月よみ

【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法~いて座編~

こんにちは。月よみ師®️インナーチャイルドセラピストの有花です。
月星座別のインナーチャイルドの癒し方を発信しています。

前記事
やぎ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/28/post-13747/
おとめ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/19/post-13899/
てんびん座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/01/17/post-14126/
さそり座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/03/13/post-14546/
うお座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/04/18/post-14792/
おひつじ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/05/18/post-14940/
おうし座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/06/17/post-15136/
ふたご座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/07/17/post-15308/
かに座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/08/15/post-15467/
しし座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/09/14/post-16075/

今回はそのシリーズの11回目になります。

月星座は幼少期の無邪気な自分自身を表します。
おとなになっても無邪気なままの自分がずっと心の奥にいるのです。
これこそがインナーチャイルド(内なる子ども)です。

月星座を知ることは自分自身を知ること。
自分のインナーチャイルド、子ども心、駄々っ子な自分を理解し癒すことが、心を癒すことにも繋がります。

ご自分の月星座は、生まれた時の月の位置から調べることができます。
自分の月星座を調べる→https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

今日の月は?

今現在の月は、いて座にあります。

いて座は幸運の星と称される木星を支配星に持つとても縁起の良い星座です。

月がいて座にあるこの期間は、世界が明るくなり視野が広がりやすくなります。
チャレンジ精神も高まり、今まで踏みとどまっていた一歩を、勇気を出して踏み出す最適な期間です。

今回は、そんな幸運な月の下に生まれた、月星座いて座のインナーチャイルドに触れていきます。

月星座いて座とインナーチャイルド

月星座いて座は、おおらかで楽観的な人が多い星座です。
明るく元気で、小さなことは気にしない広い心を持っています。
底抜けの明るさに加えて冒険心あふれる自由人、とても無邪気で誰からも愛される存在です。
いつでもプラス志向でポジティブシンキング!

そんないて座でもマイナス志向になってしまうことはあります。
人望が厚いからこそ、人の期待に応えられなかったと感じた時や思い通りに動けなくなってしまった時は、人一倍後悔し、自分を責めてしまうのです。

また『周囲の人を楽しませるために明るく振る舞っている』という一面があるので、傷付いたり辛いことがあっても『平気なふり』をしてしまい、周囲の人に辛さを気付いてもらえないことも多いようです。
元気に振る舞っていても、辛さを分かっえなてもらいことに寂しさを感じていることも。
普段は小さいことには拘らず、落ち込んでもすぐに立ち直る強さを持っています。
しかし、辛いことや悲しいことが積み重なっていった時、自分でも気付かないうちに、心は凄く疲れ、インナーチャイルドも深く傷付いてしまうのです。

寂しい気持ちに気付かず『もうどうでもいい』と、投げやりな気持ちになった時は心が悲鳴をあげているサインです。
また、いつでも新しい体験を求めているいて座の歩みが止まってしまった時も、心が傷ついているサインとなります。

月星座を抱き締める

月星座いて座は12星座で一番心の器が大きな星座です。
小さい頃はおおらかで人懐っこく、周囲の大人から可愛がられていたのではないでしょうか。
その陽気な振る舞いで周りを笑わせたり、楽しませることが得意だったかもしれません。
みんなから愛される反面、その期待に応えなきゃと無理に明るく振る舞ってしまうような場面も多いでしょう。


それが積み重なると
『あー面倒くさい』
『もう何もやりたくない』
『もうどうなってもいいや』
こんな風に投げやりな気持ちになる時があります。
そんな時は心の奥の声を聞いてみてください。

きっと
『本当は落ち込んでいることに気付いて欲しい』
『励まして欲しい』
『応援してほしい』
そんな本心が隠れているはずです。

自分の本当の気持ちに気付いたなら、もう大丈夫です。

深呼吸してそっと自分の胸に手をおいてみてください。

そして
『私、今疲れてるよね』
『いつも元気だけど、落ち込むことだってあるよね』
『元気がなくたって、わたしはわたし』
そんな風に弱い自分を受け入れてみてください。
そして、そんな自分を優しく励ますようなイメージをしてください。
寂しく傷付いている心を素直に受け入れられた時、いて座のインナーチャイルドは癒されていきます。

いて座は知恵と冒険の星座です。
気持ちが前を向き始めたなら以下のこともオススメです。
◎哲学書を読む
◎旅行に行く
◎冒険ファンタジー系の映画をみる
◎星を眺めて宇宙に想いを馳せる

ぜひ参考にしてみて下さい。

いて座の心が癒され、本来のポジティブな心を取り戻したのなら、その陽気さで周囲の人たちの心も楽しく晴れやかにしていくでしょう。

もっと自分自身のインナーチャイルドを理解し、癒したい方はこちらのセッションもおすすめです。↓

『月とココロを繋ぐインナーチャイルドセッション』
https://ameblo.jp/primavera1826/entry-12589997307.html

お読みいただきありがとうございます。
今後も引き続き月星座別のインナーチャイルドの特徴と癒し方をお伝えしていきます。

ライタープロフィール

有花 月よみ師®
1985年11月26日生まれ。栃木県足利市出身。
歯科衛生士として5年働いた後、出産を機に専業主婦へ。
長女の食べ物アレルギーが発覚。そこから食に関心を持ち、自然育児サークルに参加。
その後、新たに自然育児サークルを立ち上げ運営に携わる。

出産後、歯科衛生士として復帰。市の乳幼児検診で1才から3才までの公衆衛生に携わる。
自分の子育ての経験とたくさんの親子との関わりの中、子育てが少しでも楽になる方法を模索している時に占星術に出会い、月星座が子育てに役立つと確信し月よみを学ぶ。
現在は、群馬県館林市で子育て占星術のセッションやワークショップを随時開催。
今後は月よみ師としてさらに子育て占星術を広めたい。
Return Top