月よみ

上弦までは、食べる美容液で潤潤〜。

残暑お見舞い申し上げます。
紫陽花と向日葵と秋桜とススキが一緒に咲いている里山から南アルプス古民家魔女のゆかり〜にゃです。
今日は二十四節気の「処暑」です。
「処暑」とは、厳しい暑さの峠を越して朝夕は涼しい風が吹き始め、心地よい虫の声が聞こえてくる頃のことです。

とはいっても暑い毎日ですね。
雨が降るとずっーと降り、暑くなると猛暑になり気候の変化についていくのが大変ですね。
そして、コロナによる感染の不安やマスク着用で
熱中症への注意もより必要となっています。

上弦の月までは、深呼吸!

月は、新月を過ぎて上弦へ向かっています。
新月から上弦の月までは新月(+)期。

何か願いやイメージをして始めてみたことはありますか?

この新月(+)期に影響を受けやすい身体の臓器は、「肺」です。

「肺」といえば呼吸です。

このご時世で呼吸し辛くなっているのは間違いありませんが、今日は、「肺」を潤し元気をもたらしてくれる食物をご紹介します。

やっぱり潤いって大事よね〜。

今日おススメの「肺」を潤し助けてくれる食物は、「はと麦」です。

「はと麦」の効能
・抜群の保湿効果(角層に潤い)
・利尿作用
・消炎作用
・鎮痛作用
・新陳代謝の促進
・滋養強壮
・疲労回復
・抗腫瘍作用
・デトックス作用

「はと麦」は、イネ科の一年草です。昔からイボとりの民間薬として使われています。
漢方の生薬としては「ヨクイニン」と呼ばれています。

お米や小麦の2倍のタンパク質があり、カリウム、鉄分、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのミネラルや食物繊維も豊富です。

そして、女性には、とても嬉しい
「食べる美容液」と呼ばれています!

食べたくなりましたか〜。

肺が潤うと皮膚が潤う。

漢方医学では、肺と大腸は、親子関係のように影響し合います。なので肺が潤うと大腸(皮膚)も潤い呼吸も楽になります。

「はと麦」の摂り方は色々あります。

*簡単に摂りやすいのは、はと麦茶。

*もう少し「はと麦」を身近なものにしていただきたいので、スープやサラダ、ご飯にまぜて炊くなど、ご自分が摂りいれやすいものから是非、やってみて下さい。
※スープやサラダの場合は、まとめて炊いておき、少量ずつ小分けして冷凍にして使うととても便利です。

私も畑で少しだけ「はと麦」を栽培して、お茶にして楽しんでいます。

月が上弦へ向かうこの時期は、体の中から潤って深呼吸しましょう。

暑いと言っても昼間よりは涼しくなっている夜
ちょっと外に出て月を眺めながら涼んでみるのもいいですね。

ライタープロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。
Return Top