風の時代の月よみ子育てシリーズ。揺るぎない子育て軸をつくる

地の時代から風の時代へと移り変わりました。

子どもたちを育てていく上で、子育てや教育に関わる大人たちも何か変えていく必要があるのでしょうか?

さらに、先行きの見えないコロナ禍の今。

円滑に学習を進めていくことや進学や就職などの人生の方向を決めることは、大人も子どもも今まで以上に不安や迷いに感じていることでしょう。

日頃、受験指導やさまざまな課題を抱えるご家庭の支援活動をしている月よみヨッシーが、揺らぎない子育て軸のつくり方をご紹介します。

【ステップ1】子どものありのままの姿を見る

ふと、夜空に浮かぶお月さまに目がとまることってありせんか?
三日月だったり、満月だったり……

時には、日中、クラゲのようにポッカリ浮かぶ白いお月さまを見つけることもあるでしょう。

明け方の東や西の空のお月さまに出会った時は、どんな形(月相)をしていたでしょうか?

では、ここで、夕方の西の空に浮かぶ三日月を思い浮かべてみましょう。

三日月って、満月とくらべると、ものすごく小さくて、弱々しく感じますね。
何だか頼りなく思えてきます。

もっと満月みたいに大きく堂々と輝けばいいのに!

こんな夕方の早い時間帯に沈まなくてもいいのに!

このように、三日月を不満に感じて見ることって、ほとんどないと思うのです。

ふとお月さまを目にできたという喜びやそれぞれの形や輝きの可愛らしさに巡りあい、自分自身がホッコリするひと時を得られるのです。

一方、お子さんを見るときは、どうでしょうか?

ついつい、お子さんの弱い部分や他と比べて足りないところを探したり、指摘していないでしょうか?

【ステップ1】
月を愛でる時と同じように、お子さんのありのままの姿を見つけましょう。

【ステップ2】声に出して伝えるトレーニング

私たち一人ひとりは、生まれた瞬間に惑星(10天体)の影響を受けて生まれてきました。

特に、地球の衛星である月は、生まれた瞬間の月相(月の形)、月星座、宿曜(月の位置)が、私たち一人ひとりの個性(本質)に深く関連しています。

それぞれの個性を伸ばしていくと、その子自身の人生の航路がはっきり見えて、自力で進んでいくことができるのです。

さて、【ステップ2】は、お子さんとの関係性を築くために大切なポイントです。

子どもたちに関わる大人たちは、ついつい子どもたちへ指摘や指図を言いがちです。

指摘や指図をしたからと言って、素直に従う子どもは、少ないですね。

また、従わせるということは、その子ども本来の可能性を奪っていることにもつながります。

その瞬間は、言うことを聞いてくれた方が親側の都合で便利だったり効率的だったり、一時的にラクになるわけです。

しかし、将来的には、子ども自身の生きづらさが蓄積し、どこかのタイミングで、課題が生じてくるのです。

【ステップ2】子どもの様子を声に出して伝えてみる。

ゲームで遊んだりやテレビを見ている子どもに“いつまでやっているの!早く勉強しなさい!”と言いたくなりますね。

そのままの姿、
“〇〇ちゃん、今、ゲームしているんだね”
“テレビ、見ているね”

他にも
“勉強しているんだね”
“歯を磨いているね”

子どもたちの様子や仕草を伝えてみる。

子どもに何か一言多く言っている自分自身に気づくチャンスでもあります。

子どもたちは、自分のしていることを伝えてもらえると、見てもらえているという安心感を得られます。
その積み重ねが信頼関係につながるのです。

月よみヨッシーも、受験指導の現場で活用し、子どもたちのやる気や学力アップが見られます。

【ステップ3】頑張っている自分自身をめっちゃほめる!!

【ステップ2】は、慣れていないとストレスを感じるかもしれませんね。
頑張っている自分を大いにほめ、一人カフェなど、自分の時間を作りましょう。

大人自身の心身が満たされていることは、子どもたちの心身の安定につながりますから!

「この子は、この在り方で大丈夫!」
関わる大人たちが、その子ども自身を見て、可能性を信じてあげましょう。

そうすれば、子どもたちは、自らの力でぐんぐん伸びていくのです。

ただ今、オンラインセッションにて「子育て相談室」の募集しています。
詳しくは、ブログにて。

月に乗って楽力アップ
月よみヨッシー

月よみ師のプロフィール

月よみヨッシー(松友喜美)月よみ師
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。
多くの人たちに接し、ココロに響く会話術、ストレスフリーの人間関係を体得する。

現在、マザースマイル代表。
塾講師、家庭教師として、毎週100人以上の小中高生の受験指導を行う。

同時に、コーチングの資格を取得し、自らの子育てと教育現場の経験を活かし 悩めるママをサポート。
月よみから子どもの個性・才能を読み解き、月よみ教育コーチとしてママと子どもの笑顔を引き出す。

ゆめのたねラジオ放送局 東日本チャンネル
月よみヨッシーの「月に乗って月を呼ぶ」
毎週土曜日12時30分から放送。