月よみ

開運のカギは“氣”と月星座にあり!
~てんびん座から気づくこと~

こんにちは。
加藤香里改め、月よみ師KAORIと申します。
どうぞよろしくお願いします。

さて、あなたは、「パートナー」と聞いて、誰を思い浮かべますか?

この記事を読んでくださっている方の多くは女性の方。
ご主人やお付き合いしている彼を思い浮かべる方が大半ではないでしょうか。
もちろん、仕事上のパートナーを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

今日は「てんびん座×氣」をテーマに、てんびん座のキーワードの一つでもある「パートナーシップ」について、私の経験を交えての“気づき”をお伝えしようと思います。

今回は目に見えない存在「ご先祖様」から教えてもらったこともお話ししますので、この手の話があまり得意でない方はスルーしてくださいね。

てんびん座の調和するエネルギーを感じて

てんびん座といえば、好感度抜群の星座。

<主なキーワード>
バランス感覚
社交性
美意識
パートナーシップ
調和
正義

では、月星座をてんびん座に持つ人って、どんな印象でしょう?
今回は、私の身近にいる月星座てんびん座さんを例に挙げてお話したいと思います。
(月星座についてはこちらをご参考ください)

まずは、何といっても行動がスマート!
何が起きても落ち着いていて、慌てたところをを見たことがありません。
どこかあっさりしていて、感情に左右されることがない印象です。
かと言って、冷たいわけではありません。
気持ちに寄り添ってくれた上で、客観的にアドバイスもしてくれます。

人当たりがいいので、嫌われることは滅多にないと思います。
でも本当は、見えないところで人とうまく付き合っていくための努力をしているのでは?そんな風にも感じます。
最も、当の本人は自覚がなく、努力を努力と認識していないかもしれません。

そして、さりげなくお洒落。
派手ではなく、センスの良いものを選んでいる感じがします。
自分に似合うものを知っているのでしょうね。
守護星を金星に持っているのもうなずけます。

そんなてんびん座さんにも課題があります。
それはキーワードの一つでもある
「パートナーシップ」

特に、てんびん座エリアに月がある時期は、そのエネルギーも強く、パートナーシップに影響が出ることもあります。(時期はこちらから調べてみてくださいね)

ポイントは、
「パートナーとのコミュニケーションを意識して取ること」

もちろん、月星座がてんびん座ではない方にも、そのエネルギーは届いています。
パートナーとの絆を深める時期としてそのエネルギーを活用していきましょう。

月星座てんびん座さんへの応援アイテムは、これ!

月星座をてんびん座に持つあなたには、こんなアイテムがおすすめです。

飾り水晶ペンダント

宇宙から、気づきや癒しを与えるエネルギーである真氣光(以降”氣“と表記します)を集め、周囲のマイナスの波動から守ってくれます。

デザインもシンプル。
美意識の高いてんびん座さんならアクセサリーとしてもうまく使いこなせるでしょう。
お守りとしても使えますし、パートナーとのコミュニケーションにも一役買ってくれるはず。
普段なかなか言えない「一言」も、飾り水晶がそっと背中を押してくれますよ。

気になるパートナーとのご縁。繋いだのは?

さて、本日の本題に参ります。

パートナーとの出会いや結婚は、偶然やタイミング、そして自分たちの意志で決めた、と思うのが普通でしょう。
今回は、出会いや結婚はそれだけではなく、見えない力が働いての「ご縁」だったと感じたお話をします。

以前の記事で、”氣”を受けると、亡くなった魂さんが私を通して想いを伝えてくることがある、ということをお伝えしました。

こちらの記事も参考にしてくださいね。
<ご先祖様に想いを馳せて~見えない存在との幸せエネルギー交流を~>
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/09/23/post-13215/

<本当の自分でキラキラと生きる!かに座下弦の月+”氣“は楽に変われるチャンスです>
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/10/21/post-13387/

ある時、“氣”を受けていると、ある魂さんが私の口を借りて話し始めました。

「…全く、あいつは何を考えているのだ」

…え?何の話??
そのまま魂さんの話を聞いていると、

「せっかくいい人を連れてきたというのに、なぜあいつはこの人を追い出したのだ」

彼(?)はどうやら元パートナー方のご先祖様のよう。
そして、あいつ、というのは元パートナーのことでしょう。

そのご先祖様の話をまとめると、私たちの結婚は、ご先祖様が繋げた、というのです。

しかし、せっかく連れてきた嫁(私)を家から追い出してしまったので、元パートナーを「不甲斐ない子孫」だと思っているようです。

「戻ってほしい」

そう言われましたが、既に離婚していますし、どうしようもありません。
元パートナーを、どうか見守ってあげてほしい、と伝えたのですが、

「それはできない」
「あなたと、あなたの子どもを守っていく」

なんと、思いもよらない言葉が返ってきたのです。

ご先祖様が私の意図を組んでくださっているのかはわかりません。
ただ、事あるごとに、救いの手が差し伸べられていることは今も感じています。

パートナーシップを築く相手はどんな人?

この世に生まれてパートナーになるのって、一体どれくらいの確率でしょうか?
…想像を超えますよね。

一緒にいる時間が長いのだから、自分から特に何も言わなくてもわかっているはず、と思い込んでいませんか?

そもそも他人同士です。
お互いを分かり合っていくには、こまめにコミュニケーションを取っていく必要があると感じます。
パートナーシップを築いていくには、お互いに尊敬の念を持つことも必要ですし、時には忍耐もいるでしょう。

パートナーが結婚相手であれば、ついついロマンティックな想像をしがちです。
素敵なことですが、本当は「学び合いの相手」という要素が強い、そんな風に思うのです。
「愛」がないと、許すことも難しい。
だから、惹かれあったもの同士が「学び合い」の相手として選ばれる、そんな風にも思います。

くしくも、元パートナーは月星座がてんびん座でした。

「当時月星座を知っていたら…」
もっと楽にパートナーシップを築き、今とは違う現実を生きていたことでしょう。

結婚した当初から考えれば、今は想像していた人生とは全くかけ離れた道を進んでいます。
しかし、元パートナーからは多くのことを学ばせていただきました。
辛い経験があったからこそ、今の私があります。

「成長させてくれて、ありがとう」

占星術の世界では、「土の時代」が終わり「風の時代」がやってきます。
「努力や枠組み」の時代から「個性や自由」といった時代に変化していきます。
パートナーシップの在り方ももっと違った形になっていくことでしょう。

月星座を活かしながら、大切な方との素敵なパートナーシップを築いていきましょうね。

また次回、私の気づきをお届けします。
どうぞお楽しみに♪

~今日もあなたの魂がますます光り輝きますように~

ライタープロフィール

KAORI 月よみ師®
愛知県名古屋市在住。氣光師。

学生の頃より自分の病気の手術回避方法を模索する中で「氣」と出会う。

離婚を機に高次元からの気づきのエネルギー「真氣光」の中継を習得し、考え方や価値観が大きく変わる。
意識すること、気づくことで、人生が豊かになることを実感し、さらなる幸せへの道を探求中。

現在は大学生の就職支援に携わり、一人一人の良さを引き出すことに力を注ぐ。
自分の直感を頼りに、閃きで行動する1男1女の母。
Return Top