月よみ

お月見は十五夜だけじゃない!日本古来のお月見『十三夜』を楽しもう!

運とツキを味方につけて、望む未来を手に入れる
九星氣学鑑定士&月よみ師 大竹由起子です。

秋の夜空は、空気が澄んできて様々な天体ショーが楽しめる季節ですね。

10月に入ってすぐの1日、「中秋の名月」と呼ばれる十五夜でした。
全国的にお天気がよかったので、お月見を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。
私もお供えこそしませんでしたが、愛犬のお散歩をしながら、明るく輝く十五夜をゆっくりと眺めました。

見逃してしまった!という方にもお月見のチャンスはまだあります!
日本には、十五夜の後に「十三夜」(じゅうさんや)という古来のお月見の日があるのです。
十三夜は十五夜に次いで二番目に綺麗なお月様と位置付けられています。

今年は明日10月29日が、その「十三夜」にあたるのです!

そこで、今回は意外に知られていない『十三夜のお月見』についてお伝えします。

『十三夜の月』とは?十五夜との違いは?

中秋(旧暦8月15日)の十五夜にお月見をする風習は、中国唐代の観月の宴が起源とされています。
旧暦では7月~9月が秋にあたりますが、秋の真ん中である中秋は、空が澄みわたり最も月が美しく見えるため、旧暦8月15日の十五夜を「中秋の名月」と呼びお月見をするようになりました。
これが平安時代頃に日本に伝わり、貴族が十五夜を鑑賞するようになりました。

一方、日本では旧暦9月13日の月(十三夜)も美しいとされ、十三夜もお月見をするようになりました。
宇多天皇が十三夜の月を愛でたのが始まりともいわれていますが、十三夜は日本オリジナルの風習なのですね。

お月見は、のちに庶民に広がると、秋の収穫物を供えて実りに感謝をする行事となりました。

十五夜の日は旧暦8月15日なので、現代の暦と照らし合わせると毎年変わります。
今年は、前出のとおり、10月1日でした。
十三夜とは、旧暦で9月 13 日の夜を指しますので、十五夜と同様に十三夜も毎年ちがう日になります。
それが、今年は明日10月29日にあたります。
十三夜の月は、十五夜の約1ヶ月後であることから「後の月」ともよばれます。

そして、十五夜と対をなすのが十三夜。この2つを合わせて「二夜の月」とよばれます。

お供えに決まりはあるの?

お月見に欠かせないお供え、地方によってお供えの仕方は様々あるようですが
十三夜のお供え物は、月見団子、すすき、栗や豆など。収穫に感謝する行事なので、この時期の収穫物をいろいろお供えしてもよいでしょう。

月の見えるベランダや縁側、窓辺に、小さめのローテーブルやトレイにセッティングしてみましょう。

十五夜は収穫した芋を供えることから「芋名月」ともいい、里芋やさつま芋を供えますが
十三夜は栗や豆の収穫の時期なので「栗名月」「豆名月」ともいい、栗や豆を供えます。

そして、秋の実りとともに月見団子をお供えしますが、団子の数は
十五夜は15個(または5)十三夜は13個(または3)がよいとされます。

が、秋の味覚をふんだんに使ったスイーツがあふれる現代、月見団子や収穫物にこだわらず
月に見立てたお菓子や、この時期ならではの栗や豆を使ったお菓子など、お好きなものをチョイスしてみましょう。
短時間でも感謝の気持ちを込めてお供えしてから、さげて食するといいですよ。

あとは、ススキと一緒に秋の草花も飾るとグッと雰囲気が出ます。

和風にこだわらず、洋風のセッティングも素敵ですよね。
今の時期は、ハロウィンの飾りなど可愛らしいものもたくさん出ています。
せっかくなら、器や小物にもとことんこだわって、楽しんじゃいましょう!

次には、私が実際に食してお月見にもピッタリだと感じたお菓子をご紹介します!

お月見のお供にお勧めしたい 松葉屋『月よみ山路』

お取り寄せを探していて見つけたのがコチラ
松葉屋さんの「月よみ山路」という名の栗羊羹
http://www.matsubaya.jp/index.html
月よみ師として、同じ「月よみ」の名を持つお菓子を見逃すわけにはいきません!
しかも、大好きな栗入りときたら!

金沢では有名な和菓子だそうで、お取り寄せでも人気を博しています。

松葉屋さんのHPより抜粋

 ”ほのかな竹の香りが立ちのぼり葛を加え蒸し上げた餡が独得の歯ごたえを残す。
 ほどよい甘さが口の中に広がり、ほっこりとくずれた栗が香ばしさと共に季節の風味を添える。
 味は言うに及ばず素材、かたち、色、香りが絶妙に溶け合った「伝統の味」”

確かに、普通の羊羹とは違う歯ごたえがありました。
甘さも、甘すぎずかといって少量でも十分満足できるお味で美味しい!
そして、どこを切っても栗がゴロンと入ってる!断面がお月様のようです。
見た目は素朴なのに、なんとも贅沢を感じるお菓子です。

しかも、今の時期限定で、加賀一の宮、白山ひめ神社に奉納するという縁起菓子
くるみもあるようなので、私も再度お取り寄せします!

https://www.komatsu-airport.jp/products/detail.php?product_id=1247

コチラの小松空港お取り寄せサイトからの注文は、1万円以上注文で送料無料です。
金沢名物が取り揃えられているので、お菓子だけでなく様々なジャンルから選べるのが嬉しいですね。

明日のお月見には間に合わないかもですが、一度は食べる価値あり!ですよ。

松葉屋『月よみ山路』お勧めです!

*************************

 いかがでしたか?
今回は「十三夜のお月見」と由来、お月見にお勧めのお菓子をご紹介しました。
明日の夜は是非、お月見を楽しんでみてくださいね。

このほかにも、まだまだ「月」に関するコトやモノはたくさんあります。
あなたのお気に入りやお勧めの情報がありましたら、ぜひ教えてくださいね!

氣学では、行動することによって運気をアップさせることができるといわれています。
コロナ禍もまだまた油断はできない状況ですが、新しい生活様式を取り入れつつ、少しずつ行動を起こしていきましょう。
そして、体調のよくないと感じるときには無理にお出かけせず、ご紹介したようなお取り寄せを活用して、その土地のいい氣をいただいたり
『Google Map』を活用して、お参りしたい神社を訪れる「バーチャル詣」でいい氣をいただきましょう。

*九星氣学のサイト 運を味方につける!happiad
 http://happiad.com/

*おかげさまで一周年を迎えました♪ 良きつきを引き寄せるサロン☆ AquaLuna(アクアルーナ)
 https://salon-aqualuna.com/ 

ライタープロフィール

大竹由起子 月よみ師®
静岡県浜松市在住。
身内の相次ぐ死、家業の鉄工場を継いだ夫のサポート、家事、育児、祖母の介護を経験。
不安とストレスでいっぱいな時、九星氣学に出会い、仕事や私生活に活かしていこうと学ぶうち、鑑定士資格取得。
同じように思い悩む方の力に少しでもなれたら、と個人鑑定・イベント出店などの活動開始。
さらにインストラクター資格取得、講師としても活動を広げている。

様々なお悩みをきくうちに、ココロとカラダは繋がっていることを実感、特に女性と月との関係性に注目し、月よみ師資格取得。
今後は、運とツキを味方につけてハッピーライフを送れるよう、さらに多角的なアプローチで、アドバイス活動を行う。
Return Top