月よみ

魚座上弦の月にあなたに必要なものを引き寄せる方法

こんにちは。月よみ師たまこです。
月の満ち欠け×ストレス緩和をベースにみなさまにメッセージをお届けしています。

今日は引き寄せで有名な上弦の月についてお伝えしてきます。

さて、2020年11月22日は魚座上弦の月。
13時06分に月は魚座入りして、13時45分には上弦の月となります。
そして月は満ちて11月30日に双子座にて満月を迎えます。
今回の魚座上弦の月はとてもパワフル。
ぜひ月のチカラを上手に味方につけて日々の生活に取り入れてみましょう。

魚座の月ってどんな性質があるの?

月は私たちのプライベートな面を表現する象徴と言われています。
そしてその月が黄道12星座と言われる星座を通る時にそれぞれの星座の特徴的な性質の影響を受けやすいと考えられています。
魚座は【目に見えないものを感じる力】や【癒し】を私たちにもたらします。
魚座は12星座の中で1番最後の星座。
次の1年の始まりとなる牡羊座へ、新たなサイクルへと繋がってゆくために自分という存在が世界に融合して自分と世界とが交わり癒しをもたらしてゆく。
そんな星座の性質があります。

11月22日 魚座上弦の月ってどんな月? 

日にちを見ると、11月22日で11という数字の後ろに22という数字がついています。
11や22という数字は俗に言うマスターナンバーと呼ばれ、11は【インスピレーション】を表し、22は【大きな愛】を表す数字として有名です。
しかも1から2へと数字が大きくなっています。
今回上弦の月から満月まで意識したいのは、
まだ見ぬ新しい世界へ期待し、想像し、感じる】という【想う】チカラ。
今回の上弦の月は、今までのあなたでは想像できなかった、ひとつステップアップした世界へと導くための最大限のサポートをしてくれるでしょう。

自分に必要なものを引き寄せるためは?

さてここで質問です。
あなたは今引き寄せる力が強いと感じていますか?それともちょっと弱っていますか?
ちなみに私は今かなり強いです(自分で言っちゃったよ!)
今年一番の引き寄せは東北地方の尾瀬へ登山に行けたことでしょうか。
それはもう最高でした!
話が脱線しました、引き寄せですね。
さてみなさん、少し心の中で今年の1年を振り返ってみてください。
楽しいことが多かったな、来年も楽しいことがあったらいいなあと思えた方は、引き寄せ力が高めと考えていいでしょう。
そんなあなたが意識するといいのは【自分に質問してから情報に触れる】という方法です。

今引き寄せ力が高めだと感じている方へ

『私に合うトップスって?』『私が楽しめそうなお店ってどんな所?』というようにまず自分に漠然と質問を投げてから情報を調べてみましょう。
人間の脳はとても優秀な情報検索エンジン。
あなたが自分に質問をしてあげることによって、ふと見た景色やなんとなく感じたことからヒントを得てゆきます。
この時期は魚座の【目に見えないものを感じ取る感受性】がサポートしてくれますからいつもより効果が上がりやすいはず。

次の満月は双子座の満月。双子座は【情報】を司る星座。
この時期は情報、特に自分にとって良質な情報を入手するため双子座の【情報を収集するチカラ】を借りるには絶好の機会なのです。
感受性×情報のチカラを受け取って【今まででは想像もできなかった新しい世界】を感じてみてくださいね。月のサポートを受けることができるでしょう。

今引き寄せ力が弱めだと感じている方へ

では今引き寄せ力にちょっと自信がないという方はどうでしょうか。
上弦の月から満月へと【満ちる】チカラが強くなるのがこれからの時期。
心も体もパワーで満たされていく時期です。

それなのに心が満たされないとしたら、もしかしたら、引き寄せたくないものを引き寄せているのかもしれません。

仕事、家事、心身の疲れ、人間関係……
ついついうまくリセットできずに自分が頑張ってしまう。我慢してしまう。
【心地よくないもので満ちている】のかもしれません。

今のあなたに必要なことは、不要なものは手放し、自分に必要なものをしっかりと引き寄せること。
そのためにご紹介したい方法は【食器を整える】という方法です。目で見ることのできるこの世界に存在する【器】です。

来客用と思ってしまっている食器、特別な日だけ、と思って使わずにいる素敵な食器。
そんな食器、ご自宅にありませんか?
好きな食器が自宅にない方は外食に出かけた時でも大丈夫。
ごはんを食べる前に少し器を眺めてみてください。
『私はこの器が好きだな~』『素敵な色合いだなあ~』と感じながら、いつもより5分だけ長く食事の時間をとってみる。
魚座は【美】を司る星座でもあるので、好きなこと、美しいことはあなたにとって大きな癒しのチカラをもたらします。

【器】はあなた自身の心身の【生命の器】の象徴に結びつきやすいです。
あなたが器に意識を傾けているとき、不思議とあなたの心は自然と自分へ意識を向けます。
引き寄せ力が弱っている時こそ、自分自身へと意識を向けるチャンスです。

自分へ意識が向いている時間って意外と少ないもの。
イライラしたり落ち込んだりする時は総じて誰かと比べて感じることがほとんどです。
しかしながらこの世界にあなたと同じ人間はそもそもいないのです。
いやなものを引き寄せない力はあなたがあなた自身を気にかけ大切にする習慣を持つことで育まれます。
世界でたった1人のあなたのために今夜は器を少し丁寧に用意してみませんか?

器を眺めていると、ふと心の内側の自分に出会えるかもしれません。
本当はやりたくなかった。本当はあんなこと言いたくなかった。ただ休みたかった……
繊細な感情が湧き上がるかもしれません。
それは癒しと感受性の強い魚座からのサポートでありギフトかもしれません。
そっと、受け止めてあげてくださいね。
満月期についつい食べ過ぎてしまう方にもこの方法は効果が期待できるので、試してみる価値ありです。

12月からはいよいよ【風の時代】と言われる新しい世界がやってきます。
【まだ見ぬ新しい世界へ期待し、想像し、感じる】という【想う】チカラ。
そんな新しい世界への予感を感じさせるような魚座上弦の月となってゆくでしょう。
月を眺める時間は自分へと繋がる時間。
月はいつでもそばにいてくれる心優しき存在。
今宵もあなたが月とリズムを奏でますように。

ライタープロフィール

月よみ師®️たまこ
はじめまして。
趣味は登山の月よみ師®️たまこです。

33歳の時に全治6ヶ月の大ケガをして会社を休業。
自分が女性として、なんとか社会の中でうまく適応していくために
実は相当な労力を使っていた、ということに改めて気づかされた時期がありました。

月経に始まり、妊娠や出産そして閉経。様々なカラダの状態を体験する女性。

そんな時にふと、空を見上げると
私やあなたと同じように満ち欠けして変化する月があります。

私たちは自分が思っている以上に月の大きなリズムと共に生きています。
ホッとするような月と癒しに関する情報をあなたにお届けします。

あなたと月のリズムが
今宵も手を取り合って素敵な1日の終わりを奏でることができますように。
Return Top