月よみ

おひつじ座満月に始まりおうし座満月に終わる10月、あなたは何で満たされる?

月よみ師 ひなヒロミです。
輝く人生を導き出すための月よみメッセージと
月よみキレイエクササイズをお伝えしています。

満月に始まり、満月に終わる10月。

満月パワーによって満たされているかのようです。
ちょうど作物も収穫の時。
この恵みの10月に、どんな「わたし」で世の中を眺めていきましょうか。
何を収穫し、何によって満たされていくのか、
ご一緒に10月の月をめぐる旅へと、参りましょう。

月の動きが注目される

10月1日には中秋の名月、遅れて2日、おひつじ座で満月でした。
31日はおうし座で満月となり10月を終えます。

こうして、月に注目が集まる天空イベントが目白押しです。

加えて、大きなエネルギーを持つ惑星たちが、本来の動きを取り戻してきています。社会を整備したり、枠組みを再構築する役割を担う星たちです。
これらが、進行方向をまっすぐ時代の流れに沿わせてきました。徐々に社会の仕組みの組み替えも、加速へと向かうかもしれません。

とは言え、その作用が個人にどう影響していくかは、人によって様々です。

各駅停車の電車に乗りたい人の前に、デラックス特急がやってきたところで
その人には必要ありません。

ひょっとすると、見送る時に電車の風圧に飛ばされそうになることだって、あるかもしれません。

そうならないよう、調整する役割を担うのが「月」。
外の世界と「わたし」を結びつける媒介になっています。
10月の月は、特にその働きが強いように感じます。

天空と時代と個


占星術で捉える天空模様には、系の星々の壮大なエネルギーが混在します。またそれらは惑星同士のその時々の位置関係によっても変化します
インパクトのある配置になったり、穏やかで優しいハーモニーが流れたり。

星々の動きやそれをキャッチするわたしたちの意識(無意識層も含みます)によって時代の流れが作られる、と言うのが占星術の考え方です。

では、個人の魂の成長に置いての「今」はどうなっているのでしょうか。

今はてんびん座の季節です。
がてんびん座の位置にあるため、そう表現します。

わたしたちは、おひつじ座・春分に「個」を立ち上げます。種から芽が出るイメージです。大切に育ててきた芽は、様々な季節を通って成長します。
てんびん座・秋分で、2020年の「個人」が完成の時を迎えます。

ここからはいよいよ社会デビュー。他者との交流が徐々に活発となります。
「わたし」は何を想うのか、「わたし」はどう感じるのか。
外の世界と触れ合うことで「わたし」の内側をさらに知ることになります。

月の動きを追っていくと、17日のてんびん座新月の頃、はっきりと空気感の変化を感じるポイントとなるかもしれません。

今日10日は下弦の月です。ここから17日の新月に向けて、これまで育ってきた「わたし」の磨き上げの期間のようです。
余計なものは削ぎ落とし、「大切」を明らかにしていきます。
外見を飾るのではなく、内側から磨きをかけます。

例えて言うなら、結婚式前にエステやフィットネスクラブで、ボディメイクに励むような。結婚式といえば、最近話題なのが、オンライン結婚式が徐々に出始めているらしいですね。驚きはしますが、これも状況に合わせた、社会的価値観の再構築ですね。

磨き上げた新月からの社会への橋渡し

扉はすぐそこ。
未知の世界へ向けて、いろんな想像が働きます。
ここで奮い立たせるのは、純粋な好奇心です。
「知りたい」「行ってみたい」
人との出逢いにも、期待が膨らみます。

初めて口紅を引き、ヒールを履いて、さあ、お出かけです。
ワクワク感とドキドキ感がドッと押し寄せます。
慣れない足元に、靴擦れを起こすかもしれません。
でも何のその。
痛みによって、自分の足でここまできたことに気づきます。
心を開いて歩き出せば、外の世界は「わたし」を教えてくれていることにも気づきます。

歩き出す方向は、外へとばかりは限りません。
人によっては、自分の内側へと深く入っていくことをデビューに選ぶこともあります。

どちらにせよ、結び合ったわたしによって真実を知ろうとする季節なのです。

自分を通して「わたし」を知るのか
社会を通して「わたし」を知るのか

てんびん座のプロセスを存分に味わうなら、大切なポイントがあります。

それは自分自身を慈しむことです。
磨き上げとは、つまりは慈愛のこと。
ご自身の想いに沿った行動を起こすことです。
動かないなら動かないと決める。これも立派な行動です。

愛ある想いをかけ、大切に磨き上げて、存分にご自身を満たしてください。

慈愛のためのエクササイズ

下弦の月を迎えています。
水の流れをスムーズにしましょう。
ゆったりとした気分でお風呂に入ることは、とてもお勧めです。

体を動かすならこちらのストレッチを、ぜひ。

背中をほぐし、腰回りの動きを滑らかにするイメージで行ってみます。
背骨をひとつひとつ丁寧に動かせれば、体のエネルギーもスムーズに流れます。

10月のエクササイズは
☑️ ゆっくりお風呂に入る
☑️ 背骨を丁寧に動かすストレッチ

どうぞ月よみ生活で、ご自身を慈しむ10月をお過ごしください。

ライタープロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top