月よみ

星よみエッセンスを絵におろして ~双子座~

こんにちは、月よみ師® 原みどりです。

毎月、星座からのエッセンスを絵におろしてお伝えしています。

今回はコミュニケーションがテーマと言われる”双子座”です。

双子座の季節は春から夏にかけて移り変わる時期になります。

成長過程にたとえると、牡羊座で生まれたばかりの赤ん坊が牡牛座で身体を得て、自分という「個」として大地に根をおろしていきます。

そして双子座ですくすくと育っていき、枝葉をつけて、その枝葉に風が吹き、その身体はさまざまな場所で自由に動きながら情報や知識を得ていきます。

情報や知識は目に見えないけれど、それは豊かさや、ネットワークの広がりであったりします。

自由に動く感じは自転車や車で動く感じで、小さなエリアからだんだんと広がっていく。
ネットワークの広がりは横の広がりで、今までの縦中心の社会ではない感じです。

人とのコミュニケーションが得意で社交的、2021年からの「風の時代」と言われる、その”風”の性質をもつ”双子座”

笑顔と言葉と心をかよわせ、異なる世界をつなげていきます。

これから自分という「個」はこれまでの価値観やルールにとらわれず、風のようにしなやかな発想とかろやかさで生きていきます。

コミュニケーションは第5チャクラ(喉のあたり)と関係が深く、ここは言葉を発する場所にもなり、色で表すと水色になります。

さて私には、小学生の頃からとても気になっていた「ケルティック・ノット」と言われる模様があります。
それは一本の紐でできていて、始まりと終わりがない模様でした。

今回の絵の中央に入っている「サーキュラー・ノット」という模様は、終わりがない模様が円になった形で、「永遠や調和、魂の循環、コミュニケーション」が深くなっています。

絵と「サーキュラー・ノット」の模様が合わさることで、自分の心からの願いが明確になります。

この絵には、自分の中にスッと立った木の幹が、大きく枝葉という手を広げています。
太陽の光をいっぱいに受け、気持ちのいい風に吹かれているあなたがいます。

あなたは自分を愛していけます。そして人も愛せるでしょう。
助け合い許しあいながら、喜びや感謝ができるあなたがいます。

そんな”あなた”をイメージしながら、絵をみて下さい。
この絵から浮かんできた言葉は何ですか?
その言葉を深く味わい、あなたへのメッセージを受け取ってください。

さらに、絵をみていただき深く2回深呼吸をしていきます。鼻から息をゆっくりと吸って、口からゆっくりと長く息を出していきます。そしてその後ゆっくりと目を閉じてください。

あなたの身体の中心に、凛と立つあなたという1本の木があります。その木には枝葉がいっぱいに茂っていて、そこに風が吹きこんで枝葉は心地よく揺れています。

あなたはその吹き込む風にのって、どこまでもどこまでも軽やかに、しなやかに飛んでみてください。
飛んでいく先は、きっと今まで見たことのない風景かもしれません。

そんなところまで”あなた”は自由に飛んでいけるのです。
その場所で大の字になって寝てもいいし、ゆっくりと景色をみながら歩いてもいいですよね。
そして風が落ち着いてきたら、ゆっくりと今のあなたに戻ってきてくださいね。

ライタープロフィール

原みどり 月よみ師
会社員として勤め三十数年。仕事をしていても何か物足りないと感じ、四柱推命学、漢方、薬膳、東洋医学などを学び始めました。さらにはクリスタルボールの音色にも引き込まれ、勉強しました。数年前に「会社の仕事はやり切った」と感じ、惜しまれながらも即退職。退社後のことはなぜか心配していませんでした。半年後、運よく手芸「つまみ細工」の講師としてカルチャーセンターで教えることになりました。手先を使って教える仕事は、私の魂が望んでいたことの一つだと感じました。西洋占星学や月よみを使って、天と地を自分に融合し、そこから人を癒し、その人が持っている力を思い出してもらうお手伝いをしています。
Return Top