月よみ

魂は震えたがっている!
27宿曜別おすすめエンタ~翼宿と軫宿~

こんにちは。
月よみ師®️、スピリチュアルカウンセラーの、あこです。

音楽、本、映画によって五感を動かし、あなたの中の豊かな「共振力」を育むために・・・

宿曜占星術の27の宿それぞれの特徴や、可能性をお伝えしながら、宿に合ったとっておきの作品を選んで、ご紹介しております♪

第6回は、翼宿(よくしゅく)と、軫宿(しんしゅく)です。

★まずは自分の宿を調べてみよう★
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

★前回までのご紹介はこちら★
昴宿→https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/22/post-13655/
畢宿と觜宿→https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/13/post-13868/
参宿と井宿→https://tsukiyomi-magazine.com/2020/02/15/post-14346/
鬼宿と柳宿→https://tsukiyomi-magazine.com/2020/04/12/post-14763/
星宿と張宿→https://tsukiyomi-magazine.com/2020/06/27/post-15200/

今、98%の「眠ったDNA」が目覚め始めている

最近、「月」や「宿曜」など宇宙の叡知に対する注目度がどんどん高まってきていますね。

その背景には、地球の進化のスピードが早まっていることと、それに合わせ人間のDNAも次第に眠りから覚め、どんどん活性化されてきている、ということがあるようです。

ところで「眠りから覚める」とはどういう事かをおさらいしておくと・・・

元々人間には、宇宙存在として、宇宙の自然な流れの中で健康に生き、当たり前にすべての存在や宇宙情報と繋がり、交流できる高度な能力が備わっています。

しかしその能力は、眠っている98%のDNAの中に閉じ込められたまま、長らく休眠状態にあります。

それが今、宇宙のサイクルによって地球の次元が上がることで、少しずつ目覚めようとしています。

そう、目覚めるとは、「自分は力の無い、小さな存在」という思い込みを一掃し、本来の力を取り戻していくことでした。

私たちの無意識の部分はそのことを知っているため、自然と宇宙(自分の内側)へ意識が向いていっているのですね。

「目覚めスイッチ」をオンにする簡単な方法

ではどうすればスムーズに「目覚め」ていけるのでしょうか。

まずは、自分が可能性に満ちた存在だということを自覚し、本来の力を目覚めさせると決めることが最初のスイッチ。

これは皆さんもうされているのではないでしょうか・・・

大事なのはその次です。

頭で考えるよりもまず、何か小さな「きっかけ」を自分にあげることで、次のスイッチを入れることが必要です。

今回は、私もやっている簡単なスイッチオンの方法をご紹介します。

ドルフィンのスピリットと繋がって、喜びのスイッチを入れる方法

ドルフィンは高次意識体としても存在していて、そのエネルギーは自由・遊び・喜びに溢れ、触れ合うことでその人の傷を癒し、喜びを目覚めさせてくれると言われます。

ドルフィンの絵か写真をよく見る場所に貼って、時々それに呼びかけるだけ。

『おはよう』『ありがとう』『楽しいね』『淋しいよ』『遊ぼうよ』
など、何でも、素直な気持ちで呼びかれば応えてくれます。

その時、ドルフィンと自分の間に「エネルギーの橋」がかかるのをイメージするのがポイント!

何も感じられなくても、呼びかけは届いています。
ドルフィンと交流を続けて少しずつ喜びが目覚めていったなら、どんどん楽しいことが流れ込んで来るようになるでしょう。

人や物、情報など、あらゆる「喜びの種」がもたらされ始め、同時に、芸術やエンターテインメントへの感度が高まってくるのを感じるかもしれません。

普段、なかなか「思考」をやめられない私たち。

頭から離れ、ただ感覚に身を委ねる喜びを味わうことほど、目覚めを加速させることはありません。

私はエンターテインメントをご紹介することで、皆さんがその素晴らしい波動に触れて、喜びを感じ、より目覚めていくことをお手伝いしたいと思っています。

それではエンターテインメントのご紹介です♪

魂を震わせよう!27宿曜別おすすめエンタ

●翼宿●

☆音楽 「波乗りジョニー」サザンオールスターズ
https://youtu.be/K0-Dm4wMJpQ
共振ポイント・・・意志と創造性の翼

翼宿の人は、その名の通り翼を授かっています。
「意志と創造性の翼」を。

それを使って大空に羽ばたいた人、、それが歌手・桑田佳祐です。

高い志と能力を持ち、納得するまで物事をやり抜く強さを持つ翼宿には、「人々の幸せのお手伝いをする」という役目があり、そのために、どこへでも飛んで行ける翼を持っているのです。

特に音楽などの創造的な分野で羽ばたいている人が多くいます。

桑田さんが、歌手として42年間、羽ばたき続け人々を幸せにする姿は、まさに翼宿を体現していると言えるでしょう。

この曲を選んだ理由は、MVの中で、桑田さんの見えない翼が見える気がするから。

軽やかながら、細部までこだわり抜く完全主義的なところも翼宿的です。

まず波乗りのシーンで、その背中に翼が見えてきて、、
次のライブシーンでは、ますますハッキリと翼が見える気がしてくるのです、、

そしていつの間にか、翼を分けてもらったみたいに、幸せになっている自分に気付くのです。

翼の人よ!ありがとう!

『  青い渚を走り
恋の季節がやってくる
夢と希望の大空に
君が待っている  』

☆本 「リトルトリー」フォレスト カーター
共振ポイント・・・壮大なスケール

この物語と翼宿との共通点、それは風格と威厳、スケールの大きさ。

そして主人公のインディアンの少年トリーには、翼宿らしい資質が見られます。

それは、ぶれない信念、強い心、旺盛な好奇心、背中に翼があるように自由に飛び回れる軽やかさ、などです。

そういった資質を、トリーは周囲の人々の深い愛の中で育み、育んだものを人々の中で還元していきます。
そうやって強い心を還元し、周囲に喜びをもたらしていく姿は、まさに翼宿的な在り方と言えるでしょう。

またこの時代のインディアンの人々は、人間本来の「正しい行い」についてヒントをくれています。

自分の正義を貫く翼宿にとっては、この本が、「本当の正しさ」について、再び見直す切っ掛けをくれるかもしれません。

『  なにかいいものを見つけた時、まずしなくちゃならないのはね、
それを誰でもいいから、出会った人に分けてあげて、一緒に喜ぶことなの。

そうすれば、いいものはどこまでも広がっていく。

それが正しい行いってものなんだ。』

☆映画 「リトルダンサー」
共振ポイント・・・夢をつらぬく力

古びた炭鉱の町に暮らす少年ビリーの物語。
このビリーがとても翼宿的です。

ダンサーになるという夢を叶えるべく、一心に突き進む勇猛果敢さ。
高い志を持ち、頑固なまでに信念を貫くねばり強さ。
そして何より、人を惹き付ける魅力と創造性、、、
それらの力を翼にして、ビリーは人々に喜びを与えるダンサーへと飛躍していきます。

翼宿の強い意志の力、それは情熱を貫くための「折れない翼」

翼宿は、折れない翼を、自分のためだけではなく、人々の幸せを手伝うために授けられています。

『 鳥のように空を目指し
鳥のように大空を飛ぼう
太陽に羽ばたく大鷲のように
風を切って大空を飛ぼう 』

●軫宿●

☆音楽 「スタンド バイ ミー 」ベン・E・キング
https://youtu.be/bVyJDINH3NI
共振ポイント・・・寄り添う力

ベン・E・キングの素朴で温かな歌声が心に沁みる名曲。

私自身、この曲にはどれほど慰められ、励まされてきたかわかりません。

これを聴く時、心優しく柔らかく、さりげなく人に寄り添う、そんな軫宿の人の顔が浮かんでくるとともに、感謝の気持ちが自然とわいてきて、泣けてしまうのです。

その人は、決して大きな声ではないけれど、静かで力強いエールを、いつも心に送ってくれる、
細やかな心配りで人を支える人。

そう、軫宿最大の魅力は、その献身と和合の心です。

この曲は、そんな軫宿への祝福の歌のようにも聴こえます。

心にエールをくれる人はいますか?
それは誰ですか?

『  見上げる空が 崩れ落ちても
山が砕けて 海に沈んでも
僕は泣かない 決して泣かない
君がそばにいてくれるなら 』

☆本 「鉄道員(ぽっぽや)」浅田次郎
共振ポイント・・・自分の世界に打ち込む、乗り物

軫宿である私の息子が中学の時の模擬試験で、国語の長文が「鉄道員」だったそうです。

読んだらあまりの感動で、試験中涙が止まらなくなってしまい、ごまかすのに苦労したと話してくれました。
よほど共鳴したのですね。

たしかに、主人公乙松の姿は、軫宿の生き方そのもののようにも見えます。

慎重で控え目ながら、27宿中でも際立って辛抱強く、
これと定めた自分の世界に打ち込むことで、人が真似できないような事を成し遂げる力のある軫宿。

乙松も、鉄道という「自分の世界」にひたすら身を捧げ、人々のために尽くします。

その純粋さと、奉仕精神はまさに軫宿。

さらには「軫」の字の通り「乗り物」に縁があり動くことが好きで、外へ出ていって沢山の人と交流することで幸せになっていく、という軫宿の性質にも当てはまります。

また軫宿は、冷静に人を洞察できる分、人の欠点に目がいきやすく、
また思慮深いがゆえ、深読みしずきてマイナス思考に走ることも。

本来の慈悲の心と、曇りの無い目で見ることを忘れずにいれば、軫宿の光は秋の日差しのように澄んで、人の心を癒す光になります。

☆映画 「みかんの丘」
共振ポイント・・・世界を優しくする力

コーカサス地方の、多様な民族による複雑な紛争を背景に、人間の愚かさと高貴さが描かれています。

主人公イヴォは、敵同士の二人の兵士を助け、家にかくまいます。
激しく憎しみ合う二人に対し、辛抱強く、優しく、そして毅然と、争いの無意味さに気付かせてゆくイヴォ。

その、静寂で物腰柔らかく、慈悲の心で人を受け入れ、人に尽くす姿勢は、軫宿を彷彿とさせます。

また軫宿には「人々を結びつける」役目があると言われ、優れた社交性で人々に「和」をもたらす力があります。

軫宿の発する言葉や態度には、相手の心の柔らかい部分をそっと照らし、その優しさを引き出す力があるようです。

そうして、反射板のように優しさを照らして広げ、世界を優しく、平和な所にしていく。

そんな役を、軫宿は授かっているのです。

少ない言葉が胸を打つこの作品を、様々な宿の人たちが自分と重ねて観たら、世界が少しだけ平和になるかもしれません。

『  アハメドよ
何が違うんだ?
答えてくれ  』

次回は、角宿と亢宿です!
どうぞお楽しみに!

ライタープロフィール

あこ 月よみ師®
ハンズオブヒーリング主宰
スピリチュアルカウンセラー・月よみ師®️

藤沢市出身。HSPでエンパス。

あらゆるものに敏感過ぎることから、幼少期より謎の生きづらさと不安の中で
「苦しみはどこから来るのか」「本当の癒しって何なのか」を考え続けた。

そして、長年に渡る学びと自らの癒しの経験から、必要なのは《自分の核を癒して解放する》ことだと実感。

~自分という自然をよみがえらせる~
をテーマに、奥深くの痛みを解放し、自分で自分を癒せるようになることを目指したセッションを提供している。
Return Top