満月は感謝のエクササイズ〜ご自愛のためにやってほしい2つのコトとは?〜

こんにちは!
オステオパシー勉強中の月よみ師山本由貴です。
月にのって健康になるって素敵やーん!
をモットーに、今回も月相に合わせたセルフエクササイズをお届けします。

月は明日、1月29日の4:17に満月となります。
まずは満月当日に何をすると良いかを理解しやすくするために、月について簡単に説明しますね。

月にはルールがあって……
『新月に「願い」を発したら、満月に「感謝」をする』
『上弦期(月が満ちていく時期)には「引き寄せ」の、下弦期(月が欠けていく時期)には「手放し」の行動をとる』

といわれており、この「願い」と「感謝」、「引き寄せ」と「手放し」の行動を、月相のサイクルに合わせてバランス良く生活に取り入れていくことが大切なんです。
お月さまの力を借りようと思ったら、お願いばかりしていてもダメだし、良かれと思って手放しばかりしていてもダメなんですね。

さて、今回は満月なので「感謝」がテーマとなります!

みなさん自分の身体に感謝してますか?

いきなりですが、
「感謝をしましょう!」
ってよく自己啓発の本なんかで見たりしますよね?
確かに大切なことだとは思うのですが、「とりあえず感謝しとけばOK」みたいな感じが、どうも私には違和感があったんです。

そんな時に、ふと「感謝」について次のような言葉を知りました。
「感謝の心はたゆまぬ教養から得られる果実である、それを粗野な人々の中に発見することはできない」
これは、イギリスの文学者のサミュエル・ジョンソン博士の言葉なのですが、この言葉を聞いて私はものすごく腑に落ちたんです。

教養って知識や経験があった上で、どう考え・振る舞うかっていうことだと思います。

相手の存在や行いに思いを馳せて、背景を理解した時に湧き起こる感謝の気持ちは、とりあえずの感謝ではなく、心からの感謝になるのではないかと思います。
自然と心から感謝の心を持つためには、まずは自分を知り、世間や相手を知ることが大切なんではないでしょうか?

ということで、今回は「感謝」がテーマなので、自分の身体を知り感謝するということから始めてみようと思います。

自分の身体は自分が一番よくわかってる!
そう思う方は多いかもしれません。
しかし、意外と見落としていたり、わかったつもりになっていることってたくさんあるんじゃないかなと思います。
知らない間に疲れをためていたり、寝不足になっていたり……

それに、痛みや不調があっても見て見ぬフリをしていたり……
わかっていても何もしなければ意味がないですよね?

ご自身の身体に心から感謝するために、セルフチェックして振り返ってみてはいかがでしょうか?

身体のセルフチェック

では具体的に何をすれば良いか2つお伝えしていきます。
難しいスキルやテクニックは必要ありません。
必要なのはあなたの身体と大きな鏡だけでOKです。

①見つめ直す
まずは自分の身体がどのような状態か鏡に写してじっくりと見つめます。
下の写真は服を着ていますが、本当は裸がベストです!
でも裸で鏡の前に立つってけっこう恥ずかしいですよね。
ですので、お風呂に入るタイミングで浴室で行うのが良いかと思います。

見るポイントは、
肌…色・明暗、凹凸、傷やあざはないか?
姿勢…身体の傾き・ねじれ、肩や腰の高さの違い など
可能であれば、少し動いてみて、手足の上がり方や首や体幹の動きの左右差を見てもいいかもしれません。

・ここで注意して欲しいポイント
鏡に映ったご自身を見ると「なんだか太ったなぁ」とか「たるんでるなぁ」とか、気になる所が出てくるかと思います。そんなご自身の身体を見て、ダメなヤツを見るような視線を向けないようにしましょう。
人からそんな風に見られると、悲しかったり嫌な気持ちになりますよね?
あくまでも身体への「感謝」なので、「調子はどうかな?」「何か変わったことはないかな?」と気遣う気持ちで見つめてもらえたらと思います。

②触れる
次に実際に身体に触れて質感を確かめていきます。
ご自分が心地よいと感じる強さでゆっくりと撫でるように愛しむように。
意外と自分で自分の身体に触れる機会ってないと思うので、じっくりと感じ取ってみてください。

触れるポイントは、
肌の質感(温度、カサカサ、しっとり、でこぼこ、なめらか、弾力、つっぱる感じなど)
筋肉のかたさ
触れられた感覚(快・不快、痛みや痺れはないか)

心地よくご自身で触れていると、あたたかくなってきたり、しっとりしてきたりするかもしれません。

特に今はコロナ禍によって人との触れ合いが減ってしまっている状況なので、そんな時こそ自分で自分を愛しむように触れてあげてください。

この2つ以外にも、新月〜満月までの期間の生活習慣について振り返ってみるのもいいかと思います。
例えば…
バランスよく食事ができていたかな?
身体に悪いものを食べすぎたりしていなかったかな?
定期的にお通じはあったかな?
夜更かししていなかったかな?
夜中に途中で目が覚めたりしていなかったかな?
などなど。
細かくチェックできなくても「何か変わったことはなかったかな?」でも良いですし、「何とかしなくちゃ!」と無理に改善しようとしなくても良いです。
まずはあなた自身の身体について「気づく」ことから始めてみてください。
もし良かったことに気づけたら自分をほめてあげてくださいね。

実は、私自身も自分の身体をセルフチェックをしていて、こんなことがありました。
ある日、鏡で自分の身体を見つめ直しをしていた時に、乳房に不自然なくぼみがあるのを見つけました。何だろうと思って触れてみると、何だかしこりっぽく感じます。
「えー!もしかして乳がん!?」
と不安になり、まずはしこりの感触や大きさがどうなのかを、色々インターネットで調べたりしていました。

こういう時って、早く受診すればいいのに、自分に大病が見つかる可能性があることが怖くて、現実から目を背けたくなるんですね。自分が大丈夫だという情報を探して安心したかったんだと思います。
しかも、当時は有名な方が乳がんで亡くなられたニュースもあって、もし自分もそうなったらどうしようかとめちゃくちゃ不安でした。

結局、検査をして何もなければそれでいいし、早期発見できれば治療できる可能性もあると考えて受診してみることに。
検査をしてもらった結果は、血管が炎症を起こしてしこりのように硬くなっていたということで安心しましたが、本当に当時は不安でした。

最後に。
もちろん、専門家に身体をみてもらうのも良いと思います。
しかし、まずは自分で自分の身体をみつめて労ってみてはいかがでしょうか?

あなたが生を受けたその時から、そして死ぬまでずっと。
ともに生きる自分の身体を愛する。

この満月をきっかけに、ご自身の身体を見つめ直し、ご自愛いただけたらとても嬉しいです。

月よみ師のプロフィール

山本由貴 月よみ師
"兵庫県神戸市在住。
病院・訪問リハビリ・デイケアで12年作業療法士として勤務しています。

筋・骨格や運動だけでなく人の身体について深く学びたくて、身体を整えることで自然治癒力を高めるオステオパシーを勉強中。
仕事をしながら、オステオパシーの学校であるJTOCの学生もやっています。
現在はオステオパスとして独立するために準備中です。

さらに、心と身体のつながりを学ぶ中でおのころ心平先生に出会い、
人のためだけではなく、自分を見つめ直す「ご自愛」の大切さに気づきました。

趣味は薬草茶のブレンドとサイクリング。
月相や月星座に合わせたセルフケアや薬膳茶のブレンドについての情報をお伝えしていきたいと思います。"