明日からソウルフードが手放しを手伝ってくれますよ〜。

あけましておめでとうございます。
雪景色を眺めるとほっこりします、南アルプス古民家魔女のゆかり〜にゃです。

どんなお正月をお過ごしになりましたか?

寒くなったら手放しましょう。

今日は二十四節気の「小寒」です。 

「小寒」とは、本格的な寒さが始まる頃のことです。寒の入りとも呼ばれています。

日毎に寒さが厳しくなってくるのを実感しています。

月は、明日、下弦へ向かいます。

明日からの新月(-)期の養生について書かせていただきます。

新月(-)期は、手放し期です。
要らないもの、要らない不安、要らない人間関係も手放してみませんか?

この時期に身体が一番影響を受けるのは「腎臓」です。

以前の月よみWeb magazineでも書かせていただいていますが、「腎臓」はとにかく寒さが苦手です。
そして、「腎臓」は、排泄する所なので身体の中の不要なものを外に出します。

年末年始に食べすぎたあなたに。
胃腸を休めることで腎臓も休めますが、今日は「腎臓」が喜んでくれる、身体が温まり、排泄効果もある日本のソウルフードをご紹介します。

ソウルフードはパワーフード!

日本の代表的なソウルフードの一つ!
それは「お味噌」です。

お味噌を知らない日本人はいないと言っても過言ではありませんね。

豆味噌、米味噌、麦味噌、白味噌、八丁味噌、合わせ味噌など日本全国色々な味のお味噌がありますね。

それぞれの土地にあったお好みのお味噌。
あなたはどんなお味噌が好きですか?

私は、九州で生まれ育ったので麦味噌に慣れていますが、今は自分で糀から仕込んで造るので米味噌を食べています。

「お味噌」は、いわゆる発酵食品です。

「味噌は医者いらず」といわれ、その健康効果のもとになるのが、発酵過程でできる豊富な栄養成分です。

*お味噌の効能
・美白効果
・抗酸化作用
・整腸作用
・肝機能アップにより代謝が上がり腎臓を支える
・コレステロールを下げる
・栄養価が高いーミネラル、タンパク質、カリウム、ビタミンE、B2など

取り入れ方としては、もちろんベーシックな味噌汁が1番のおススメですが、ドレッシング、豆乳や牛乳鍋、トマト料理の隠し味、和物、ピザなどのトマトソース代わり、味噌煮込み、麻婆豆腐、味噌煮込みうどん、味噌パン、などなど。

とにかく1日1回お味噌を取り入れた食卓にしてみませんか?

まだまだ、コロナもどうなるかわからないので、自分で免疫力アップし、自分の身体を整えましょう!

丁寧に造られた天然発酵のお味噌がおススメです。

食べすぎが続いて胃腸の調子も崩し、身体も冷えて身体とこころが縮こまっている方は、是非「お味噌」味噌活始めてください。

今年が皆さんにとって素晴らしい一年でありますように!

今年もよろしくお願いします。

石井ゆかり〜にゃ

月よみ師のプロフィール

石井ゆかり@月よみ師
ココロとからだを温め魂が輝くをテーマに「かり~にゃ」を主宰。
野草や黒焼き玄米茶、マコモなどの植物を取り入れた生活の提案と
テルミー温熱療法や爪ケアの血の道療法を提供している。
築130年の古民家での月よみ体験プログラムやリトリートを開催している。
長野県伊那市在住、元看護師。