月よみ

2021年幸運のスタートダッシュ「月リズム・バランスコンディショニング」満月(-)期編

こんにちは!
ココロとカラダと自然をつなぐウェルネス健康トレーナー、森 雫(もり しずく)です。

健康の3要素は運動、栄養、休養。
「月リズム・バランスコンディショニング」とは、その3要素を軸に、循環とバランスを整える誰でもできる簡単なセルフケアです。
身体の動きをスムーズにするエクササイズ、体軸が働くトレーニング、最適な栄養摂取や内臓休息・睡眠の方法など多岐にわたります。
月のリズムを生かし、みなさんがイキイキと幸せを感じながら毎日を過ごし、元気と笑顔が自然と湧き出るカラダづくりを応援していきます。今回もどうぞよろしくお願いいたします。

満月(-)期とは?

12月30日に、かに座の満月を迎えます。
月には新月、上弦の月、満月、下弦の月を基点に、月の満ち欠け(月相)によって分けられた4つのフェーズがあります。そしてそのフェーズごとにエネルギーが切り替わります。
潮の満ち引きや約60~70%水分できいる私たちの体にもその影響は及びます。
その時期ごとに適したセルフケアをしていくことで、軽やかな身体へコンディションを整えていくことができます。

新月(+)期 新月(月が地球からは見えない時)の瞬間以降~月が膨らんでいき上弦(半月)の月瞬間前まで
満月(+)期 上弦の月(半月)瞬間以降~さらに月が膨らみ満月瞬間前まで
満月(-)期 満月瞬間以降~月が欠けていき下弦の月(半月)瞬間前まで
新月(-)期 下弦の月(半月)瞬間以降~さらに月が欠けていき新月(見えない月)瞬間前まで

上弦の月と下弦の月、どちらも半分お月様なので、満ちるか欠けるかわからないという声をよく聞きます。そこで宇宙飛行士のDottieさんがおっしゃっていた覚えやすい見分け方を伝授しましょう!
上弦の月Dの形は新月から満ちていく → 「How Do you Do! こんにちは」 右外側から膨らんでDの形から円になる
下弦の月Cの形は満月から欠けていく → 「See(C) you! さようなら」 右外側から欠けていきCに近づいていく

また、上弦・下弦の月は見える時間が違います
上弦の月はお昼ごろに出てきて、18時くらいに一番高くあがり、深夜12時ごろに西の空に丸くないほうの中心線の弦が上になって沈んでいきます。
下弦の月は深夜12時ごろに出てくるので、明け方6時ごろに一番高く上がり、昼の12時くらいに弦が下に向いた状態で沈みますが、お昼なので沈む姿は見えません。
夜早い時間に目にするのは上弦の月、日にちをまたいで深夜以降朝方に見えるのが下弦の月です。
ですので、ふと仕事やおでかけ帰りなどに出会えるのは上弦の月、夜更かしさんか早起きさんが夜空で出会えるのが下弦の月ということになります。

月の見分け方のコツを知ると、また夜空を眺めるのが楽しくなりますね~!

今回ちょうど年末年始、満月(12月30日)を過ぎて下弦の月(1月6日)までにあたるのが、「満月(-)期」つまり満月からC型お月様「下弦の月」へ近づいていく時。

この時期に行いたい、運動初心者も簡単にできるセルフケアをお伝えいたします。

満月(-)期の月リズム・バランスコンディショニング

満月から月が欠けていくこの時期は、「歩くこと」や「話すこと」に意識を向けることがおすすめです!

寒い時期は運動する前に、まずはしっかりウォーミングアップをして身体を温めることが、けがの予防につながります。

手のひらをあわせ指を組んで手首回し
つま先やかかとを基点に足首回し
足を腿(もも)の付け根から、
前後左右に動かす(膝は伸ばしても曲げていてもOK)
肩に手を当てて肘から大きく円を描くように、肩回し

ちょっと汗ばむくらいまでの回数を行い、筋肉の温度を上げ、関節のこわばりをとっていきましょう。
左右の動きの差がないか、動かしながら今日のコンディションチェックもしていきます。
動かしにくいほうは、両方の動く感覚が同じくらいになるまで回数を多くやってみてください。

そしてお顔のこわばりもほぐしちゃいましょう!

口を縦にあけて「あー」のくち
横に広げて「いー」のくち
唇すぼめて「うー」のくち
舌を前に出して「えー」のくち

お口を大きく開いたり閉じたりすると、お顔全体のしわ予防や鼻呼吸促進にもなって一挙両得。
目をぎゅっと閉じたり大きく見開いたりすると、眼の周りの筋肉のトレーニングになります。マスク生活だと目元は「あなたの印象」も決めますよね。たくさん動かして目力アップのおまけつきで~す(笑)。

準備できたら、いざ出発!

今回はかに座の3ハウスの満月なので、家族や友人などの身近な人たちとのコミュニケーションが運を開くきっかけにもなります。

お友達やご家族と一緒におしゃべりしながらウォーキングを楽しんだり、自転車で少し遠出したり、プールで泳いだりの「有酸素運動」ができたら最高~!

やっとお話できるくらいの心拍数が健康効果の上がる目安です。

「話す」ことは「放す」こと。
お正月はゆっくり普段語れない人と話す時間が取れる方も多いことでしょう。
同窓会や同期会、家族で集う機会もどんどん作っていきたいですね。
とはいえこのご時世、オンラインを通じての楽しいお口の運動の方が多くなってしまうかもしれません。
おせちなどご馳走をたくさん食べすぎてしまう危険な時期でもあります。

是非意識してお一人でも外の空気を吸いに外に出かけ、身体全体の循環もめぐらせましょう。

今年溜まった身体の中のものを、「汗(有酸素運動)」と「言葉(お話)」で一掃、身体の大掃除!
来年の運を「歩くこと」「話すこと」で引き寄せていきましょう~!!

ウォーキングの効果を上げるコツ

私は先日、国営昭和記念公園でセグウェイを走らせてきました~♪

セグウェイは自分の身体の重心移動で進んでいきます。その時には体の真ん中の軸(体軸)を意識して、頭のてっぺんをまっすぐに糸で引っ張られているような感覚が大切。

この軸感覚は、ウォーキングの時にも普段の姿勢を良くする時にも役に立ちます。
お尻の穴を軽く締めておなかを内側から引き上げる意識を持つだけでインナーマッスル(深層筋)を使うことになり、痩せ体質にも近づきます!

そして、腕を振るときは、肘をしっかり後ろに引いていくことが大事!
身体の背中側に肘が引かれ、背骨の方の内側にまで肘が入ってくると背骨もおなか背中も、骨盤も一緒に動いてきて、上半身と下半身が連動し歩幅も大きくなります。

寒いので、肩が上がりやすいので気を付けて~!
1・2・1・2 リズムよくいきましょう。
肩甲骨を大きく動かすと、自家発電できて身体がポカポカあったまっていきます。

外に出たくない時も大丈夫!

雨の日や寒くて外に出る気がしない日は、お家で椅子に座って、好きなミュージック、スタート♪
椅子で背筋を伸ばしたら、おしりを交互に上げながら椅子の座面を前後に動く骨盤歩きをしながら、腕を大きく振るというのもおすすめ。
床に直接おしりをつけて足を前に伸ばして座り(長座)、お家の中移動をおしり歩きでするのもGOOD!

今日はクイックルワイパーでのお掃除をやめて、四つ這いになり床をピカピカに磨くのも結構汗がかけます。代謝率の高い体幹の筋肉が結構使えていますよ!

お正月番組を見ながらでも、ふと思い出した時に少しでもやってみてくださいね。

食後に有酸素運動をすると、血糖値が急にあがりにくくなり、内臓をいたわることにもつながります。

身体を動かすときは、身体の声に耳を傾け、心地よさ、楽しさ優先で無理なく行いましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
みなさんに元気と笑顔が湧き出し、来年も良い年になりますように!!!
次回は新月(+)期編をご案内させていただく予定です。お楽しみに~♪

自分の持つ可能性をミクロの細胞レベルからマクロの宇宙の視点まで幅広く取り入れながら開花させ、健康になりたい・若々しく元気を維持したい方々へのホリスティックサポートも行っています。興味のある方はこちらもご覧いただけるなら幸いです。→SmiRing♡Harmony

ライタープロフィール

森 雫 月よみ師
健康パーソナルトレーナー
ファスティングマイスター
東京・世田谷区在住

自然と子供好きが高じて、福祉・環境教育・旅行業に携わる。
出産を機に身体の可能性に魅せられ、解剖学や生理学を学びトレーナーの道へ。

家族の生死をさまよう病気や障害と向き合い「生命の本質」を求め体当たりする中で気づく。

健康の3要素といわれている運動、栄養、休養だけではうまく機能しない。
自己蘇生力が開花するポイントは、宇宙や自然と共にある!

そんな中、月よみに出会い、ココロとカラダのつながりを学ぶ。

現在はその人本来の姿に「今」を近づけ、本当の健康と心底からの笑顔を手に入れるためのホリスティックな身体づくりのサポートをしています。

生きとし生けるものに湧き上がるエネルギーを♬
Return Top