満月(-)期のダイエット ~脱!冷蔵庫女子で痩せ期到来へ

こんにちは。
月よみダイエットアドバイザーのアライレイコです。

月の満ち欠けは私たちの身体へ様々な変化を与えます。

特に女性の身体のひと月のリズムは、月のリズムにとても似ています。

ならば月からのメッセージを受け止めて自分のリズムに合わせれば、もっと楽しくもっと楽にダイエットできますね。

今回は満月(-)期(満月~下弦の月)のメッセージ。
身体への感謝と、冷えた身体対策についてお伝えします。

感謝の言葉で身体も喜ぶ~Heart to Body

【新月は願い】【満月は感謝の月】といわれます。

新月に思い願い、そこに向けての行動が満月に形づくり現れ、また新たな願いを培っていきます。
またこの時期は新月に向けて循環し手放し排出し始める様子もみられる時です。

満月(-)期の潜在的な欲求は

・人と関わり感情を共有したくなる
・自分の居場所を知りたい
・生きていることを心から感謝したい
・他人へ尽くす、奉仕する
・喜んで欲しい、感謝して欲しい

満月から欠けていく月は、満面の光を徐々に分け与えるかのような時。
周りの人に尽くし喜んでもらう。

それと同時に「自分を知ってほしい」「感謝されたい」と願う気持ちも強くなります。

まずは自分の身体のことを知り、感謝を伝えましょう。

あなたを愛し、常にあなたのために頑張っている身体です。
気になる部分の声を聞き、ケアしてあげることも必要ですね。

心臓に感謝を~Heart to Heart

満月(-)期は月のエネルギーが特に「心臓」に入りやすい時でもあります。

心臓は生きるために、24時間絶え間なく動き続けてくれている臓器。

まずは、いつも頑張っている心臓に感謝を伝えましょう。

胸の中心に両手をあて「毎日頑張ってくれてありがとう」と心臓に向かって感謝を伝えてください。

月から心臓にエネルギーが入るので、心拍数を上げたり、血液の流れを促し心臓を刺激することが効果的な時です。

自分の身体を足先から順に感謝しながら触り、冷たいところをチェックして、血行を良くすると月のパワーでさらに促されます。

身体は常に「報連相(報告・連絡・相談)」のサインを私たちに出しています。

今回は、冷たくなりやすい身体のパーツからの報連相を聞いてみましょう。

どこがどんなふうに「冷たいか」「固いか」を知り、それに応えてあげることがダイエットに繋がります。

5つの冷たい身体のパーツ

1.冷たいつま先、カサカサかかとからの「報連相」

「パンプスや靴下で締め付けられて動きづらいし。血液も栄養も足先にはしっかり届いてこないのよ。動かないから冷たいしいらないものも溜まるのよね。温かくなる方法はないかしら」

冷たいつま先は血行不良や栄養不足、筋肉少なめな人が多いです。

《対策》
・足の指のグッパー体操をする(10回)
・5本指ソックスを履く(足の指が動き血行がよくなる)
・ひび割れの乾燥予防に入浴後はクリームを塗り靴下を履く。
・ほうれん草、レバー、イワシ、ブロッコリーなどビタミンAの豊富な食品を食べる

2 冷たくて固いふくらはぎからの「報連相」

「はぁ、疲れた、今日も一日よく歩いたわ。立ち仕事も多くて筋肉質なのかとっても固いの。むくみやすくてめぐりが悪いからいらないものも外に出せないし。頑張ってる私を優しくマッサージして癒してくれないかな」
立ち仕事やよく歩くお仕事の人に多いです。

《対策》
・かかとの上げ下げ運動(20~30回)
・立った状態で片足ずつつま先を上げる運動(20~30回)
・お風呂の湯船の中でふくらはぎをマッサージ
足首を軽く回した後、ふくらはぎを感謝をこめて下から上へつまんでマッサージ

3.冷たい、固い、こっている太ももやお尻からの「報連相」

「私達お尻と太ももは筋肉が多いの。使わないと垂れてくるし脂肪も付く。座ってることが多いから圧迫されて血流も悪いし。
ここには脚先からのいらない物が流れてくるリンパの中継点もあるの。脂肪の間にゴミが入り込んでボコボコの脂肪になるわよ。そうなるともっと冷たく、取れにくくなるの。
姿勢も悪いって言われるわ。最近子宮も冷たくなってきた気がする。動かしたり温めたほうがいいよね」

太ももやお尻のボコボコはセルライト(脂肪と老廃物の塊)です。
デスクワークの人。スナック菓子やジャンクフードなど脂っこい食品が好きな人。皮下脂肪の多い人。

《対策》
・仙骨にカイロを貼って温める
・入浴時に鼠径部(パンツのライン左右)をげんこつで軽くマッサージ
・大股で歩く
・スナック菓子をやめてフルーツにする

4.冷たい、張っているお腹、二の腕からの「報連相」

「食事も糖質が多くて、飲み物はいつも冷たいものばかり。
冷えるから内臓を守るために脂肪も付くし、脂肪は冷たいからさらに脂肪が増えるのよ。
温めて食生活を変えたほうがいいと思うんだけど。」

糖質過多は内臓脂肪も増えやすく、生活習慣病のリスクも高くなります。
弾力のあるお腹は内臓脂肪が多いサイン。
二の腕の冷たい人は内臓が冷えている可能性も大です。
お腹の冷えは危険信号。

《対策》
・おへその下にカイロをはる
・腹巻やカバーショーツなどでおなか周りを温める
・パンをご飯に変える
・暖かい飲み物にする(カロリーのないもの)
・夕食の炭水化物を控える
・間食をナッツやドライフルーツにしてみる

5.冷たく張ってこわばっている肩、背中からの「報連相」

「いつも猫背っていわれるの。重いし硬いな。動きにくくて、時々痛みも出るし。でも変化することは嫌いだから。このままでもいいかな。我慢我慢」

姿勢が悪いと肺も圧迫されて呼吸も浅くなりがちです。
酸素不足気味で代謝も上がりにくくなります。
前かがみになると歩幅も狭くなり、全身の血流も悪くなります。
気持ちも内向きになり、ネガティブなことも考えがちになりやすい。

《対策》
・肩をぐるっと回して胸を張る(気づいたときに意識して)
・左右両肩に手を乗せ肘を後ろに回す。前に回す(各10~20回)
(肩甲骨を回すイメージで)
・大股で歩く
・頑張りすぎず、リラックスできる時間を作ってみましょう

冷えは万病の元でもあり、ダイエットの天敵。
冷える身体の声を聞き、出来そうな簡単なケアからスタートしてください。

冷蔵庫女子はお風呂をシャワーで済ませる人が多いので全身を芯から温める入浴はオススメです。

満月(-)期は、「感謝する」「知ってあげる」「温める」ことがポイントです。
ダイエットだけではなくイキイキした健康的な身体になるために。

次回も月のパワーのダイエット法についてお伝えします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

月よみ師のプロフィール

月よみ師 麗子
女性専用ダイエットサロン・Body Therapy.URURU主催 セラピスト歴15年 愛知県
心に寄り添って、目標とお身体に合ったダイエットを提供しております。

女性は生理前後、体重の増減と感情の起伏が激しくなったり、コントロール出来にくくなったりします。

生理を「月のもの」と言うように、
月と女性の身体は深い関わりがあります。
その「月」のことを知ることが出来たら、
私達は身体ともっと仲良く、上手に付き合うことが出来ると思い、月よみを習得。

月と身体のリズムを合わせることで、無理なく出来るダイエット法をお伝えしております。