる前に気づきたいですね。
ですから、あなたの感じる理想を、人に話してみてください。
「ここは、こうしたらもとよくなる」
あなたならではの目線で、言葉にして伝えてください。
それだけで、世界は今よりずと軽やかに、スムーズに動いていくのですから。

今日も、空には月が輝いています。
昨日の新月を経て、太陽が沈むそのすぐ後を追いかけるように、細く細く細い月が輝いています。
お月さまが与えてくれる「物事を整えるチカラ」が、今日はあなたにも届いていますよ♪

ライタープロフィール

のりっぺ 月よみ師®
東京都下に生まれ育って約40年。 小学生男児を一人育てるシングルマザー 。
幼少期から占いおまじないが大好きだったけど、なかなかピンとこなくて自分探しばかりの人生。
好きなことや情熱をささげる何かってなんだ?! なんて思いながら事務職続けて十数年。
ふと受けてみた四柱推命鑑定で口から飛び出したのは「私って占い師に向く星は持っていますか?」
やっぱり、見えない世界のことが好きなんだ、と改めて自覚しなおし、たどり着いたのが「月」でした。

月から学んだ「見えている世界」を支える「見えない世界」をご案内しています。
ただの長い糸から形を作り出し、心や身体を温めたり美しく飾る、編み物が趣味♪
Return Top