あなたの目に有休ありますか? 月とカラダとココロの関係 満月(+)期編

こんにちは!
月読み整体師の今井さえみです。

「誰もが一人一人、自分の中に元気に生きる力を持っている」その事に気づき、生きる力を発揮することができるようになるための整体をしています。

そして、太古の昔から私たちと共にあった月のエネルギーを存分に取り入れ、人間は自然と共に生きていることを思い出し、静かに穏やかに、時には情熱的に過ごすなど、全てにおいて自分を解放していき、豊かで幸せな人生を送ることを応援していきます!

今回もよろしくお願い致します^ ^

満月(+)期とは?

月は新月から満月へと満ちていき、満月をすぎるとふたたび欠けて、新月に戻ります。こうした月の満ち欠けは4つの基点となるフェーズがあります。

・新月(+)期
新月から上弦の月になるまでの間
・満月(+)期
上弦の月から満月になるまでの間
・満月(-)期
満月から下弦の月になるまでの間
・新月(-)期
下弦の月から新月になるまでの間

月の満ち欠けは、月、太陽、地球という三者が織りなす神秘的なダンスのようなもので、地球で過ごす私たち人間も、この月の満ち欠けの影響を大きく受けるといえそうですね。

それぞれの月相の持つエネルギーのサポートを受けやすい臓器を意識して過ごすことで、さらに私たちの体は感度が高くなりそうです。

今回、1月21日6時1分から1月29日4時16分までは満月(+)期となります。

この満月(+)期は、思わぬ出逢いがあったり、全く違う景色が広がるなど、新しい方向へと舵を切ることがありそうな時期。

新しい出逢いやご自身にとって必要な引き寄せが起こりそうな予感がしますね♪

月のエネルギーを受けやすい臓器は【肝臓】です

満月(+)期の月は、植物でいうと、つぼみに相当します。

開花を待ち望むつぼみ。

東洋医学でいう「肝」は、季節でいうと「春」に相当します。
春はつぼみの季節ですから、満月(+)期のエネルギーが肝臓に影響を与えるというのも納得ができますね。

西洋医学でいう「肝臓」と東洋医学でいう「肝」は呼び名は違いますが、機能としては大きな違いはあまりありません。

しかし、東洋医学が表す臓器は人の情緒や他の臓器との関連が深いとされ、「肝」は「怒」の情緒と深いか関わりがあります。

いつもイライラしたり、生理の時になるとヒステリー気味になったりしませんか?

肝の働きには血液を貯えて必要な臓器に配分したり、血液を浄化するという働きがあります。

このような働きが損なわれると血液の循環が悪くなったり、血液が汚れやすくなり自律神経が乱れることになってしまうのです。いわゆる「血が騒ぐ」という状態です。

満月(+)期は、「ゴールに向かって完成させたい」という潜在欲求も生まれてきて、目的に向かって突き進みます。

が、満月という完成された月に向かおうとする潜在意識が自分を不完全だと思ってしまうこともあり、利害や権力が絡んだりすることもあり、俗に言う「魔がさす」時期でもあると言われています。

暴れたい!
殴りたい!
泥酔したい……
怒りを爆発させたい〜!!

普段の生活習慣から、肝の働きがあまり思わしくない場合、この「魔がさす」ということがあったりするかもしれません。

目が肝(きも)です!!

肝の働きが損なわれる原因の一つとして、目の疲れががあげられます。

肝が疲れると視力の低下、目のかすみ、目やにが多い、充血……など目に症状が現れてきます。

目は最も新鮮な血液を必要とする臓器なので、血液の汚れや滞りがあると目に出やすいとされています。

逆に言えば、目の調子が良いということは、肝の状態も良いといえます。

スマホやパソコンなどで目の疲れがあるということは肝の働きを損なう恐れがあるということといえそうです。

簡単な目のセルフケア

現代においては、目を使わないということは皆無に等しいといえます。

スマホやパソコンも必需品です。

どうしたら良いか? それは

使ったら休める!!

これだけです。

一番良いのは、目を温めることです。

熱いお湯で絞ったタオルや電子レンジでチンしたタオルなどを目に乗せるだけです!

夜眠る前、仕事の合間など、目を温める習慣を付けてみましょう。

うちのサロンのお客様で、コツコツと目を温めることを続けて視力が上がった!! という方もいらっしゃいます。

これは整体を受けてご自身の体の力が高まったこともあります。

レンジで温めるタイプのホットパック。

目を温めるだけ?? と思われるかもしれませんが、小さなことを毎日続けるということは結構根気がいります。

でも、少しのケアで体は大きく変化していくのです。

この時期の月のエネルギーは、私たちが潜在的に望む目的へと導いてくれます。

ご自身が願う出逢い、引き寄せたいもの……

それは肝の働きをご機嫌にすることで、自ずと目に見えてくるものだと思います!

月のエネルギーを最大限に受け取り、最高で最善の自分を見つけましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

女性のための整体サロンです

毎日のお手当や体のお悩みについてなどブログにも綴っています♪
https://ameblo.jp/naturabo/

写真にあるホットパックも取り扱っていますよ

お問い合わせくださいませ^ ^

月よみ師のプロフィール

今井さえみ
"1968年12月2日生まれ。元保育士の整体師です。
気持ちは繊細で傷ついてばかりなのに、それを表に出すことができず外面と内面のギャップに苦しみ、心は不満でいっぱいだった20代。
第2子を出産後、夫が貯金を内緒で使い込んでいたことが発覚。
心の悲鳴に気づかないふりで過ごす中、出会ったのが野口整体でした。
「今井さんは自分自身を輝かせる場所を探していたんじゃない?」の一言に救われ、私も目の前にいる人と心を通わせよう! と決め整体師をしています!
月読みでは、月そして宇宙が与えてくれる全てのものを信じ委ねるということを教えてもらいました。月星座と体の癖と潜在意識を結び付け、一人の人間の内と外を統合させていくセッションを通して「自分だけの人生を最高に生きる!」ためのサポートをしています。"