月よみ

「今年は早めに大掃除モードになるべし」その理由は月にある!

11月も三分の一が過ぎようとしています。

あなたは例年、いつ頃から大掃除を始めますか?

12月に入ったら?
それとも年末ギリギリに?
大体そんなものですよね。

そんなあなたにも、今年はちょっと早めに大掃除モードにココロを切り替えることをお勧めします。

なぜかって?

その理由は月にあるのです。

その理由の詳細と、それでもなかなか大掃除モードになれない方へお勧めのバッチフラワーレメディを、今日は月よみ師®でバッチフラワーレメディティーチャーでもあるやまさき郁代がお伝えいたします。

月よみ的、大掃除に向いている時期は?

月には、新月から満月に向かう「満ちていく時期」と、満月から新月へ向かう「欠けていく時期」があります。

月は、これらの時期に、それぞれ私たちに異なるエネルギーを降り注いでくれています。

月が満ちていく時期は「吸収するエネルギー」
月が欠けていく時期は「手放していくエネルギー」

を、それぞれ与えてくれているのです。

そして大掃除に必要なのは、月が欠けていく時期の「手放していくエネルギー」。

いらなくなった物を見極めて捨てたり、汚れを落としたり。
「手放す」ことが大掃除を成り立たせていますものね。

というわけで、いらないものをスムーズに処分できたり、汚れがするりと落ちやすくなる、月が欠けていく時期が大掃除に適しているのです。

今年の大掃除に適した日程は?

今年のカレンダーを見てみましょう。

大掃除は家族全員の仕事です。
なので、一般的に家族全員が揃いやすいと思われる週末と、月が欠ける時期が重なる日を探してみます。

すると、

11月14日・15日の午前中(14:07が新月なので)
12月5日・6日
12月12日・13日

が、大掃除に適した日ということになります。

12月も半ばを過ぎてようやく年末モードになり、さあそろそろ大掃除を…だと、いい時期を逃してしまっているということですね!

それはもったいない!!

これは早めに大掃除モードになるしかありません。

わかっているけどやる気が出ないあなたへ、お勧めのバッチフラワーレメディ

「やらなくちゃいけないとわかってはいるんだけど…なんかやる気が出ない」

大掃除時期にはありがちなこの声が、なんだか今年はさらに大きく聞こえてきそうな気がします。

それはそうですよね。
まだちょっと年末ムードには遠く、自分のやる気頼みとなってしまうと、難しいのはよくわかります。

そんな時にはバッチフラワーレメディのホーンビームを。

ホーンビームは、やらなくてはいけないとわかっているのに、どうしてもやりこなすだけのエネルギーがわいてこない時に助けになってくれるレメディ。
やるべきことに向かっていけるあなたになるサポートをしてくれます。

さあ、では、まだまだやる気の出ない私も、ホーンビームを用意して。

月の力を借りたちょっと早めの大掃除で、新しい年に向けた準備を楽しくこなしていきましょう。

★フラワーレメディについては、こちらで基本の知識や、トリートメントボトルの作り方を動画で説明しています。
月の満ち欠けに合わせたレメディの選び方もありますよ。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、「サロン月の花香(はなか)」を主催。
アロマセラピー、バッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、公認ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドン、千葉、と、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期を迎えた息子たちと残り少なくなってしまった子育ての日々を楽しむ。

好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。

転居を機に始めたガーデニングはまだまだ初心者。猫の額ほどの庭をイングリッシュガーデンにすることを夢みている。

ブログ:千葉・船橋 バッチフラワーレメディ、英国式アロマセラピー&月よみで女性の幸せをつくる サロン月の花香(はなか)
Return Top