月よみ

【月星座別】インナーチャイルドを癒す方法 ~みずがめ座編~

こんにちは。月よみ師®️インナーチャイルドセラピストの有花です。
月星座別のインナーチャイルドの癒し方を発信しています。

前記事
やぎ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/11/28/post-13747/
おとめ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2019/12/19/post-13899/
てんびん座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/01/17/post-14126/
さそり座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/03/13/post-14546/
うお座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/04/18/post-14792/
おひつじ座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/05/18/post-14940/
おうし座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/06/17/post-15136/
ふたご座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/07/17/post-15308/
かに座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/08/15/post-15467/
しし座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/09/14/post-16075/
いて座:https://tsukiyomi-magazine.com/2020/10/19/post-17020/

今回はそのシリーズの12回目になります。

月星座は幼少期の無邪気な自分自身を表します。
おとなになっても無邪気なままの自分がずっと心の奥にいるのです。
これこそがインナーチャイルド(内なる子ども)です。

月星座を知ることは自分自身を知ること。
自分のインナーチャイルド、子ども心、駄々っ子な自分を理解し癒すことが、心を癒すことにも繋がります。

ご自分の月星座は、生まれた時の月の位置から調べることができます。
自分の月星座を調べる→https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/

今日の月は?

今現在の月は、みずがめ座にあります。
みずがめ座は、社会の中にあるたくさんの柵からの解放を求める、自由と平等の星座です。
月がみずがめ座にあるこの期間は、『新しいこと』に意識が向かいやすくなります。
既存のルールや凝り固まった考え方を乗り越え、新たな流行を生み出すようなパワーが強まるため、新たな一歩を踏み出す勇気が湧いてくる人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな革新的な月の下に生まれた、月星座みずがめ座のインナーチャイルドに触れていきます。

月星座みずがめ座とインナーチャイルド

月星座みずがめ座はクールで頭の切れる人が多い星座です。
どんな物事に対しても感情的にならず、冷静に判断する能力に長けていて、相手の立場も理解出来る客観的、且つ平等な視点も持っています。
同調圧力には染まらず、自分の確固たる信念を強く持っているため、周囲の人からは『個性的』『風変わり』と思われていることも多いでしょう。
そんな個性豊かな月星座みずがめ座だからこそ、人と同じことをしなければならない状況や、自由に動けない立場になった時、強いストレスを感じます。
そして、自分の個性を発揮出来ない状況では、自分自身を否定されたように感じ、インナーチャイルドは深く傷付いてしまうのです。

月星座を抱き締める

月星座みずがめ座は12星座の中で一番ユニークな星座です。
発想力豊かで、小さい頃は『面白い子』と思われ、たくさんの人たちと関わって育ってきたのではないでしょうか。
『みんなが好きなもの』や『流行りのもの』には興味が持てず、みんなの輪の中に馴染めないこともあったかもしれません。
それでも周りに流されることのない確固たる思想を持っているため、無理に周囲に合わせることはしません。
ですが、自分の考えや理想を理解して欲しいという、とても強い思いを持っています。
それは常に『みんなが楽しく幸せに暮らせる未来のためにどうするか』を誰よりも純粋に考えているからです。
そのため、自分の意見を否定されたり、誤解されて伝わってしまったと感じた時は
『何で分かってくれないの』
『この方が効率いいのに』
『その考えは古いよ』
とイライラ。
そして
『もう好きにして』
と投げやりになってしまうことも。
そんな時の心の奥には
『理解して欲しい』
『考えを認めて欲しい』
という気持ちが隠れているのです。
いつも冷静なため、感情的になることは少ないかもしれませんが、『悲しい』『寂しい』と感じている自分の感情に意識を向けてみましょう。
そして自分の心を感じることが出来たなら、胸に手を当ててゆっくり深呼吸してみてください。

吐く息と一緒にモヤモヤした感情も一緒に放出され、心の換気も出来るはずです。

きっと頭もスッキリします。
そして、新たなアイディアが思い付き、理想を目指して、また動き出せるようになります。

さらに、その独特の発想力と普遍的な愛で周囲の人たちを、明るく楽しい未来へと導いていくことでしょう。

心のモヤモヤを晴らしたい方、もっと自分自身のインナーチャイルドを理解し、癒したい方はこちらのセッションもおすすめです。↓
『月とココロを繋ぐインナーチャイルドセッション』
https://ameblo.jp/primavera1826/entry-12589997307.html

今回で12星座すべてのインナーチャイルドの癒し方をお伝えさせていただきました。
お付き合い頂きありがとうございました。
これからも引き続き、月とココロの結びつきをお伝えしていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

ライタープロフィール

有花 月よみ師®
1985年11月26日生まれ。栃木県足利市出身。
歯科衛生士として5年働いた後、出産を機に専業主婦へ。
長女の食べ物アレルギーが発覚。そこから食に関心を持ち、自然育児サークルに参加。
その後、新たに自然育児サークルを立ち上げ運営に携わる。

出産後、歯科衛生士として復帰。市の乳幼児検診で1才から3才までの公衆衛生に携わる。
自分の子育ての経験とたくさんの親子との関わりの中、子育てが少しでも楽になる方法を模索している時に占星術に出会い、月星座が子育てに役立つと確信し月よみを学ぶ。
現在は、群馬県館林市で子育て占星術のセッションやワークショップを随時開催。
今後は月よみ師としてさらに子育て占星術を広めたい。
Return Top