月よみ

【宿曜別】満月(-)期 運気アップのために注目するべきポイントとは?

皆様 2021年度になり、はや、1月最終日となりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本年度もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

一昨日29日は満月でした。昨日から下弦の月に向けて徐々に欠けていく満月(-)期になっています。

(去年の満月(-)期の早朝6時の月の入りを撮影致しました。日の出も近く幻想的でした)

満月は、図形の円として完成された形です。人の心理面に達成感と、満たされたエネルギーを生みだします。

そして、翌日からはもう、徐々に欠けていきますが、満月に影響を受けたエネルギーを満月(-)期にどのように活用していくか、どのような気持ちで過ごしたかで、2月以降の充実度が変わってきます。

どのように影響するかは、二通りあります。

まず一つは、
「なかなか自分がんばった。皆のお陰だな」充実感と感謝の気持ちが生まれる場合です。
実はこの翌日には月が少しずつ欠けていくので、喪失感の影響も同時に受けることになります。

この時に、満月で満たされた充実感のエネルギーで「ここまでやってこれたのは皆んなのおかげ、ありがとう」と、周囲の人への感謝の気持ちを大切にして満たしていく。
すると、満たされたエネルギーが明日への活力を生みだします。

もう一つは、
「誰の力も借りずに自分だけで頑張った」という気持ちが生まれる場合です。
「誰にも頼らずにいつだって、どこだって私一人で頑張ってきた。周りの力は一切関係ないから」というように自分を過信してしまった場合は注意が必要です。

独創的で良い方向に進めば良いのですが、手探りになってしまい、行き当たりばったりになる可能性もでてきます。

自分を過信して突き進むと、翌日からの喪失感の影響を受けて、それは無理に繋がり、疲弊していきます。
失われたエネルギーを取り戻すために、他者に見返りを求めた行動にもなりがちです。

大平原に一人作業で頑張り続けることはできません。
インフラや日常品が自分の身の回りに整うまで、有形無形の人が携わっています。
また、その時々に良きタイミングを得ることができたときなどは、目に見えない大いなる力に支えられたと気づくことが大切だと思います。

後者のように負のループに陥ることなく、実り多い年にするためのキーワードは「充実感」です。
自分が何をすれば充実感を得られるかをポイントに今後の予定を組み立ててみて下さい。

それを踏まえて今回は、柳宿(りゅうしゅく)、星宿(せいしゅく)、張宿(ちょうしゅく)の特徴と充実感アップのための過ごし方をお伝えします。

ご自身の宿曜はここで確認してみて下さいね。
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790

柳宿(りゅうしゅく)一言でいうと熱中する人

何事も情熱を持って事に当たります。仕事運もあり、周囲からの助けもあり、仲間にも恵まれます。

穏やかで温厚な印象もあり、交際上手でもありますが、気に入らないとあっさりと絶ちます。それが周囲との摩擦を生むこともあるので気を付けて下さい。

コロナ禍で、困難が降りかかってきても、持ち前の情熱で乗り切ってきたかと思います。
周囲の皆さんもそんなあなたを頼りにしていたことでしょう。

今後も周囲の皆さんとのチームワークを大切にすると、Win Winの関係になるかと思います。

気に入らないことがあっても、なぜ気に入らないのか、という原因を突き詰めていくと、違った視点で物事を見ることができ、新たな発見が思いがけない充実感を生みだすかもしれません。

今年はぜひ、あっさりと関係を絶つ前に、少し立ち止まってみた時のエネルギーを感じてみてください。

星宿(せいしゅく)一言でいうと夢の人

不思議な魅力の持ち主です。ユニークでスター性もあります。

努力家で夢に向かってひたすら進み、困難に負けずに努力で必ずやり遂げるため、職人、芸術家など、技能を活かす方面が向いています。
専門的な仕事に就いている方が多いのではないでしょうか。

しかし、礼儀正しいが毒吐く一面もあります。

夢を夢で終わらせずになりたい自分になるために努力を惜しまず精進してきたかと思われます。

そこに至るまで支えてくれた家族や友人、同僚に感謝しながら、引続き新たな夢に向かって進んでください。

ちょっと疲れたらたまには息抜きも必要です。なぜなら、ひたすら進んできた道に間違いが無いか見つめ直すことができるからです。

また、息抜きはガス抜きにもなり、毒吐きを防げますので、余計な一言から人間関係にひびが入ることも防げます。

そのバランス感覚を是非養ってみてください。
迷いがなくなり、より一層充実感アップに繋がると思われます。

張宿(ちょうしゅく)一言でいうと華やかな人

大輪の花を彷彿とさせる美人宿です。饒舌で勝負運があり、自己プロデュース力もあるので起業にも向いています。

男性よりも女性の方が肝が座りしっかりと生きる人が多いです。

自分が出来過ぎるので、目下に厳しい事も。
謙虚な関係を築くと落ち込み知らずの運気になります。

その場その場に臨機応変に対応しながら、優先順位を瞬時に把握して進んで来たかと思われます。周囲からも一目置かれて、羨望の眼差しを向けられているかと思います。

ご自身が優秀なだけに、他人にも「なぜできない?」と厳しくすると、「では、他の方にあたって下さい。私はできません」と相手が離れてしまうことに繋がります。

余裕を持って、周囲を見つめてください。あたたかい関係を築けると「是非付いて行きたい」と言われることも多くなるかと思います。

周囲の人と共に生み出す新たなエネルギーを是非感じ取って下さい。

近所の公園の花壇です。一輪だとしても愛らしいですが、沢山寄り添って咲いているのも愛らしいです。
人も一人でも楽しい。みんなと一緒でも楽い。
両方楽しくて両方とも充実感あるのが理想的です。

最初の一歩の大切さがより良き充実感を生み出す

目標を立てても、「まっ、いっか……明日から」私自身も残念ながら怠惰になること多いです。

1年で目標をたてるベスト3は、正月、新学期、誕生日、と言われます。

また、毎月発行の教材読本が売れるのは4月と10月だそうです。
「毎年、ぺらぺらに語学しゃべられるようにガンバローッって思うけどさ、6月には教材本が売っているのさえ忘れるんだよね」と、先輩に言われて、妙に納得したこともあります。

一歩踏み出す難しさを乗り越えた人だけが味わえる充実感。
コロナ禍で、視点が内面に向かう時流の今こそ、新しい自分を発見できるチャンスです。

この満月(-)期にぜひともご一考いただけたら嬉しいです。

散る直前の近所の紅葉です。
青々とした新緑を経て初冬に完成された姿を見せます。

勝手に赤くなる訳ではなく、光や水分、温度など沢山の要素があり、綺麗な色合いになります。
人も、自分だけで大きくなる訳でなく、環境や周囲の人の支えで生きています。
地球の中では、木も人間も同じだと思わされました。
今年もまた、身近な風景から沢山のことを学びながらご紹介できますように、過ごそうと思います。
皆さまも良き一年でありまように! お祈り致します。

ライタープロフィール

Aki 月よみ師
月よみ師®️のAki(アキ)です。会社事務職員33年目です。
これまで両親、先生、友人、先輩、後輩、上司、同僚他、多くの皆様の支えや絆があり、出会いや別れを繰返しました。そこから生まれる感情や、経験から得た学びや気付きは、明日の力や人生の宝として積み重なっています。
還暦に向けて何か新しい宝を得ようと思った時、おのころ先生のブログに出会い、月よみ師®️となりました。
宿曜では、人の繋がりや湧き出る感情や事象を、各々が持つ不動の27宿に当てはめ掘り下げ、更なる飛躍と成長に結び付けます。
今こそ本当に必要な絆を見極め、幸せを得る行動を起こすには最適な時です。人生はいつでもまだまだこれからだ! と実感して頂けるような発信をしていこうと思っています。
Return Top