月よみ

星座の性質と自分を知る part2

Part1では太陽星座と月星座でおなじみの12星座の性質をズバリ一言にしたものでしたが、今回は12星座の気質をあらわす<火・地・風・水>の4つに分けたエレメントについてです。

こんにちは。月よみ師® エンドウミオコです。

<火・地・風・水>は地球上でどんな役割をしているのか?という視点も含めて簡潔にまとめてみました。占い感覚で楽しんでくださいね。

4つのエレメントの星座の分類

★火のエレメント:おひつじ座/しし座/いて座
★地のエレメント:おうし座/おとめ座/やぎ座
★風のエレメント:ふたご座/てんびん座/みずがめ座
★水のエレメント:かに座/さそり座/うお座

各エレメントの性質

★火のエレメント
火があったからこそ文明が開化されましたね。
火のエレメントの方はゼロから創造していく力と希望と情熱を持ち合わせています。チャレンジ精神が旺盛なので失敗を恐れず行動することを心がける事でさらなる飛躍をしていきます。
勢いが強すぎると、相手を燃やし、自分も燃え尽きてしまいますので時々俯瞰してみる事も大切です。

★地のエレメント
地は土、豊かな大地を想像できます。
地のエレメントの方は豊かな素材を持ち合わせ、母なる女性のように、育てる力、成長を助ける力、を持ち合わせています。「どうすればもっと良くなるかな」という問いかけを続けることが、自他へのより大きな成長の助けになります。
土は潤いがないと、ガチガチに固まってしまします。時々心に潤い、ゆとり、楽しむことを心がけると良いでしょう。

★風のエレメント
風は空気の温度差、高低差で生まれます。風は、本来混ざらない、異なるものを共存させます。
風のエレメントの方は目に見えない情報や思考や言語、知性、伝える能力を持ち合わせています。コミュニケーションも上手です。
物事の合理性のみを重視しすぎると、ドライな人と思われてしまう事があります。

★水のエレメント
水は外的影響により変化します。
水のエレメントの方はとても柔軟性があります。人と人との繋がりを大事にし、共感力に優れており心優しい性質の持ち主です。
ただ、情に流され、相手の気持ちに入り込み過ぎると浮き沈みが激しくなり疲れてしまいます。人との程よい距離感を保つことを心がけると良いでしょう。

以上今回は4つのエレメントについてお話させて頂きました。
星座別に4つのエレメントに分けましたが、どのエレメントも大切なものであり、人はそれぞれ違いがあるという事がわかってくると、人との繋がり方も幅が広がり面白いと個人的に思っています。

2021年3月1日、今日はどんな日?

本日3月1日から3日にかけての月星座はてんびん座「バランス感覚」調和を保つ日です。
相手のないもの指摘するのではなく、あるものを認める。
そんな日です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
***********************************
個人のブログのご訪問 お待ちしております。
更年期障害、介護、疲れ、体調不良、セルフケアで楽に過ごす。
アロマ生活 ビフォーアフター。
http://ameblo.jp/aromaame2017/

ライタープロフィール

エンドウ ミオコ 月よみ師
JAA認定加盟校「あろまライフ幸華」主宰

家事、育児、仕事と何かと忙しい日々。
やっと子供の手が離れたと思いきや、更年期障害、そして介護。いろんな面で忙しい。
そんな40代50代は、人生の折り返し地点です。
元気な自分に戻って、もうひと頑張りしたい。

そんなあなたを、アロマと月のパワーで応援しています。

ずっと頑張り続けた人生に少し休憩を挟む事も大切です。
まずは、アロマを使って自分のケア。
その自分のケアが技術になり、人に伝えられるようになる。
そして人に教えられる楽しみが増える。
そんな女性の「これからの人生」をサポートしていきます。
Return Top