月よみ

【月星座別】生まれ持った、その才能の活用法!-しし座編-

月よみwebにいらしたみなさま、こんにちは。月よみ師の、のりっぺです。
2年前、ひょんなことから引き受けたPTA役員の経験。
そのときに感じた、「一人一人が自分の才能に気づくことで、世界は豊かになっていく!」という想いから、月星座に隠れている「その人が生まれもってきた才能」についてお話しています。

月星座は、あなたの才能を示すカギ

このシリーズも残り2回。
残す月星座は、あと一つとなりました。
みなさんの、才能に気づく旅もそろそろ終盤です。

さて、月星座とは何だっけ?
「もう、何度も読んで知ってるよ!」という方も、
「初めて見に来たから、知らない」という方も、ここで一緒に復習しましょう!

「あなたは何座生まれですか?」
という質問に、ほとんどの方が答えるのは[太陽星座]
あなたが生まれた日に、地球から見て太陽の向こう側にあった星座で、1か月に一つずつ移り変わり、1年間=12か月で黄道12星座を一巡りします。
対して月星座は、生まれた日に月の向こう側にあった星座のこと。
およそ2~3日で移り変わり、約1か月で黄道12星座を一巡りします。

ちなみに、太陽星座は太陽の巡りを基準にしているので、現在一般的に使われている太陽暦(太陽の動きを基準に作られた暦)では、毎年ほぼ同じ日付でサイン(星座)が移り変わります。(1~2日程度、ズレることがあります)
では月星座は?といえば、太陽の巡りと月の巡りは動きが異なるため、「同じ日付だから同じサイン」ということはかなり少ないようです。

1951年から2020年までの1/1 0:00時点の月星座を調べてみると、おとめ座とみずがめ座はそれぞれ8回登場しますが、しし座とやぎ座はどちらも4回ずつと半分しか登場しません。
同じ日付でも年によって全く違う星座に入っていることが、簡単な計算ではなかなかに計り知れない宇宙の仕組み、という感じがしますね。

※一覧表はこちら→https://ameblo.jp/ppfac/entry-12634673050.html

さてさて話を戻し、ではその月星座でなぜ生まれ持った才能がわかるのか?
西洋占星術において、月は幼少期に身に付けた無意識の習性や感情を表します。
無意識の習性とは、すなわち当たり前に行動していることや、あなたにとって自然な心の反応のことです。

しかしそれらは、他の人には難しいことであったり、努力しなければ手に入らない能力かもしれません。
あなたにとってはトラブルでもなんでもないことが、他の人には心折れるくらい難しい事柄だったりします。

つまり、あなたが普段から無意識にしていることは、あなたが当たり前に使いこなしている才能だということ。
それは夜空に輝く月のように、あなたを自然に輝かせるポイントにもなるのです。

月星座を調べるには、こちらから
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/
(出生時刻が不明な方は、お昼の12時に生まれたと仮定して調べてください)

◆他の星座の才能は?◆
おひつじ座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/10/29/post-17597/
おうし座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/05/21/post-14954/
ふたご座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/06/19/post-15149/
かに座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/14/post-13886/
おとめ座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/08/20/post-15569/
てんびん座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/23/post-13675/
さそり座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/09/21/post-16317/
いて座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/03/15/post-14587/
やぎ座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/01/23/post-14170/
みずがめ座編
https://tsukiyomi-magazine.com/2020/02/22/post-14423/

しし座~あなたがいるから、世界は熱い情熱を灯していく~

今日、月の向こうにある星座は、しし座。
百獣の王、ライオンをイメージした星座です。

そのイメージ通り、しし座の性質は一言でいえば「王者」
もちろんKing(男性)だけではなくQueen(女性)のイメージでもありますが、このQueenのイメージは王妃というよりもあくまでも女王様です。
サポート役や補欠のような存在ではなく主役、他にどんな替えもきかない主役なのです。

月星座は、表立った表面的な部位ではなく、内面や感情を表しますから、「主役」と言われても華々しい外見であったりバリバリのリーダーシップを発揮しているとは限りません。

ですが、誰とも区別がつかないような平凡さはイヤだったり、ドラマティックな出来事が好きだったりはしませんか?
そんなところも、バッチリしし座さんの特長です!

そんなドラマティックでゴージャスなあなたは、生まれながらのエンターテイナー。
あなたが「これが好き!」「これが楽しい!」「これ、オススメだよ!」と言うことに、知らず周りは引き寄せられています。
あなたのアンテナがピン!と反応した物事は、躊躇なくどんどん表現してください。

「どう表現したら??」なんて迷う必要はありません。
もう、そのまま!ただ表に出せば良いのです。
もちろん「こう表現したら面白そうだな」と感じたら、そのままに。
その感性を、あなたはもともと持っている、ということなのです。

そして女王たるあなたは、強い責任感や決断力を持ちつつも、寛大な包容力も持っています。
チームに亀裂が入りそうなとき、身近にトラブルが起きたとき、「何とかしなければ」という想いは、きっと人一倍感じているはず。
何とかしなければ、と思いながらも、あなた自身にはなかなかいいアイデアが浮かばないかもしれません。

ですが、周りから上がってきたアイデアや、何かの拍子にふと目にしたことから、「これで行こう!」と決める力は強いもの。
またそれは、ただトラブルを排除しておしまい、というものではなく、そのトラブルすらバネにして改善されるような道を選ぶことが多いのでは?
なぜなら、あなたはちょっと転んだくらいではへこたれない、折れない情熱を心に持っているからです。
あなたが持つ、暖かくも厳しく、厳しくともけして無機的ではないその情熱に、人は癒されまた立ち上がる力をもらっています。

もし、周りのライバルなどが気になって嫉妬や妬みで辛くなったら、一旦その場を離れましょう。
そして力を蓄えて、また太陽のごとく光を放つあなたに戻りましょう。

覚えておいてください。あなたがいるのは、スポットライトの当たる舞台であることを。
強い光を浴びて光り輝くあなたからは、観客や周りの顔はあまりよくは見えないでしょう。
孤高でも輝けるあなたは、必ずしも観客は必要としないのです。

あなたがただ堂々とそこにいる。
それだけで、周りは安心するのです。
女王たるあなたのままで、ただそこにいてください。

あなたが輝くその場所は?

月星座は、特にリラックスしたい時に出てくる性質。
あなたがリラックスできる場所はどこですか?
お家で家族といる時?気取らずに付き合える仲間と過ごす時?
そこでのあなたは、その場を照らす太陽です。

照らすエリアが大きいのか小さめなのか、そんなことは関係ありません。
どこにいても、あなたは光り輝く太陽。
あなたの内なる太陽は、けしてその光を絶やさないでしょう。

さて、今日のお話の中にあなたが輝くヒントはありましたか?
本日のお相手は私、月星座さそり座ののりっぺでした。

ライタープロフィール

のりっぺ 月よみ師®
東京都下に生まれ育って約40年。 小学生男児を一人育てるシングルマザー 。
幼少期から占いおまじないが大好きだったけど、なかなかピンとこなくて自分探しばかりの人生。
好きなことや情熱をささげる何かってなんだ?! なんて思いながら事務職続けて十数年。
ふと受けてみた四柱推命鑑定で口から飛び出したのは「私って占い師に向く星は持っていますか?」
やっぱり、見えない世界のことが好きなんだ、と改めて自覚しなおし、たどり着いたのが「月」でした。

月から学んだ「見えている世界」を支える「見えない世界」をご案内しています。
ただの長い糸から形を作り出し、心や身体を温めたり美しく飾る、編み物が趣味♪
Return Top