月よみ

痛みやコリに現れるあなたの潜在意識とは? 月とカラダとココロの関係 新月当日について

こんにちは!
月読み整体師の今井さえみです。

「誰もが一人一人、自分の中に元気に生きる力を持っている」そのことに気づき、生きる力を発揮することができるようになるための整体をしています。

そして、太古の昔から私たちと共にあった月のエネルギーを存分に取り入れ、人間は自然と共に生きていることを思い出し、静かに穏やかに、時には情熱的に過ごすなど、全てにおいて自分を解放していき、豊かで幸せな人生を送ることを応援していきます!

今回もよろしくお願い致します。

明日3月13日、19時22分に魚座で新月を迎えます。

新月は日の出とともに出て、日没とともに沈みます。太陽と月が重なるため、私たちの肉眼ではその姿を見ることはできませんね。

満月には感謝を、新月には願いを。

近頃では、当たり前のように皆さんがご存知のフレーズではないでしょうか?

占星術では、「太陽は意識」「月は無意識」を象徴していると言われています。

新月は、太陽と月が出逢うポイントなので、無意識にある自分の願いを、意識にあげやすい時期だと言えます。

新月は植物の成長に例えるならば、種に当たると思います。

熟した実からこぼれ落ち、地中に埋まっている種。

この種は、いきなり種になったわけではありません。

木に咲いた花から実がなり、実を食べた動物の排泄物に紛れて種が地に埋まる……。

そして、その種から芽が出る。古代から永遠と繋がっている神秘的なものです。

月は、私たちの無意識を表す存在。

そして、無意識の種。

その種が、土の中で芽生えようとじっと待っている日がまさしく新月の日です。

でも、この無意識の種。
何の無意識の種なのでしょうか?

心の中にある願いというのは、これまでの幼い頃から、知らず知らずのうちに我慢してしまったことではないでしょうか?

やってはいけない
言ってはいけない
望んではいけない

そうやって諦めてしまったことが誰にでもあると思います。

そうです、無意識の種はあなたが諦めてしまったかもしれない思い。

でも、諦めきれずに新月の力を借りて叶えたい!

新月に放つ願いは、あなたの心からあふれ出るような強い思いが、その種に込められていなくてはいけません。

それにはまず、あなたの心の奥底にどんな思いが眠っているのか? に気づくことが大切です。

その人の潜在意識に触れる

整体では、その人の心の動きを背骨から予想することができます。

例えば……

両方の肩甲骨の間にある背骨が少し下がっていたりすると、何か大きなショックを受けた後だったり、左に偏っていると、恋愛中かな? だったり。

お客様に「え!? どうしてわかるのですか?」とこれまた驚かれることが多いのです。

また、「心に受けた傷は体に残る」とされていて、自分でも、忘れ去っている感情……それが、体の様々なところで凝り固まってしまって、痛みや問題を起こしてしまうのです。

痛みや凝りは、自分の潜在意識を表していると言われています。

整体で体に触ることは、その人の潜在意識に触れていることになります。

凝り固まっているところを緩めていくことで、奥深く潜り込んでいたあなたの本当の思い、我慢していた自分の感情が表面化していくのです。

体がゆるゆるになり、リラックスした状態にある時、あなたは、本当の自分と出会えることになるかもしれません。

さて、この願いが詰まっている潜在意識、整体を受けなくても、ご自身で繋がることができます。

どうやって繋がるのか? その方法をお伝えしますね。

自分で自分を緩める活元運動とは?

自分の体の中で気になるところ

硬くて動かしにくい
何となく伸ばしてみたい
いつも自分の手がいく場所

ゴロンと床に寝転がり、その気になるところを意識して、まずはウーンと伸びてみてください。

そして伸び切ったら、次に伸ばしてみたいところを伸ばす。

そしてまた、次に伸ばしてみたいところを伸ばす。

この伸びを体が動きたいように、伸ばしたいようにずっーーーーと、体の動きに任せて動かしていくのです。

整体では、これを活元運動と呼んでいて、体の中から起きる自然な動きで、自分で自分の体を緩めることができる運動なのです。

この運動をやれる時に自由にやってみてください。
寝る前、お布団の中でやってもみても良いと思います。

この活元運動を続けていると

なんと!

自律神経も整ってくるというおまけつきです。

私の生徒さんで、この活元をした後に何故だかわからないけれど涙が溢れて止まらなくなった人がいました。

思うようにいかないことは毎日ありますが、それは誰にでもあること。これくらいは大したことじゃない、そう思ってグッと我慢していたことがあったのかもしれません。

その方は涙が出た後、思考が静まりお顔が和らいだ感じになりました。

言葉にできない何かがあると胸が硬くなり呼吸も浅くなると言われています。

体が緩んでくると、自分の奥にあった本当の思いに繋がりやすくなります。

悲しみ
苦しみ
恐れ
不安
悩み
心配など

体のどこかにしまい込んでしまった思いが溢れ出てくるのです。

涙が溢れて止まらなくなったのは、辛いことを我慢していたせいかもしれません。

誰かにその思いを聞いてもらいたかったのかも。

でも、聞いてもらうことがその人の願いではありません。

我慢していた問題を解決して、その先にどんな自分でありたいのか?

これが、あなたの潜在意識の中にある本当の願いだと思います。

本当の自分と繋がって、行きたいゴールを決める。

そのゴールこそがあなたの心からの願いだと思います。

・家族と仲良く暮らす
・パートナーを見つけ楽しく過ごす
・新しい職に就き社会に貢献していく

など、本当の自分が求めているものは意外とシンプルなことであったりしますよ。

自分の中の潜在意識に押し込めていた大切な思いに気づき、なりたい自分の姿をありありとイメージする。

体がゆるゆるに緩んでくると、自分の中に奥深く潜り込んでいた潜在意識に気づくことができます。

さあ、あなたの心からの願いを新月に放ちましょう!

ブログでは、野口整体のお話や季節に応じた体のケアなども書いています。

https://ameblo.jp/naturabo/

ライタープロフィール

今井さえみ
"1968年12月2日生まれ。元保育士の整体師です。
気持ちは繊細で傷ついてばかりなのに、それを表に出すことができず外面と内面のギャップに苦しみ、心は不満でいっぱいだった20代。
第2子を出産後、夫が貯金を内緒で使い込んでいたことが発覚。
心の悲鳴に気づかないふりで過ごす中、出会ったのが野口整体でした。
「今井さんは自分自身を輝かせる場所を探していたんじゃない?」の一言に救われ、私も目の前にいる人と心を通わせよう! と決め整体師をしています!
月読みでは、月そして宇宙が与えてくれる全てのものを信じ委ねるということを教えてもらいました。月星座と体の癖と潜在意識を結び付け、一人の人間の内と外を統合させていくセッションを通して「自分だけの人生を最高に生きる!」ためのサポートをしています。"
Return Top