月よみ

宙(そら)模様お伝えします。<本日は、天秤座で下弦の月>

皆さま、こんにちは!
月よみ師®で“実践ホロスコーパー”のショーコです。

わたくしは普段、「ホロスコープと対話をし、原理原則に基づく生きた占星術で人生をクリエイトしよう!」という想いで日々活動しております。

詳しくは、↓こちら↓をご覧ください♪
https://note.com/ha_alashow

月よみwebでも引き続き、西洋占星術(星よみ)の視点を踏まえた月よみで、皆さまの今をより美しく彩るお手伝いをします。どうぞよろしくお願いいたします。

ホロスコーパー ショーコの天秤座解説。

現在(1月6日)、月は天秤座を運行中。

西洋占星術では、12星座には守護星(ルーラー)と呼ばれる「お守りのような惑星」が割り当てられていて、天秤座の守護星は「金星」です。

金星は記号で書くと「♀」←メス。
つまり、女性性を象徴する星であり、愛と美を司る星。

可愛いもの、カッコいい人、楽しいことなど、ときめく対象に浸る感情。
それから、「わたしはこれが好き」「これが美しいと感じる」という美学、美意識。
コレが金星の作用です。

そんな金星を支配星に持つのは、天秤座と牡牛座。
同じ金星を支配星に持ちながら、両者のときめきポイント、美意識は異なります。

牡牛座は、「わたしの細胞レベルでの好き、こだわり。」
一方で、天秤座は、「全体最適、調和の美学。」

天秤座はよく「社交性が高い」と言われますが、それは“全体最適への美学”のなせる技です。

皆がいい感じの雰囲気で、空気が凍ること言っちゃうヤツ、許せない。
よくも不和を生んでくれちゃったね。きーーー!

心の声はそう言うが、顔には出さず、涼しい顔をする。
自分自身は、決して調和を乱さないように、バランス取ろうとする。

コレが、「天秤座は社交性がある、バランスが取れている、おしゃれ」と言われる理由です。

天秤座は、牡羊座の反対側にあたる星座で、牡羊座=「わたし、自分」に対して、「あなた、相手」を意味する星座です。

天秤座にとっての自分自身とは「純粋なわたし」ではなく、「相手や他者から見たわたし」。

だから八方美人な面や、優柔不断な面が出てきちゃうワケです。
「他者から見て最高のわたし」が無意識に顔を出すからです。

ある意味、主観というものがなくて、「皆がハッピーなら、自分軸とか要らないです♥」
みたいな、ある種、究極にドライな部分が、天秤座の真骨頂な気がします。

本日(1/6)は天秤座で下弦の月。

本日18時38分頃、天秤座で下弦の月を迎えます。

下弦の月とは、新月に向かって欠けゆく途中の半月。

月=不安定さ、不安、幻想、煩悩が少しずつなくなっていくので、思考や感情も少しずつクリアになっていきます。

今回、下弦を迎えるのは天秤座ですので、

<人間関係、パートナーシップ、配偶者、配偶者の親、結婚、契約、交渉、オシャレ(ファッションやアクセサリー)など>

こういった天秤座が象徴するテーマにおいて、不要なものを捨てて、今後必要なものだけを残すというタイミングです。

また、下弦の瞬間のホロスコープで月が位置するのは「第3ハウス」
これは、コミュニケーションや知性、移動を象徴する場所です。

これをふまえて、オススメのアクションとしては、下記です。

■2020年までの人間関係やパートナーシップを見直す(改善する、必要なら距離を置くなど)
■靴箱の整理整頓をして、要らない靴を処分する/リサイクルに回す/売る
■スマホ内の不要なアプリや画像、メールBOXの不要なメールを削除する

ということで、本日は、天秤座と下弦の月にまつわるお話でした。
ピンとくることがあれば、日々に取り入れていただくと、現実が必ず動き出します。
必要な方に届けば幸いです。
最後までお読みくださり、ありがとうございます。深謝。

ライタープロフィール

笠原祥子 月よみ師
楽しく星をよみ、おいしくビールを飲む人。笠原祥子です。
36歳、シングルマザー。
生まれは岡山、現在は千葉に住んでいます。

2018年3月。
「西洋占星術」との出逢いをきっかけに、人生ジェットコースター。

“魂の青写真”と呼ばれるホロスコープが教えてくれる世界は、底なしに奥深くてお
もしろくて。

「星よみを通じて、わたしの今を輝かせたい!」そう強く感じるようになり、13年半
の会社員生活を2019年10月で卒業。

現在は、“好きなことを生業にする”という新たな人生の目標に向けて、勉強と発信の日々です。

ホロスコープは自分を信頼し、自分の価値を知ることのできる最適ツール!
まさに“宇宙からのギフト”です!

ホロスコープからのメッセージを読み解く楽しさを、一緒に体感しませんか?
Return Top