月よみ

エレメント別オススメ妊活! ~火×火編~ 情熱の人のゆるっと妊活

初めまして、笑子(にこ)ちゃんこと鈴木順子です。
今日から妊活について月1回掲載させて頂きます。
宜しくお願い致します。

まずは自己紹介から。夫、娘、母(実母)私の4人家族です。
私は10代から生理不順で、ずっと婦人科で治療してきました。
このままでは、妊娠は難しいと結婚前から不妊治療までしていました。
そこまでしてもやはり妊娠は難しいかもと言われた私が、なんと自然妊娠して子供を出産したのです。
不妊三大原因、子宮に問題がある、卵巣に問題がある、ホルモンバランスが悪い、全部当てはまっていました。

私が妊娠出産できたのだから、身体が私みたいに病気じゃない人なら妊娠できるのでは?
と思い妊活のお手伝いをしていこうと決め、ここで記事を書かせて頂くことになりました。
月よみ、整体、ヨガ、カウンセリング他、私がしてきた経験や学んだことを活かして妊活をお手伝いしていきます。

ここでは、月星座と太陽星座の組み合わせによる妊活の仕方をお伝えしていきます。

月よみで妊活

このサイトを読んでいる方なら、星座は4つのエレメントに分かれているのはご存じだと思いますが、念のため書いておきます。

火のエレメント 牡羊座、獅子座、射手座
地のエレメント 牡牛座、乙女座、山羊座
風のエレメント 双子座、天秤座、水瓶座
水のエレメント 蟹座、蠍座、魚座

今回は、月星座火の星座×太陽星座火の星座の方の妊活をお伝えします。

火×火の特徴

火のエレメントの星座は先ほど書きましたように
牡羊座 行動力がありスピード重視。積極的で考えるより先に行動してしまうタイプ
獅子座 プライドが高くリーダーシップがあり、勇気に富むが支配力も強いタイプ
射手座 自由奔放で興味を持ったことに情熱を注ぐが、すぐに冷めてしまうタイプ

火のグループなので皆明るさと情熱を持ち、ポジティブで何事も恐れず、真っ直ぐに進みますが、わがまま、自分勝手にうつり、敵を作りやすいです。
太陽星座だけ月星座だけなら片方で違う面がでますが、内も外も火なので「あっちっち~」というくらい燃えている人なのです。
妊活もすると決めたらまっしぐら一生懸命頑張ります。
運動もこれが良いと言われたらそれを実行、食べ物もよいと言われる物を食べて、あまり良くないと言われたらそれは食べない。お水を沢山飲んだらよいと言われたらひたすらお水を飲む。
とにかくひたすら一生懸命つき進みますが、そんなあなたに旦那さんはついていけません。

そして結果がなかなか出ないと止めてしまいます。
一人で突っ走って疲れてやめてしまうのはもったいないです。
ゆるくて良いので継続していきましょう。
妊活は二人でするものなので、夫婦でよく話し合って二人で続けていけるようにしましょう。

火×火の妊活はこれ!

二人で妊活する方法としてオススメなのは、二人で整体!です。
方法は簡単。お互いの身体に優しく触れてなでるだけです。
相手の身体のどこに緊張があるかを知るだけいいんです。
「ここが頑張っているんだね」と相手を労わる気持ちが手から伝わり、相手の身体がゆるんできます。
お互い感謝する気持ちで触れ合いましょう。細かいやり方は必要ありません。
ただ強くマッサージするのは、やめてください。
かえってそこが緊張してしまいます。
優しく触れる。
手で相手を感じる、触れられた方も相手の手を感じる。感じることが大事です。

今は、新月(+)期です。
「赤ちゃんができますように」と赤ちゃんがやってきたときのことをイメージしながら触れると、二人の想いがよりお月さまに届くのではないかと思います。
ではまた来月。笑子(にこ)でした。

ライタープロフィール

笑子(にこ)
自然妊娠アドバイザー 月よみ師笑子(にこ)です。
東京下町在住。認知症の母と夫、娘の4人家族。
子供を産んでから体を壊し、持病だらけで薬をいっぱい飲んでいましたが、
ヨガや心の勉強で自分の心のあり方が病気を作っていることにきづきました。

薬をやめて、自分で病気を治そうとセルフケアをした結果、めまいや手の病気をコントロールできるように。
月よみの宿曜を学び、子供や母親との関係性を知ったことで、確執に対応できるようになってきました。

私は結婚前から不妊治療をしていましたが、自然妊娠で子どもを授かりました。
現在は、これまでの私の経験と、ヨガ、カウンセリング、整体、月よみなどの知識を融合して、妊活している方の応援をしています。
Return Top