月よみ

発酵食を食べればあなたの魅力がアップする! ~月星座おひつじ座編~

こんにちは。はじめまして。月よみ師の静花です。
今月から月よみwebの執筆をさせて頂きます。
月星座と発酵食についてお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

皆さんは発酵食と聞くとどんなイメージを持っていますか?
何にいいのかわからない……
なんとなく知っているけどちょっと面倒かも……
体にいいと聞くけどどうやって取り入れたらいいかわからない……
と思われている方もいるかもしれませんね。

発酵食は、消化吸収を助ける、栄養価がアップする、免疫系のバランスを整える、食べ物を美味しくする、幸せ力のアップ、美肌につながる、やせやすくなる、など、あなたの心と体のhappyをお手伝いします。
発酵食は、ヨーグルトや納豆、みそ、酢などとても身近なものです。
また、最近スーパーでもよく目にするようになった塩こうじや甘酒は、普段の調味料として使用している塩や砂糖の代わりに毎日使用できます。

発酵食って、とても身近なものなんだ! そう思われた方もおられるのではないでしょうか?
そうなんです。難しく考えなくていいんです♪ 毎日の食事にぜひ取り入れていきましょう。

発酵食は、私たちの腸の中にいる腸内細菌の働きに大きく関わります。
腸内細菌の中には、有用菌(いわゆる善玉菌)、病気を引き起こしやすい菌(いわゆる悪玉菌)、そして腸内環境によりどちらにも変化する日和見(ひよりみ)菌がいます。

有用菌は、発酵食、食物繊維、オリゴ糖が好物です。
有用菌の好物を取るよう心掛けることで、日和見菌が有用菌と同様の働きをするようになり腸内環境が整いやすくなります。
ただ、食事で摂取した菌の大半は腸内に定着できず排出されるため、毎日、食べ続けることが大切です。
また、腸内の有用菌の種類や数は多い方がいいので、様々な発酵食品を食べましょう。
病気を引き起こしやすい菌(いわゆる悪玉菌)は、ブドウ糖と大量の脂質が好物ですので、取りすぎには注意してくださいね!

月星座おひつじ座のキーワードと関わりの深い体の部位

おひつじ座のキーワードは、自分らしさ、純粋、フレッシュさ、情熱、始める、やる気、自立、積極的、前向き、行動力、スピード、チャレンジ精神。
おひつじ座と関わりの深い体の部位は、頭、脳、顔、目 です。
発酵食と言えば『腸』が深く関係しています。
おひつじ座の関わりの深い体の部位と腸とのつながりをみてみると、
脳と腸は神経を通じてつながっており、『脳腸相関』という双方のネットワークがあります。
脳からの一方的な情報伝達ではなく、腸からも脳にメッセージを送っており、お互いに情報を交換しているのです。
腸内の状態が脳へ伝えられ、そこから体のあらゆるところへ影響を及ぼすことになります。
そして、幸せホルモンと言われるセロトニンは、脳にも腸にも存在し、腸内環境を整えることが分泌に影響しており、さらに、太陽光を浴びることでセロトニンは分泌されると言われています。
ということは、腸内環境を整えて1日のスタートである朝に太陽光を浴びることで、happyな気持ちがアップします!
活動的で積極的なおひつじ座さんの魅力をさらに引き出してくれますね。

月星座がおひつじ座のあなた、月のリズムに合わせておひつじ座のエネルギーを取り入れたいあなたへのおすすめメニューを紹介します。

 

<塩こうじ温野菜のサラダ・チーズドレッシング>

有用菌(善玉菌)の好きな食物繊維、発酵調味料が入って、おひつじ座のカラーである赤やフレッシュなカラーの温サラダです。
ブロッコリーやカリフラワーには、生命エネルギーともいえる「気」の巡りをよくする働きがあり、おひつじ座の特徴である上昇のエネルギー、飛び出そうとするエネルギーがスムーズに巡るようになります。
また、かぼちゃやさつまいもは「気」の不足している状態、いわゆるエネルギー不足に対して効果があると言われています。
さらに、さつまいものように土の中に育つ作物はグラウンディングにも良いと言われ、おひつじ座の上昇エネルギーとバランスをとってくれます。

レシピはこちらです。

<材料 2人分>★さつまいも:50g ★かぼちゃ:50g ★塩こうじ:小さじ1弱 ☆ブロッコリー:50g ☆カリフラワー:50g ☆塩こうじ:小さじ1弱 【ドレッシング】※クリームチーズ:30g ※豆乳:30~40ml ※塩こうじ:小さじ1/2 ※黒コショウ:少々

1.チーズを室温に戻しておく。
2.さつまいもを1㎝幅の輪切り3㎝大、かぼちゃも同様に1㎝幅3㎝大の大きさに切り、★の塩こうじを全体に行き渡るようにまぶし、15分程おきます。
3.ブロッコリー、カリフラワーを3㎝程度の小房に分け、1と別なボウルに入れ☆の塩こうじを全体に行き渡るようにまぶします(まぶしてすぐ使用してもよい)。
4.1のさつまいもとかぼちゃの水分をかるくペーパータオルでふきとり鍋に入れ、ひたひた程度の水を入れふたをして火にかけます。沸騰してから2~3分程度ゆでます。
5.2の水分をペーパータオルでふき取っておく。
6.3の鍋のさつまいも、かぼちゃをややかために茹でたら、そこに4のブロッコリーとカリフラワーを入れ、蓋をして2~3分茹でます。
7.茹でている間に、ドレッシングを作ります。クリームチーズをスプーンなどで練りクリーム状にし、豆乳を少量ずつ加え混ぜていきます(初めは混ざりにくいので小さじ1杯くらいずつ加えるとよい)。なめらかになってきたら※塩こうじと黒コショウを入れ、ドレッシングは出来上がりです。
8.茹で上がった野菜を器に盛り付けて出来上がりです。ドレッシングは、かけてもディップしてもOK.お好みでどうぞ♪

はじめに野菜に塩こうじをまぶすのは、あくを除き野菜の旨みを引き出すためです。
かぼちゃやブロッコリーには、抗酸化作用のあるβーカロテンやビタミンE、Cなどのビタミンが豊富で生活習慣病や風邪予防に効果があります。
カリフラワーは抗酸化作用、免疫力を高める効果があります。
さつまいもは皮ごと食べるのが良いです。抗酸化作用や目に効果があると言われるアントシアニンが含まれているからです。
美味しさはもちろん見た目にも彩りが良いので、元気の欲しいこの時期にぴったりですね。

 

<いちごと甘酒の恋ヨーグルト>

おひつじ座カラーの赤のいちご、フレッシュカラーのミント。
おひつじ座の芽が飛び出そうとするエネルギーや「私」という存在の目覚めをサポートしてくれます。
また、気持ちが高ぶったり、ストレスが溜まったりした時に、体にこもった余分な熱を冷まして気を巡らせ、体をうるおしてくれます。
きっと、生き生きとした明るい表情でやりたいことを行動に移せるおひつじ座のエネルギーをあなたの中にも取り込めますよ。

レシピはこちらです。

<材料 2人分>いちご:50g 甘酒(2倍濃縮タイプを使用してます):50g 水切りプレーンヨーグルト:100g(水を切る前のヨーグルトは約200g程準備します) 【飾り用】いちご:適量 ミント:適量

1.プレーンヨーグルトを水切り容器に入れ、冷蔵庫で1日程度水切りをします(私は100均の蒸し物用容器を使用してます)。
2.いちご50gは小さいボウルに入れ、フォークでつぶします。
3.ボウルに水切りヨーグルトと甘酒を入れて混ぜ、そこにつぶしたいちごを入れて全体が均一に混ざるように混ぜます。
4.3を器に盛り付け、お好みで飾り用のいちごとミントをのせて出来上がり♪
いちごはビタミンCが多く、風邪予防、シミやしわ予防の美肌効果があります。
甘酒に含まれる食物繊維とオリゴ糖は有用菌(善玉菌)を増やし、砂糖よりも血糖値の上がり方も穏やかで体へのの負担が少ない糖質です。

発酵食といっても、驚くほど簡単でびっくりなくらいで何も特別なことではないんです。
日本古来からずっと食べてきたもので、常に私たちのすぐ身近にあるものです。
ちょっと意識すれば、調味料としても使用でき日々の食事を豊かに健康に変えていくことができます。

そして、私たちにいつも寄り添ってくれている月。
月のリズムに沿って生きてきた日本人。
月のリズムは、稲作や農作物には欠かせない大切な暦として読まれてきました。
現代では、そのリズムもあまり意識されなくなっていますが、海の満ち引き、女性の体や生物の生命、産卵など、今もなお大きな影響を与えています。
毎日、空を見上げて月を意識してみてください。
意識するだけで、きっと、月はあなたの心に優しく語りかけてくれて、必要なエネルギーを与えてくれますよ。

最後まで、お読みくださいましてありがとうございます。

旬の食材やその時期に手に入りゃすい食材を中心にメニューとしてあげています。
発酵食や月に興味を持っていただけたら幸いです。    

静花

ライタープロフィール

静花 月よみ師®
岩手県生まれ。幼少期に宇宙の図鑑を読み、月や星に興味を持つ。
小学生の頃に出会った養護教諭に憧れ、上京し看護師になる。

2008年神戸に転居。
2011年東日本大震災が起こり、東北の風景や人々の生活が一転したことに衝撃を受ける。
「自分は何者か、何のために生まれてきたのか」と考え続け、幼少期から興味を持っていた西洋占星術を学び始める。
月が肉体や感情に与える影響の大きさを知り、学びを深めるため2020年月よみ師となる。

現在は看護師を続けながら、美味しくて幸せになれる発酵食を学んでいる。趣味は天体観察と聖地巡礼。
月や星、食を通して心と体も健康になれる暮らしのアドバイザーとして活動中。
Return Top